xiaomi piston3 に新しい説明文が。高級イヤフォンと比較したスペックに迫ります。

※2015年5月5日に、PistonV.3とV.2の比較レビュー記事を掲載しております。こちらもご参考ください。

xiaomiの公式HP(中国版)では、
Piston Ver3.0のイヤフォンの説明文が一新されていました。
(クリックで画像拡大。google翻訳済みです。)

xiaomi3 new

http://www.mi.com/huosai/ より

概ね、前回の記載内容とそこまで相違はありませんが、
特にこの中で一番気になるのは、
この「高価格インイヤー式ヘッドフォンに匹敵する性能」の箇所です。

teiyugaここですね。他社のイヤフォンと比較して、低歪みだと謳っています。

比較対象イヤフォンとPiston3のスペック紹介

urBeats

urbeats
2013年発売
11,000円前後
7色展開。

スペック

非公開

特徴

丈夫なメタルハウジングで、頑丈なつくりです。
マイク付で、iOS対応のリモコンとなっております。
からみにくいフラットケーブルも特徴です。

音は、がっつりめなドンシャリ系です。
クラブ系やヒップホップ系の音楽が好きで、
また、見た目重視の方にも適しているといえるでしょう。

ゼンハイザー CX985

cx985
2012年冬リリース(わずか1年ほどで生産終了)
13,000円前後(若干プレミア化)

スペック

インピーダンスは16Ω
再生周波数帯域16Hz~24kHz
感度115dB

特徴

iPhoneにも対応したリモコン、
ただしリモコンが金属製で少し重たいです。
低音がよく響くが、高音は若干耳につく
これも少しドンシャリ系だが中音域のこだわりもあり、
urbeatsよりはおとなしめです。

Piston3

pis3

スペック

インピーダンス32Ω
再生周波数帯域20Hz~20kHz
感度98dB
前作に引き続きボリュームはiOSでは非対応

グラフの意味するところ

Piston2のグラフは横軸は周波数で50Hzから20KHz
縦軸は音圧レベルと明記していましたが、
今回は記載がないです。

今回の比較表も、横軸が周波数だとすれば、10kHzまでの音域で比較したことになります。

ダイナミックレンジ型イヤフォンの3機種で、音域によって歪みがない、
というのが、シャオミが主張したいことと思われます。

高音帯域の比較はなぜしなかったのか?

人間は16Hz~20kHzの可聴帯域があります。
今、バズワードと化している「ハイレゾ」イヤフォンは、
その可聴帯域以上の音を出せるイヤフォンということですが、
実際のところ、どのイヤフォンでも2万ヘルツを超える音を出せるスペックはあります

また、MP3128kbpsでも16kHzくらいまでは残っています。

ならば、10kHz以上のスペック比較こそ重要ではないかと思います。
高音域の音が弱いと、音がこもって聞こえる原因になります。

なぜ高音域を比較しなかったか、今のところ不明であります。

比較対象のモデルがいまいちピンと来ない

2013年モデルとの比較って、ピンと来ないですよね。

それと、1万円の価格帯のイヤフォンとの比較のため、
最高級とまではいきません。

ただまあ、99元(2000円程度)のイヤフォンで、
5倍以上の金額のイヤフォンと張り合えるというのは、
なかなか凄いことだとも思います。

次回予告

Xiaomi Piston3を、ついに入手しましたので、
その全容を公開いたします。乞うご期待。

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

まとめ

4K対応65型液晶テレビ 63,500円 これ激安だろ
1: ニート彗星(武蔵國) 2019/12/27(金) 19:25:38.41 ID:/rLkg69N0● BE:989972537-2BP(2000) sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 税別63,500円の65V型液晶テレビ、4K/HDR対応 https://news.mynavi.jp/article/20191220-943345/ オプトスタイルは、4K/HDR対応の液晶テレビ「OPTVISION」2機種を12月19日に発売した。価格(税別)は、65V型の「65UDV400R」が63,500円。75V型の「75UDK400R」が135,000円。 65V型はコストパフォーマンスを重視したモデルで、「65V型の4K大画面をプライベートユースで楽しめる価格設定」とする。 75V型は、画質面では画面暗部の再現性を高める「スーパークリアジェネレーション機能」を搭載して黒つぶれの少ないクリアな映像表現を可能にしたほか、機能面も強化。 初期起動時間を15秒以内にするといった、使い勝手の向上を図った。 どちらも4K/3,8

続きを読む

【悲報】アレクサさん、“地球のために人間は死んだほうが良い”と真理を呟く
【テレビ】 ドン・キホーテ、32型で19,800円の“チューナー省いたテレビ”
【やったー】ダイソーの300円スピーカーが凄いと話題にwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【AV】 女だけど40万円のヘッドンホホ買ってきたwwwwwwwwwwwwww

「オーディオ&ビジュアル」記事をもっと見る

オーディオ&ビジュアル 人気記事

【2016】おすすめのミドルレンジAVアンプはこれ!5機種を徹底比較。【6~7万円台】
HDCD とは?その仕組みとWindowsPCで聞く方法。
【スピーカーおすすめ】スピーカーに自信ニキ来てクレメンス
「MDR-EX750NA」ハイレゾとノイズキャンセルを両立させた初のインナーイヤー型イヤフォンの特徴は?
Creative SB Inferno はおすすめのヘッドセットか?使用感をレビュー。スマートでありながら派手な音色が好感触。
TIME誌がヘッドフォンを計量評価法でランキング、 ピュアオーディオ詐欺業者息してないw
【1MORE Piston Classic】レビュー・真偽判定と格安購入方法。二千円台で本物が入手できた!
Xiaomi(シャオミ)Mi Band,Mi Band Pulse,Mi Band 2を徹底比較!おすすめのモデルはこれ!
【製品】ソニー、すっきりデザインで使いやすいノイズキャンセリング「ウォークマン S」(反応まとめ)
【家電】ノジマが格安4Kテレビを発売。49V型で53,800円 エンジンは日本製【反応まとめ】