当サイトでは、Xiaomi Piston2の偽物を比較していましたが、7月中旬からXiaomi Piston3の偽物がリリースされたという情報が中国卸売商筋から入りました。 今までの先行発売では本物を取り扱っていた中国販売業者も、これを機に偽物を取り扱う可能性が高まってまいりましたので、購入の際には、細心の注意を払ってください。 なお、FoxFactoryで仕入れた商品は、偽物が出まわる前の商品という確認が取れていますので、現在庫分は問題がないようです。 偽物リリースに約4ヶ月かかった Piston3のリリースが4月であることから、偽物のリリースには約4ヶ月の月日を要したことになります。中国市場関係者によると、「偽物を生産するのもコストがかかるので、どのブランドの偽物を作るかは入念な検討が必要。売れ筋を把握するため、偽物の生産にも時間がかかる」とのことです。 確かにいくら偽物でも、本家本元の商品が全く売れなければなんの意味もないですから、投入する商品も変えてゆく必要はあるようです。 予想される中国販売者の戦略 現在の最安値である2,800円の販売価格帯は、ほぼ...