Xiaomi(シャオミ)Mi Bandの初期設定方法について。ペアリングに失敗した方必見!

XiaomiのMi Bandを利用するためには、Mi Fitというアプリを連携させるなどの初期設定が必要です。が、私はこの初期設定に多少てこずりました。

そこで、本記事ではこれからMi Bandを使い始める方のために、Mi Fitのインストール方法、Mi Accountの作成方法、Mi Bandのペアリング方法について紹介いたします。

Mi Fitをインストール

まずは専用アプリであるMi Fitのインストールをしておきましょう。

アプリにはAndroid版と、iOS版の2種類が提供されています。

11754_R

アプリは以下のボタンからダウンロードできます。

アプリのインストールが終わったら、次はMi Accountの作成に進みます。

Mi Accountを作成する

アプリを利用するためには、Mi Accountというシャオミの専用アカウントを取得する必要があります。

登録はPCから

私は最初スマホから登録しようとしたのですが、うまくいきませんでした。
なぜかは分かりませんが、PC(パソコン)から実行すると登録できました。

ですので、ここではPCを利用したMi Accountの登録方法をご紹介します。

まずは、PCからMi Accountのサインインページにアクセスします。

すると、次のような画面が現れます。

001_R

一番下の「Create Mi Account」をクリックしましょう。

メールアドレスの登録

002_R

国名は自動的に「Japan」が選択されます。
その下の欄にメールアドレスを入力して、「Create Mi Account」をクリック!

パスワード設定

003_R

任意のパスワードを二回入力して、画像に表示された認証用のアルファベットを入力します。

入力し終わったら、「Submit」をクリックしましょう。

メールアドレスの認証

004_R

Gmailのアドレスで登録した場合は、認証のためGoogleのログイン画面に飛ばされます。
先ほど入力したメールアドレスでログインしましょう。

 

005_R

「許可」をクリックします。

ちなみにGoogle以外のアドレスで登録した場合は、以下のように登録したメールアドレス宛に確認のメールが送られてきます。

20160823xiaomi2

お使いのメーラーによって表示が異なる場合がありますが、メールの中にあるActivate accountのバナーをクリックするとアドレスの認証が完了します。

登録完了

 

006_R

Mi Accountのマイページが表示されると、無事に登録完了です。

次はMi Fitの利用準備をしましょう。

Mi Fitの初期設定

まずは先ほどインストールしたMi Fitを立ち上げます。

11753_R

するとログイン画面が出てくるので、先ほど作成したアカウント情報を入力します。
入力した後は、「Sign in」をタップ。

 

11752_R

アプリに権限を許可します。特に何も設定する必要はありませんので、そのまま「Sign in」をタップしましょう。

利用者情報の登録

サインインに成功したら、次はアプリの初期設定です。

ニックネームを設定

11755_R

好きなユーザー名を入れましょう。そして「Next」をタップ。

性別の選択

11740_R

続いては男性女性かを選択したあと、「Next」をタップ。

生年月日の設定

11744_R

続いて生年月日を入力します。入力が終わったら「Next」をタップ。

身長の設定

11742_R

身長を入力して、「Next」をタップ。

体重の設定

11748_R

体重を入力して「Next」をタップ。

目標歩数の設定

11741_R

1日の目標歩数を入力します。推奨は8,000歩のようですね。

最後に、「Done」をタップして、初期設定は終わりです。

次はMi BandとMi Fitを連携させます。

Mi Bandのペアリング

いよいよMi Bandをアプリと連携させます。

デバイスの選択

11746_R

一番上のMi Bandを選択します。

Mi Bandの検索

11747_R

すると、すぐにMi Bandの検索が始まります。

Mi Bandを認識させる

11743_R

無事にMi Bandが見つかると、上記のような画面に変わり、Mi BandのLEDが点滅しながら振動します。Mi Bandを優しくタップしてペアリングを完了させましょう。

うまく認識されなかった場合は、

  • スマホのBluetoothを一度オフにしてからオンにする
  • スマホのWi-Fiをオフにする
  • Mi Bandを充電する

の3点を上から順に試してみてください。

 

振動しない場合は、一番下の「MY BAND DIDN’T VIBRATE」をタップすると、もう一度振動させることができます。

ファームウェアのアップデート

11749_R

新しいバージョンのファームウェアがある場合は、自動的にアップデートが始まります。

登録完了!

11739_R

これでMi Bandを利用する準備は完了しました。

後は、Mi Bandを腕に付けて、普通に生活していれば、活動量などが蓄積されていきます。

ひとこと

スマホから直接、Mi Accountを作成できない点と、Mi Bandがアプリになかなか認識されない点の2つが、つまづきポイントでしたが、それ以外は比較的スムーズに作業を進めることができました。

上記の2点につきましては早期の改善を望みたいですね。

folder

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

【おまけ】Xiaomiレビュー一覧

過去にレビューした一覧です。Xiaomiカテゴリはこちらからご覧ください。

★★★★★★

  • ノートブック「Xiaomi Mi Notebook Pro」→記事へ
    i7モデルを10万円台で買えればコスパ最強間違い無し、性能も抜群でおすすめ。

★★★★★

  • Bluetootheイヤフォン「Mi Sports Earbuds Mini 」→記事へ
    BTイヤフォンの決定版です!
  • 体重計「Mi Smart Scale 2」→記事へ
    スマホ必須になりますが骨組成など10項目の検査が出来る最強体重計です。
  • 空気清浄機「Pro Air Purifier for Home」→記事へ
    でかいですが空気清浄力はすさまじいです。こちらもスマホ連動で楽しめます。
  • スマートウォッチ「AMAZFIT Bip」 →記事へ
    歩数や心拍計、睡眠時間などを計測できる素晴らしい時計です。液晶表示付きですが、体感的に30日充電なしでつかえそうなバッテリーの持ちの良さも◎。

★★★★

  • シーリングライト「Philips LED」→記事へ
    取り付けが特殊ですがPhilipsだけあって照度は素晴らしい。スマホ連動で楽しめます。
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 2 or 3」→記事へ
    シャオミはイヤフォンで日本では名前を挙げましたが、Piston2~3は最高傑作に近いかと思います。
  • 電動歯ブラシ「Oclean SE」→記事へ
    スマホ連動での4万振動/分の圧倒的実力。価格も安いのが魅力的。

★★★

  • スマートバンド「Mi Band2」→記事へ
  • スマートバンド「Mi Band Pluse」→記事へ
  • イヤフォン「XiaoMi Iron Ring Earphones」→記事へ
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 3」→記事へ

テック・ゲーム

【製品】Xiaomi、「AirPods」そっくりな無線イヤフォン「AirDots Pro」を約6300円で発売へ(まとめ)
1: 田杉山脈 ★ 2019/01/09(水) 16:19:48.77 ID:eod8DZpG  中国Xiaomi(小米科技)は1月8日(現地時間)、米Appleの「AirPods」によく似た無線イヤフォン「AirDots Pro」を11日に中国で発売すると発表した。価格は399元(約6300円)。AirPodsの中国での販売価格(1276元)のほぼ3分の1の価格だ。色は白と黒の2色。 イヤフォン上をタッチすることで操作可能。片耳だけの装着にすると、片耳用のオーディオ設定になるので、2人で片耳ずつ装着して高品質な音を楽しめるという。 充電ケースでは、10分の充電で70分利用でき、1時間でフル充電可能。ケース自体をフル充電しておけば、イヤフォンを2回は充電できる。ケースの充電ポートはUSB Type-Cだ。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/09/news059.html 以下、反応 30: 名刺は切らしておりまして 2019/01/09(水) 17:45:28.89 ID:wTnL

続きを読む

【Xiaomi Mi Max 3 】自腹実機レビュー! スマホ素人が中華携帯に買い替えて実際に使ってみた
【Xiaomi】シャオミBluetooth最高イヤフォン”Music Sport Earbuds – Mini”レビュー! 携帯性・デザイン性に優れ音質にも妥協がない好モデル
【Xiaomi】Xiaomi Pro HD In-ear Hybrid Earphonesを買ってみた クオリティとフィット感は過去最高作
【Xiaomi】Mi Mix 2はBAND19対応だがMi Mix 2Sは上位版しか対応してないんだね(まとめ)

「Xiaomi」記事をもっと見る