【ツール’15】第6ステージはゼネク・スティバルが勝利!落車したトニー・マルティンの怪我の具合は・・レース展開と結果

ツール・ド・フランス2015 第6ステージも終盤までは非常に穏やかな展開でした。
D.テクレハイマノは逃げに乗り、積極的に山岳ポイントを獲りに行きました。
ホアキン・ロドリゲスを1pt上回り、山岳賞ジャージを獲得です。

終盤はゴール前スプリントに向けて、TGAやLTSなどスプリンター系のチームがペースを上げます。

ゴールまで1キロを切った地点で、トニー・マルティンが落車してしまいます。
総合上位勢がかたまっていたようで、ヴィンチェンツォ・ニバリも巻き込まれました。クリストファー・フルームはぶつかりながらも落車せずに済んだようです。

ゼネク・スティバルが先頭争いの中からすっと抜け出します。
後続はお見合い状態で誰も追わないどころか勢いが落ちます。
見かねたホアキン・ロドリゲスがペースを上げますが、既に決着はついていました。

レース詳細

レース序盤

P.ケムヌール、K.バンビルセン、D.テクレハイマノの3人が逃げる。

残り140.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は9分17秒

残り130.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は6分36秒

残り120.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は5分15秒

残り119.6キロ地点

山岳ポイント(4級)

1位 1pt D.テクレハイマノ

残り114キロ地点

山岳ポイント(4級)

1位 1pt D.テクレハイマノ

残り110.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は5分01秒

残り100.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分31秒

レース中盤

残り98.9キロ地点

先頭を逃げるK.バンビルセンがメディカルバイクから治療を受ける。

残り95.8キロ地点

先頭に3人は均等に回っている。

tdf2015-6th-95

残り90.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分12秒

残り86.1キロ地点

非常に恐ろしい移動道具・・。

tdf2015-6th-86

tdf2015-6th-85

残り80.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分56秒

残り69.1キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は3分22秒

残り60.9キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は2分49秒
ペースを上げていたメイン集団だが、ここでいったん落ち着く。

残り56.2キロ地点

再び治療を受けるK.バンビルセン

tdf2015-6th-56

残り50.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分57秒
メイン集団はペースを上げる

残り46キロ地点

スプリントポイント

1位 20pt P.ケムヌール
2位 17pt K.バンビルセン
3位 15pt D.テクレハイマノ

メイン集団でのスプリントはJ.デゲンコルブがトップ通過。93.6 km/h!?

tdf2015-6th-46

残り44.9キロ地点

T.ボクレールがメイン集団から抜け出す。

残り42.5キロ地点

先頭集団←45秒→ボクレール←44秒→メイン集団

残り38.9キロ地点

先頭集団←1分20秒→ボクレール←51秒→メイン集団
ボクレールは宙ぶらりん状態に。

残り38.5キロ地点

D.カルーゾ、分離帯の反射板に追突してしまい落車。

残り36.1キロ地点

T.ボクレールは吸収

残り33.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分46秒

レース終盤

残り29.5キロ地点

山岳ポイント(4級)

1位 1pt D.テクレハイマノ

本日、3つの山岳ポイント全て制して山岳賞ジャージを獲得。

tdf2015-6th-29-0

tdf2015-6th-29-1

残り25キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分05秒

残り12.7キロ地点

吸収間近の先頭集団からK.バンビルセンがアタック。

残り9.3キロ地点

P.ケムヌール、D.テクレハイマノは吸収。握手する二人。

tdf2015-6th-9

残り8.1キロ地点

K.バンビルセンとメイン集団のタイム差は24秒

残り6.3キロ地点

K.バンビルセンとメイン集団のタイム差は15秒
BMCがペースを一気に上げ、メイン集団が縦に伸びる

残り4.7キロ地点

粘るK.バンビルセン。タイム差は12秒

tdf2015-6th-4

残り3.1キロ地点

K.バンビルセン吸収

残り900メートル

T.マルティン落車。V.ニバリ、N.キンタナも巻き込まれる。
C.フルームはギリギリで回避。

tdf2015-6th-0-0

tdf2015-6th-0-1

残り700メートル

Z.スティバルが一歩抜け出す

tdf2015-6th-0-2

残り450メートル

お見合いで勢いのなくなってしまう後続

tdf2015-6th-0-3

残り350メートル

J.ロドリゲスがA.クリストフを引っ張るが差は埋まらず・・

tdf2015-6th-0-5

残り100メートル

後ろでスプリントが始まるが時すでに遅し。Z.スティバルは勝利を確信。

tdf2015-6th-0-6

P.サガン、またしても2位に・・

tdf2015-6th-0-8

T.マルティンは左手が使えない様子。

tdf2015-6th-0-7

レース結果・成績一覧

第6ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 Z.スティバル EQS 4時間53分46秒
2 P.サガン TCS +2秒
3 B.コカール EUC +2秒
4 J.デゲンコルブ TGA +2秒
5 G.バンアーベルマート BMC +2秒
6 T.ギャロパン LTS +2秒
7 E.ボアッソンハーゲン MTN +2秒
8 D.チモライ LAM +2秒
9 J.シモン COF +2秒
10 G.イザギレ MOV +2秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 合計タイム
1 T.マルティン EQS 22時間13分14秒
2 C.フルーム SKY +12秒
3 T.ヴァンガーデレン BMC +25秒
4 P.サガン TCS +27秒
5 T.ギャロパン LTS +38秒
6 G.バンアーベルマート BMC +40秒
7 R.ウラン EQS +46秒
8 A.コンタドール TCS +48秒
9 Z.スティバル EQS +1分04秒
10 G.トーマス SKY +1分15秒

4強のタイム差

C・フルーム
A・コンタドール  +36秒
V・ニバリ  +1分38秒
N・キンタナ +1分56秒

各ポイント賞

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)

T.マルティン(EQS)

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)

D.テクレハイマノ(MTN)

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)

A・グライペル(LTS)

マイヨ・ブラン(新人賞)

P・サガン(TCS)

ドサール・ルージュ(敢闘賞)

P・ケムヌール(EUC)

感想

前半のゆったりとしたレース運びからは想像もできない結果となりました。
トニー・マルティンは相当なダメージを受けていたように見えました。とても心配です。
ニバリも巻き込まれてしまったようですが、状態はどうなのでしょうか。
ゴールまで3キロを切っているので、タイム差は付きませんがケガの具合が気になります。

次レース:ツール・ド・フランス2015 第7ステージのレース詳細と結果はこちら
前レース:ツール・ド・フランス2015 第5ステージのレース詳細と結果はこちら

関連記事
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら
→ツール・ド・フランス2015のコース図や出場チームはこちら

無料で自転車レースを見る方法はこちら


bnr_skp_cycle

 

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

サイクルロードレース 人気記事