【ツール’15】第5ステージはグライペルが2勝目をあげる!レース展開と結果

ツールドフランス2015 第5ステージはスタート直後、積極的な動きを見せる選手がおらずに、逃げは2名となりました。
これはパヴェを終えて、このステージはあまり動きたくない、休みたいという心理があったのでしょう。

雨が降り、落車が続きます。
前方では有力チームが位置取りのために固まっていますが、後方では何かあった時の逃げ場がないため大きな落車になってしまいます。

メイン集団が2分割してしまい、遅れた集団のタイム差が広がっていく以外はレースの動きはなく、ゴールへどんどん近づきます。

ゴール前ではEQSのトレインやTJAのトレインが位置取りもよく、M.カヴェンディッシュかJ.デゲンコルブの一騎打ちかという様相でしたが、A.グライペルが空いているラインから一気に先頭に飛び出し2勝目を獲得しました。

レース詳細

レース序盤

休みたい選手が多いのかスタート直後は積極的な動きがなく、逃げは2名のみ。
その後P.L.ペリコンのみに

残り140キロ地点

先頭とメイン集団のタイム差は2分30秒
メイン集団はペースが遅い。

残り135.6キロ地点

B.モレマがバイク交換。落車に巻き込まれたのか、N.ロッシュとA.グライペルも遅れている。

残り130.5地点

先頭とメイン集団のタイム差は1分12秒

残り123.2キロ地点

メイン集団の後方で落車発生。
B.コカールが足を痛めてしまった模様。

残り108.8キロ地点

落車発生。
T.カンゲルトやT.ピノー、そしてまたB.コカールが巻き込まれる。

tdf2015-5-108

J SPORTSより

残り103.8キロ地点

N.キンタナがチームメイトのバイクと交換。メカトラブルか

残り100キロ地点

スプリントポイント

1位 20pt P.L.ペリコン
2位 17pt A.グライペル
3位 15pt J.デゲンコルブ

A.グライペルがメイン集団のトップを獲る

tdf2015-5-100

J SPORTSより

レース中盤

残り97.7キロ地点

P.L.ペリコン吸収

tdf2015-5-97

J SPORTSより

ここからしばらくメイン集団は動きがなくなる。

残り83.4キロ地点

第4ステージの落車の影響か、M.マシューズが集団から遅れる。
チームカーの隊列を利用して復帰を試みる。

残り80.7キロ地点

M.マシューズ何とか集団に復帰。

残り77キロ地点

BMCがペースアップ。メイン集団が約半分に分断する。

残り71.8キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は50秒

残り66.8キロ地点

M.カヴェンディッシュがパンク

tdf2015-5-66

J SPORTSより

残り62キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は2分22秒

tdf2015-5-58

J SPORTSより

残り51.2キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は3分15秒

残り48.8キロ地点

S.モラビート単独落車

残り35.1キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分02秒

レース終盤

残り25.1キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は5分30秒

残り24.9キロ地点

落車発生。T.マシャド、T.ピノー、E.ボアッソンハーゲンなどが巻き込まれた模様。
先頭集団がさらに小さくなる。

tdf2015-5-25

J SPORTSより

tdf2015-5-24

J SPORTSより

tdf2015-5-23

J SPORTSより

残り13.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は7分05秒

残り11.5キロ地点

元世界チャンピオンのM.クヴィアトコウスキーとT.マルティンが集団を牽く

tdf2015-5-11

J SPORTSより

残り3.3キロ地点

スプリントに向けた位置取り合戦が激しくなる

tdf2015-5-3

J SPORTSより

残り2.8キロ地点

MTNとEQSが左右で牽き、ASTがセンターを割って入る

tdf2015-5-2

J SPORTSより

残り2.2キロ地点

T.マルティンが先頭に出る。M.カヴェンディッシュは4番目、非常にいい位置取り。

tdf2015-5-2-1

J SPORTSより

残り1.7キロ地点

TJAがJ.デゲンコルブを連れて上がってくる

tdf2015-5-1

J SPORTSより

残り900メートル

tdf2015-5-0

J SPORTSより

残り200メートル

クリストフ先頭、M.カヴェンディッシュが続く。A.グライペル少し選手に埋もれたか

tdf2015-5-0-1

J SPORTSより

残り100メートル

A.グライペルは一気に反対側へ出て勝負をかける

tdf2015-5-0-2

J SPORTSより

残り50メートル

P.サガンも出てくる

tdf2015-5-0-3

J SPORTSより

A.グライペルが勝利!P.サガンまたもわずかに届かず

tdf2015-5-0-4

J SPORTSより

tdf2015-5-0-5

J SPORTSより

レース結果・総合成績一覧

第5ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 A.グライペル LTS 4時間39分00分
2 P.サガン TCS +0秒
3 M.カヴェンディッシュ EQS +0秒
4 A.クリストフ KAT +0秒
5 E.ボアッソンハーゲン MTN +0秒
6 J.デゲンコルブ TGA +0秒
7 A.デマール FDJ +0秒
8 B.コカール EUC +0秒
9 D.チモライ LAM +0秒
10 G.バンアーベルマート BMC +0秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 合計タイム
1 T.マルティン EQS 12時間40分26秒
2 C.フルーム SKY +12秒
3 T.ヴァンガーデレン BMC +25秒
4 P.サガン TCS +33秒
5 T.ギャロパン LTS +38秒
6 G.バンアーベルマート BMC +40秒
7 R.ウラン EQS +46秒
8 A.コンタドール TCS +48秒
9 G.トーマス SKY +1分15秒
10 Z.スティバル EQS +1分16秒

4強のタイム差

C・フルーム
A・コンタドール  +36秒
V・ニバリ  +1分38秒
N・キンタナ +1分56秒

各ポイント賞

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)

T.マルティン(EQS)

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)

J・ロドリゲス(KAT)

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)

A・グライペル(LTS)

マイヨ・ブラン(新人賞)

P・サガン(TCS)

ドサール・ルージュ(敢闘賞)

M・マシューズ(OGE)

感想

個人的には最後以外は非常に退屈なレースでした。
アタックなどの攻めがない展開の割には落車が頻発し、特にメイン集団の前方に位置取りできないチームの選手が何回か巻き込まれていました。優勝候補のいるチームが危険回避のために必死なのはわかりますが、その犠牲が他のチームに及んでいるのはどうかと思います。

ただゴール前ではグライペルが後方から空いているラインを見つけると一気にゴールまで加速する様子は見ていて気持ちが良かったです。全力で漕いでいる中で周りを見ながら勝負する・・さすがプロという感じです。

サガンは調子が良さそうで、もしアシストなどの仕事がなければかなりステージ勝利ができるのではと思いました。

次レース:ツール・ド・フランス2015 第6ステージのレース詳細と結果はこちら
前レース:ツール・ド・フランス2015 第4ステージのレース詳細と結果はこちら

関連記事
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら
→ツール・ド・フランス2015のコース図や出場チームはこちら

無料で自転車レースを見る方法はこちら


bnr_skp_cycle

 

 

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

サイクルロードレース 人気記事