コースプロフィール 山岳はあれど、スタートよりゴールのほうが標高が低く、全体としては下り基調になっているので、スプリンター向けのコースですね。 表彰圏内勢は安全な走りでTTに望みを託すでしょうか。 そうなると今まで目立っていないチームは行ってほしいですね。バーレーン・メリダの新城幸也とかが敢闘賞や、ステージを獲ったりすると面白いですな。 みどころ 特になし! 移動日!! デヘントを中心として20名程度逃げが形成されますが、ピュアスプリント勢は特に動きません。   マイヨヴェールほぼ確のマシューズも余裕♪   スカイもゆっくり。残り65kmで8分差です。 皆さん無事回復しそうです。 っていやいや……ええんか?     逃げ集団のボアッソンハーゲン、ランナバウトで集団とは違う方向へ飛び出し、絶妙なタイミングで逃げ切りに成功します。   巧い! ステージ勝利は2011年、スカイ時代以前とそ...