【ツール’15】第20ステージのラルプ・デュエズを制したのはティボー・ピノ!フルームはマイヨ・ジョーヌを守り切る。ツール・ド・フランス2015レース展開と結果

ツールドフランス 2015 第20ステージです。

序盤から4人の逃げが容認されました。

途中メイン集団ではバルベルデとキンタナがアタックを繰り返しフルームを揺さぶります。

ティボー・ピノがメイン集団から抜け出すと、このステージもアタックをかけます。

ラルプ・デュエズに入るとメイン集団からはバルベルデとキンタナが再びアタックをします。
しかし、フルームに追う力は残っていないようで、キンタナとのタイム差が広がっていきます。

先頭を走るピノと、追走するキンタナの差は30秒から縮まらず、ピノが悲願のステージ勝利を遂げました。

レース詳細

レース序盤

残り110キロ地点

A.ジュニエがアタック

R.ナバルダスカスが付いていき2人の逃げに

残り108キロ地点

L.バクとN.エデが先頭の二人の合流

残り100.8キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は30秒

レース中盤

残り96.6キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分39秒

残り90.5キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分08秒

残り83.5ロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は6分26秒

残り77.3キロ地点

R.プラサがメイン集団からアタック。A.グリブコが追走する。

さらにその後ろからW.バルギルらが追走する

残り75.5キロ地点

先頭集団←7分10秒→Gr.バルギル←43秒→メイン集団

Gr.バルギルのメンバーはA.グリブコ、R.マイカ、W.アナコナ、W.バルギル、R.シカール、R.プラサ、B.フザルスキー

残り75.4キロ地点

メイン集団からC.ゴチエもアタック

残り74.2キロ地点

S.クルイシュウィック、B.ユンゲルス、D.ファンバーレがGr.バルギルに追い付く

残り72.7キロ地点

Gr.バルギルはメイン集団に吸収

R.プラサ、R.マイカ、W.アナコナがカウンターアタック

残り66.6キロ地点

R.マイカらはメイン集団に吸収

残り62.6キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分30秒

残り60.4キロ地点

先頭集団ではA.ジュニエが抜け出す

残り59.4キロ地点

メイン集団ではW.アナコナが抜け出す

残り58.9キロ地点

W.アナコナは吸収

残り58.2キロ地点

メイン集団からA.バルベルデがアタック

残り56.1キロ地点

メイン集団ではさらにN.キンタナもアタック。同じコロンビア人のJ.セルパがアシスト!?

tdf2015-20th-01

J SPORTSより

残り55.5キロ地点

N.キンタナが先行していたA.バルベルデに追い付く

残り55.2キロ地点

Gr.マイヨ・ジョーヌは人数が絞られる

tdf2015-20th-02

J SPORTSより

残り54.5キロ地点

山岳ポイント(超級)
1位 25pt A.ジュニエ
2位 20pt R.ナバルダスカス
3位 16pt N.エデ

残り50.9キロ地点

C.フルームがN.キンタナに追い付く

残り49.1キロ地点

V.ニバリとA.バルベルデもN.キンタナらに追い付く

残り48.3キロ地点

A.ジュニエ←1分00秒→ナバルダスカス←1分28秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←16秒→Gr.コンタドール

残り47キロ地点

Gr.マイヨ・ジョーヌにGr.コンタドールが追い付き、そこからR.ヘシェダルがアタックしT.ピノ、W.アナコナ、R.プラサが付いていく。

残り44.4キロ地点

先頭←1分00秒→ナバルダスカス←1分48秒→Gr.ローラン←27秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ

Gr.ローランはT.ピノ、W.アナコナ、P.ローラン、R.プラサ、J.セルパ、R.ヘシェダル

残り35.6キロ地点

R.ナバルダスカスに追走集団が追い付く

残り30.2キロ地点

A.ジュニエ←3分08秒→Gr.ローラン←40秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ

レース終盤

残り27.6キロ地点

A.ジュニエ←1分40秒→Gr.バク/エデ←1分36秒→Gr.ローラン←49秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ

残り20.5キロ地点

A.ジュニエ←2分12秒→Gr.バク/エデ←15秒→Gr.ローラン←1分37秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ

残り19.5キロ地点

Gr.バク/エデとGr.ローランが合流

残り15.7キロ地点

スプリントポイント
1位 20pt A.ジュニエ
2位 17pt R.ナバルダスカス
3位 15pt J.セルパ

残り13.9キロ地点

先頭のA.ジュニエはラルプ・デュエズに突入

残り12.4キロ地点

N.キンタナがペースを上げ、Gr.マイヨ・ジョーヌの先頭へ。R.ポートがマークする

残り13キロ地点

V.ニバリがパンクでバイク交換する

残り12.1キロ地点

A.ジュニエ←59秒→Gr.ローラン←2分09秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←1分10秒→ニバリ

残り11.9キロ地点

N.キンタナがアタック

tdf2015-20th-03

J SPORTSより

残り9.4キロ地点

N.キンタナが再びアタック

残り9.3キロ地点

A.バルベルデ、N.キンタナがペースアップ

その前の集団ではT.ピノがアタック

残り8.8キロ地点

先頭のA.ジュニエにT.ピノが追い付き先頭はFDJ2人になる

残り8.5キロ地点

R.ヘシェダルが先頭の2人に追いつく

残り8.1キロ地点

N.キンタナ/A.バルベルデが先を走っていたW.アナコナに合流

残り7.5キロ地点

先頭はT.ピノとR.ヘシェダルの2人

残り7.3キロ地点

先頭ではR.ヘシェダルがペースアップ

残り7.1キロ地点

先頭集団←1分05秒→Gr.キンタナ←27秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←26秒→コンタドール←7秒→Gr.ニバリ

残り6.3キロ地点

先頭の2人はオランダコーナーへ

tdf2015-20th-04

J SPORTSより

残り5.3キロ地点

先頭集団←58秒→Gr.キンタナ→30秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←40秒→Gr.ニバリ/コンタドール←15秒→バルデ

残り4.5キロ地点

N.キンタナがアタックをし、アシストのW.アナコナを置いていく

残り3.3キロ地点

先頭集団←34秒→キンタナ→1分03秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←58秒→Gr.ニバリ/コンタドール←18秒→バルデ

残り2.2キロ地点

先頭集団←25秒→キンタナ→1分16秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←1分15秒→Gr.ニバリ/コンタドール←5秒→Gr.バルデ

残り1キロ地点

先頭集団←21秒→キンタナ→1分23秒→Gr.マイヨ・ジョーヌ←1分34秒→Gr.ニバリ/コンタドール

T.ピノ、ステージ勝利

tdf2015-20th-05

J SPORTSより

レース結果・成績一覧

第20ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 T.ピノ FDJ 3時間17分21秒
2 N.キンタナ MOV +18秒
3 R.ヘシェダル TCG +41秒
4 A.バルベルデ MOV +1分38秒
5 C.フルーム SKY +1分38秒
6 P.ローラン EUC +1分41秒
7 R.ポート SKY +2分11秒
8 W.アナコナ MOV +2分32秒
9 W.ポエルズ SKY +2分50秒
10 R.プラサ LAM +2分50秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 合計タイム
1 C.フルーム SKY 81時間56分33秒
2 N.キンタナ MOV +1分12秒
3 A.バルベルデ MOV +5分25秒
4 V.ニバリ AST +8分36秒
5 A.コンタドール TCS +9分48秒
6 R.ヘーシンク TLJ +10分47秒
7 B.モレンマ TFR +15分14秒
8 M.フランク IAM +15分39秒
9 R.バルデ ALM +16分00秒
10 P.ローラン EUC +17分30秒

4強のタイム差

C・フルーム
N・キンタナ +1分12秒
V・ニバリ +8分36秒
A.コンタドール +9分48秒

各ポイント賞

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)

C.フルーム(SKY)

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)

C.フルーム(SKY)

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)

P.サガン(TCS)

マイヨ・ブラン(新人賞)

N.キンタナ(MOV)

ドサール・ルージュ(敢闘賞)

A.ジェニエ(FDJ)

感想

ラルプ・デュエズは非常に面白い戦いが生まれました。
フルームの調子が悪く、キンタナとバルベルデの波状攻撃は結構な攻撃力があったようです。
第19ステージに続き、キンタナはフルームからまとまったタイムを奪いましたが逆転とまではいきませんでした。

第2週目が始まったころはフルームに対抗できる選手はいないのかと思いました。
しかし現時点でフルームとキンタナとの差は1分12秒です。
結局、山岳ステージは互角で、勝敗を分けたのは第1週だけでした。

フルームが執拗にライバルのアタックをつぶしたり、ゴール前でタイムを奪っていましたが、結果としてそれが最後の余裕につながったんだなと思います。

波乱の第1週から始まったツール・ド・フランス2015ですが、無事に最終ステージまで迎えられそうで良かったです。

最後はペーター・サガンがステージ勝利を獲得できるかどうかを楽しみにしています。


前レース:ツール・ド・フランス2015 第19ステージのレース詳細と結果はこちら

関連記事
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら
→ツール・ド・フランス2015のコース図や出場チームはこちら

無料で自転車レースを見る方法はこちら


bnr_skp_cycle

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事