【ツール’15】第1ステージはデニスがマルティンを抑え個人TT勝利!レース展開と結果

ツール・ド・フランス2015は、14キロというとても短い個人タイムトライアルで幕を開きました。
最初の戦いで勝利し、マイヨ・ジョーヌを獲得したのはBMCの期待の若手、ローハン・デニスでした。
ただ一人の14分台と言うタイムで第1ステージを見事に制しました。

レース詳細

唯一の14分台をマーク

38番目に出走したR・デニスがはじめて15分を切る14分56秒という好タイムをマークしターゲットタイムをつくる。

DENNIS

タイムトライアルの本命登場

しかしその後、第1ステージ優勝の最有力候補、タイムトライアルのスペシャリストであるT・マルティンはわずかに届かない。暫定2位。

martin

マルティンに勝利したことで、自然と笑みがこぼれるデニス

tdf2015-1-2

マルティンがダメならこの男か・・?

コーナーワークなど、テクニックの優れるF・カンチェラーラに期待が集まるがこちらもわずかに届かない。暫定3位。

cancellara

カンチェラーラのタイムを身を乗り出して確認するデニス

tdf2015-1-3

優勝候補たちのタイムとタイム差の一覧

V・ニバリ 15分39秒
C・フルーム 15分46秒 +7秒
A・コンタドール 15分54秒 +15秒
N・キンタナ 15分57秒 +18秒

4人の中ではニバリが最も良い成績を残しました。
フルームとコンタドールはあまり記録が伸びませんでした。

レース結果・総合成績一覧

第1ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 R・デニス BMC 14分56秒
2 T・マルティン EQS +5秒
3 F・カンチェラーラ TFR +6秒
4 T・ドゥムラン TGA +8秒
5 J・ファンエムデン TLJ +15秒
6 J・カストロビエホ MOV +23秒
7 M・ブランドレ IAM +23秒
8 A・マローリ MOV +29秒
9 W・ケルデルマン TLJ +30秒
10 S・カミングス MTM +32秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 R・デニス BMC 14分56秒
2 T・マルティン EQS +5秒
3 F・カンチェラーラ TFR +6秒
4 T・ドゥムラン TGA +8秒
5 J・ファンエムデン TLJ +15秒
6 J・カストロビエホ MOV +23秒
7 M・ブランドレ IAM +23秒
8 A・マローリ MOV +29秒
9 W・ケルデルマン TLJ +30秒
10 S・カミングス MTM +32秒

各ポイント賞

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)

R・デニス(BMC)

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)

設定なし

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)

R・デニス(BMC)

マイヨ・ブラン(新人賞)

R・デニス(BMC)

感想

タイムトライアルを得意とするT・マルティンやC・フルームには距離が短すぎたかな?と思いました。
しかし優勝候補の四人の中では、ニバリが一番いいタイムを出しているのは驚きです。
キンタナはチームで1番目に出走するという作戦を取り、それが見事にうまくいったようです。
後半に出走した選手の方がタイムが伸びていないので、前半に出走したキンタナにとっては4人の中でタイム差を大きくセーブできたのではないかと思います。

次レース:ツール・ド・フランス2015 第2ステージのレース詳細と結果はこちら

関連記事
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら
→ツール・ド・フランス2015のコース図や出場チームはこちら

無料で自転車レースを見る方法はこちら

※本稿の画像はJ SPORTSより引用しています。


bnr_skp_cycle

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事