Singapore Postの到着日数を配達業者に聞いてみた!バッテリー配送が制限されたHK Postの代替手段となるか。

singpost

中国から商品を購入されるとき、「Singapore Post」(シンガポール・ポスト、Sing Post)で送られてくる方も結構多いと思います。

China Post はそうですが、最近では HK Post はバッテリーに関しての配送が制限されるようになっているため、現在では多くの電子製品は上記の手段、あるいはSweden Post を用いて配送されるようになってきています。

果たしてSingapore Postは有力な配送手段になるのでしょうか。

中国から送って日本に届くまで、実際にどのくらいの日数がかかるのか、中国本土の配達業者に確認してみました。

93%は18日以内に到着する

“last month they ship to japan about 500 package via Singapore ,about 467 packages delivered at 10~18days”

これが業者からの回答でした。

2015年12月の配達実績としては、500件中467件が10~18日で相手に到着した、と解することができます。

残り33件についての内訳は教えてもらえませんでしたが、最速で6日という事例もあるようです。

年末で配送の混雑が予想される中では、なかなか速い配達速度であるように思います。

ダミー番号には注意

Aliexpressなどで自己購入した場合、セラーが発送通知として、ダミーの番号を入れてくる可能性があります

相手側からすると便宜上の措置ですが、本当の番号を教えてもらえないと追跡できないですし、本当に送ったのかもわからない状態になってしまいます。

そのため、余りにも対応が早すぎる場合は、本当の番号なのか、念のため確認するのもいいかもしれません。

結論

  • 基本的には10~18日以内と考えるべし

安価な国際郵便はなかなか日数が読めないものです。早い場合もありますが遅い場合もあります。

中国からSingPostで送られてくる場合は、一つの目安として参考にされてみてはいかがでしょうか。


その他

【悲報】富士精工の中国人社員がドリル刃先の設計図を不正に複製し逮捕 無事外部に流出…
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) 2019/02/28(木) 00:02:14.18 ID:HTQm+TDG0 BE:323057825-PLT(12000) 名古屋証券取引所2部上場の特殊精密工具中堅「富士精工」(愛知県豊田市)の製品データを不正に複製したとして、県警豊田署などは27日、 不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で、中国籍の同社社員、申永輝容疑者(31)=豊田市中根町小訳=を逮捕した。 「データを移したのは間違いないが、不正な利益を得る目的はなかった」と容疑の一部を否認しているという。 県警は、同社の情報が外部に流出した可能性があるとみて調べる。  逮捕容疑は、不正な利益を得る目的で1月29日ごろ、同社のサーバーコンピューターにアクセスし、 営業秘密であるドリルの刃先の設計図などのデータをUSBメモリーに転送、複製した疑い。 富士精工の製品データ複製=容疑で中国人社員を逮捕-愛知県警 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022701049&g=soc 以

続きを読む

【輸入】偽ブランドのイヤホン急増 発火の恐れも
【個人輸入】Aliexpressって言うほど安全か?
【北海道・愛知】フリマアプリで偽ブランド品販売か、3人逮捕/警視庁
【防諜】輸出規制品の軍事転用可能カメラ、三菱電機が廃棄時を受託したが複数の業者間で転売、中国人が2台落札 回収確認(反応まとめ)

「中国輸入」記事をもっと見る

中国輸入 人気記事