長野県南牧村の畑で、成人とみられる男性の遺体が見つかりました。長野県警が死体遺棄事件として捜査しています。 概要 11月27日午前9時55分ごろ、長野県南牧村野辺山にある畑の所有者から、「畑から人の足のようなものが出てきた」と110番通報があった。 県警が畑を掘ったところ、深さ数十センチの土中から、成人とみられる男性の遺体が見つかった。男性はジャンパーとジーパンのようなズボンを着用した状態で埋められていた。靴下ははいていたが、靴ははいていなかったという。 畑の様子がいつもと違うと感じた所有者が重機で掘ってみたところ、片足の太ももからつま先までが出てきたため、通報したという。 県警は死体遺棄事件とみて、死因や身元の確認を進めている。 ソース:JNN 遺体の男性の身元が判明しました。 埋められていたのは、甲州市大和町初鹿野の会社員・斉藤弥生さん(36)。 斉藤さんは昭和町の清水新居の貴金属買取店で店長をしていました。 また、新たに斉藤さんが遺体で見つかった同日未明、店に2人組が侵入し、店内を荒らしていたことが分かりまし...