PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?

10年ほど前までは自作PCに必須だった、サウンドカードですが、近頃あまり見かけなくなりました。

思えば私もインテルCore2シリーズが出始めたころからサウンドカードは使っていません。

かつてPCショップの一角にはサウンドカードコーナーがあって、CreativeのSound Blasterシリーズがたくさん並んでいたものでした。
今ではサウンドカードよりも水冷のCPUクーラーの方が目立つ場所に置かれているくらい、人目につかなくなってきました。

本記事はサウンドカードが衰退した理由と、サウンドカードの代わりに主流となったUSB DACからおすすめの機器を紹介します。

【関連記事】
CPU比較
グラボ比較
おすすめ自作モデル
core i7 6700Kのヤフオクおすすめ
自作PCの作り方
・USB DAC(サウンドカード)
M.2接続のSSD比較記事

サウンドボードが衰退した理由

サウンドカードが衰退した理由には大きく2つの理由があります。

1.オンボードサウンドの高性能化

1つ目の理由はマザーボードのオンボード音声出力の品質が上がったからです。
10年以上前のマザーボードに搭載されたオンボード音声機能は、CPUに負荷がかかるとノイズが乗ったり、音声レベルを上げると歪んだりと、正直言って使えないものが多かったです。

そこで別途サウンドカードを取り付けることで、安定した音声出力を手に入れようとしていました。
また、DVDなどに収録されている5.1chのサラウンド音声を出力するのにもサウンドカードは必須でした。

しかし、2005年にインテルがHD Audioというオンボードサウンドの規格を発表してからは、HD Audio規格に準拠したマザーボードがほとんどとなり、音声出力の機能と質が大幅に向上しました。HD Audioではオンボードサウンドでも5.1chのサラウンド音声を出力することができます。

そのためほとんどのユーザーはオンボードサウンドを利用し、別途サウンドカードを取り付けることはなくなりました。

2.USB DACの普及

BEHRINGER UCA202

2つ目の理由はUSB接続が一般化したことで、USB端子に接続するDAC(デジタルアナログコンバータ)が普及したことです。
サウンドカードはPC本体内部にあるPCIスロットやPCI-Eスロットに取り付けるため設置に手間がかかりますし、他のPCで使いたいからといって、気軽に取り外すこともできません。

しかしUSB DACであればUSBメモリなどと同じように、USB端子に接続すれば利用できるので、非常に手軽です。
他のPCで使いたいと思えばコネクタを差し替えるだけで済みます。

さらにノイズ源であるPCから物理的に離すことができるため、PC内部に設置するサウンドカードよりも高音質を実現しやすいという利点もあります。

そのため音質にこだわるユーザーの多くはUSB DACを利用しています。

用途別おすすめUSB DAC

USB DACは3,000円程度で買えるものから、オーディオマニア向けの100万円を超えるものまで様々な製品が販売されています。
ここでは一般的に変える価格帯のUSB DACから、この製品を買えば失敗はない!というおすすめモデルを目的別に紹介します。

オンボードサウンドを少しグレードアップしたい

  • Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2

Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 ハイレゾ対応 USBオーディオインターフェース アナログ録音 再生リダイレクト SB-DM-PHDR2

かつてサウンドカードで市場を席巻したCreativeのUSB DACです。
9,000円弱と安価ですが、ハイレゾにも対応しています。
まずはUSB DACを試してみたいという方におすすめです。

高音質なPCオーディオを実現したい

  • TEAC Reference 301

TEAC Reference 301 D/Aコンバーター デュアルモノラル構成 ハイレゾ音源対応 シルバー UD-301-S

PCを利用して高音質な音楽再生環境を作りたい場合はTEAC Reference 301がおすすめです。
この製品はCDなど普通の音源をハイレゾ品質の音源に変換するアップコンバート機能や、ステレオ音声の左右のチャンネルをそれぞれ別々に処理するデュアルモノラル回路といった高音質を実現するための機能・回路がふんだんに盛り込まれています。

いま利用しているサウンドデバイスに物足りなくなったら、この製品にグレードアップしてみるのもいいでしょう。

自分好みの音質を追求したい

  • AUDIOTRAK  DR.DAC3

AUDIOTRAK ヘッドホンアンプ DR.DAC3

 

Dr.DAC3は音声の最終的な味付けを決定するオペアンプという部品を取り換えることができます。
オペアンプは様々あり、製品によって出力される音の傾向が大きく異なります。
Dr.DAC3なら自分好みの音をとことん追求することができます。

ちなみに、オペアンプはMUSES02というモデルが人気です。

まとめ

  • オンボードサウンドの高性能化がサウンドカード衰退の最も大きな要因
  • PC内部に設置しないUSB DACはサウンドカードよりも高音質化しやすい
  • 自分好みの音にカスタマイズできるDr.DAC3のようなユニークな製品も登場

近年のオンボードサウンドは本当によくできていますが、ハイレゾ音源を再生するには少し性能不足かなとも思います。
もしハイレゾ音源をオンボードサウンドで聞いている方はぜひUSB DACを使ってみてください。
「これが本当のハイレゾサウンドか!」と感動できますよ!(笑)

 

【関連記事】
CPU比較
グラボ比較
おすすめ自作モデル
core i7 6700Kのヤフオクおすすめ
自作PCの作り方
・USB DAC(サウンドカード)
M.2接続のSSD比較記事

Frontierがダントツ

(お知らせ)2017年より、毎月ドスパラやマウスコンピューターなど、有名BTOサプライヤーとの徹底比較を行ってまいりましたが、Frontierに構成や価格で勝る所は存在しませんでした。

自作歴18年、自作PC数23台の管理人のおすすめ構成ですので、ご安心してお求めください。

月末祭開催!

  • Corei7-9700(45,000円)
  • M.2 NVMe 512GB + HDD 2TB (25,000円)

自作の場合、上記の時点ですでに7万円

  • 600W GOLD電源(8,000円)
  • 16GBメモリ(4,000円)
  • マザボ・ケース(20,000円)

10万円は絶対に超えてしまう商品がこの値段。( ^ω^)・・・

フロンティアおすすめ構成例

※常に在庫が変動している関係から、商品構成が変わっている可能性があります。
逐一チェックはしておりますが、不備がございましたらご容赦ください。

Ryzen

  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
  • SSD:1TB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:850W

Intelを性能・コストで完全に抜き去ったといわれる第3世代Ryzenを早速採用し、SSD1TB、HDD2TBの大容量、そして電源が850Wという衝撃仕様。(今までこの容量は激安BTOで見たことがありませんでした)

ダメだこれは今すぐ買いだわ…

Intel

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【PC】PCって最近は急には性能上がらなくなったじゃん?いつ買えばいいんや?【2019Q2】
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/17(土) 16:26:13.821 ID:cK/tzIYa0 スマホもそうなりつつある? 年々そんなに性能あがらなくなったら ハイエンド買おうと思うんだけど 以下、反応 26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/17(土) 16:51:08.250 ID:oVEsMqO60 周波数自体は3GHzくらいでゴール迎えた感はあるので8年前には性能頭打ちで多コア競争に移ったね 4GHzとかはメーカーの意地の張り合いでメーカー公認オーバークロックしてるようにしか見えない つーか8年で20%しか周波数上がってない時点で>>1の言ってることは正鵠を得ている   2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/17(土) 16:27:06.601 ID:8CDqOAURa PCの性能は急に上がり続けてるだろ ここ数年で相当変わったぞ   3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/17(土

続きを読む

【PC】東芝メモリ、SLC技術でTLC比10倍高速なストレージクラスメモリ ~業界最速を謳う6.4GB/s転送可能な30TB SSDも
ゲーム用PC組むときって、、、、、グラボから決めればいいんですか????
【CPU】Intel、10nmの第10世代Coreを出荷開始。プロセッサー・ナンバー変更【命名ルール】
【CPU速報】パソコンのCPUなんだが最新のi5と一世代前のi7どっちが性能がいいの?

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!【Ryzen9・3700X、完全にIntelを圧倒】
【Frontier】ワイのPC、ついに届く!!!!!!!!!!!!!!!!!! (反応まとめ)
【CPU】乾いたシリコングリスを塗り替えるとCPU温度が半分くらいになった話
【PC】PCって最近は急には性能上がらなくなったじゃん?いつ買えばいいんや?【2019Q2】
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【ゲーム】PC厨「ああ…今年も10万のグラボとCPU買わなきゃ…」一般人「4万のPS4で遊び放題!」
【悲報】NVIDIAの最新グラボRTX2080ti、死ぬ