NHKまとめサイト訴訟についてのLH MAGAZINEの見解-その1-

 NHKは1月24日、まとめサイト「LH MAGAZINE」編集長に対し、損害賠償および謝罪広告の掲載を求めて東京地方裁判所に民事訴訟を提起したことを明らかにしました。共同通信などの報道によると、損害賠償額は約700万円とのこと。

【提訴された「LH MAGAZINE」】

NHKによると、インターネット上では以前から、京都アニメーション放火事件に関し、NHKが放火に関与し証拠を隠滅したかのような事実無根の書き込みや、NHKのニュース映像を故意に加工した虚偽の画像などが拡散されていたとのこと。NHKはこれらの情報を発信していたサイト運営者に対し、これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが、損害賠償に応じる回答はなく、真摯な謝罪も行われなかったため、やむを得ず今回の訴訟に至ったとしています。

訴えられた「LH MAGAZINE」は、主に5ちゃんねるのまとめ記事を中心に投稿している、いわゆる「まとめサイト」の1つ。問題のデマを巡っては、NHKのディレクターの実名を挙げつつ、「なぜ放火犯の遺留品を回収したのか」「これが最大の謎」といったタイトルの記事を投稿。本文中でも、故意に加工されたNHKニュースの映像とともに、「NHK共犯説唱えられても仕方ないぞ」といった書き込みを紹介していました。

【NHKコメント】

京都アニメーションの悲惨な事件で、尊い命を奪われた方々に心からのお悔やみを申し上げますと共に、負傷された方々の一日も早い回復と、京都アニメーションの再建をお祈りします。

インターネット上の誹謗中傷による被害が深刻化する中で、NHKは事実を伝える報道機関の1つとして引き続き 放送を通してこうした 問題に対峙していくと同時に、悪質な虚偽の情報発信に対しては法的措置も含め、毅然とした対応をしてまいります。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw6486378
予備

当サイト見解について

最初に、京都アニメーション第一スタジオの放火事件で被害に遭われた方に心からお悔やみ申し上げます。

そして負傷された方におかれましては一刻も早い回復をお祈り申し上げます。

さて、本訴訟事案につける報道について、一部明らかな誤りがありますことを、申し上げます。

NHKによると、インターネット上では以前から、京都アニメーション放火事件に関し、NHKが放火に関与し証拠を隠滅したかのような事実無根の書き込みや、NHKのニュース映像を故意に加工した虚偽の画像などが拡散されていたとのこと。NHKはこれらの情報を発信していたサイト運営者に対し、これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが、損害賠償に応じる回答はなく、真摯な謝罪も行われなかったため、やむを得ず今回の訴訟に至ったとしています。

代理人の清水陽平弁護士から文書を拝受したのが1月12日、そして謝罪の記事を掲載したのは同日の1月12日です。

文書には受領してから5日以内に回答をするようにとあったため、メールにて清水陽平弁護士に回答をいたしました。

念のために回答したメール文書と、過去に清水弁護士より頂戴したメールを添付いたします。

回答したメール

清水陽平

お世話になっております。
文書拝受いたしました。
こちらご確認くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
メール本文内のリンク先は1月12日に掲載いたしました【謝罪記事】となっています。

弁護士より送付されたメール

なお、送られてきた文書の回答先についても、代理人弁護士である清水陽平氏が指定されていました。

文書送付にはあらずとも、当方が期日内に代理人に対し回答をしており、上記報道時点ですでに謝罪記事を掲載していたのは明確です。

したがって報道されている内容は「NHKはこれらの情報を発信していたサイト運営者に対し、これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが、損害賠償に応じる回答はなく、真摯な謝罪も行われなかったため、やむを得ず今回の訴訟に至ったとしています。」については、明確なデマであります。

これはNHKによる悪質な対応であり、法的措置も辞さない構えです。

最後にはなりましたが、このような形で被害者遺族様のご不安な感情をふたたび揺り起こしてしまうことに対しては、心から申し訳なく思います。

真実は一体何なのでしょうか?

追記:実際に送られてきた文書について

メール文面が8月であり、相応の返答をしていないとの指摘がありましたが、

こちらについて念のため証拠となる文書を掲示しておきます。

先の8月のメールに関しては、発信者開示請求訴訟がエックスサーバー対しに提起されたのちに、弁護士より送られてきたものとなります。

なお、弁護人は明らかに通知書の作成年を誤っていますが、2020年と考えるのが相当であることはご理解いただけると思います。

弁護士とのやりとりについての経緯は、やや複雑になると思われますので、改めて書いて参りたいと思います。

追記2:文書での謝罪等について

記事では「これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが、」と書いていますが、上掲の通知文では、文書で回答すべきという指示は書かれていません。

お知らせ

すでに上記等で報じられている、NHKによる当サイトへの名誉棄損訴訟については、NHKから国民を守る党の党首である立花孝志先生から全面支援を頂けることとなり、反訴をする予定です。

アルシエン清水陽平弁護士様、どうぞよろしくお願いいたします。

また立花先生におかれては、公務ご多忙の中、直々に優しい言葉をかけてくださり、ありがとうございました。

先生の言葉を胸に、日々を過ごして参りたいと思います。

ニュース

【お知らせ】NHKまとめサイト訴訟についてのLH MAGAZINEの見解-その2-
朝日新聞:NHKがまとめサイト提訴「京アニ事件で虚偽情報拡散」 ねとらぼ:NHK、京アニ放火「共犯説」デマでまとめサイト運営者を提訴 時事通信:NHK、まとめサイトを提訴 京アニ事件で虚偽情報拡散 東京新聞:NHKがサイト運営者を提訴 京アニ巡る情報で共犯説を示唆か デイリースポーツ:NHK 情報配信サイトを提訴…京アニ事件に関連し「事実無根の書き込み」 すでに上記等で報じられている、NHKによる当サイトへの名誉棄損訴訟については、NHKから国民を守る党の党首である立花孝志先生から全面支援を頂けることとなり、反訴をする予定です。 アルシエン清水陽平弁護士様、どうぞよろしくお願いいたします。 また立花先生におかれては、公務ご多忙の中、直々に優しい言葉をかけてくださり、ありがとうございました。   先生の言葉を胸に、日々を過ごして参りたいと思います。 LH MAGAZINE編集長 谷翔太

続きを読む

NHKまとめサイト訴訟についてのLH MAGAZINEの見解-その1-
謝罪記事
【朗報】強制わいせつ容疑のNHKのチーフプロデューサー(41)様 不起訴処分 当然の措置 正義は勝つ!
【五輪紅白】『紅白歌合戦(2020)』ってなんで五輪とかスポーツをやたら持ち上げてたんや?誰が興味あんねん

「NHK愛してる」記事をもっと見る