【胸糞?】熱中症死訴訟、高裁で逆転勝訴。一審の判決概要や、阿波西高校の他の死亡事故について。

毎日新聞によると、徳島県阿波市の県立阿波西高校で、2011年、野球部員であった高校2年生の男子生徒(17)が、熱中症で死亡したのは、監督の注意義務に問題があるとした訴訟で、高松高裁は、1審判決を覆し、「生徒の異状に気づき、即座に練習を中止させるべきだった」として県に慰謝料など約4500万円の支払いを命じたとあります。

練習中に「熱けいれん」があったにもかかわらず、100メートルダッシュを中止させなかった点を裁判長は指摘しました。これは「倒れる直前まで兆候が見られず、予見が困難であった」という県の主張および一審判決の趣旨を退けるものでありました。

判決によれば、死亡時、学校で2kmの持久走をした後、100mダッシュを40回繰り返し、熱けいれんで足をつったとあります。
その際に練習を一旦中段したのですが、練習を再開した際に意識を失い、約1か月後に死亡した。とのことです。

判決に対して、県教育委員会は「判決は厳しい内容」とのコメントを出しております。

一審の判決は?

地裁の判決が逆転している例が非常に多く、本件も逆転しましたが、一審の地裁判決は、果たしてどうだったのでしょうか。

2014年3月24日の地裁判決では、「熱中症を疑わなかった監督の判断や対応に過失はなかった」として訴えを退けました。

徳島地裁の黒田豊裁判長は「男子生徒の症状は過呼吸だと思い、熱中症だと疑わなかった判断やその後、すぐに救急に通報した対応などから、監督に過失があったとは言えない」などとして訴えを退けたとのことです。

この無念な判決について生徒の父親は「亡くなった子どもを考えるととても残念です。二度と熱中症による事故を起こさないために、学校をあげて取り組んでいってほしい」と話したのことです。一方、県教育委員会は「判決については県の主張が認められたものと思っています」とコメントをしました。

一回目の兆候についての言及なし

上記の内容では、1回目の熱けいれんでの足のつりで、練習を中止させなかったことへの言及が見られません。「男子生徒の症状は過呼吸だと思い…すぐに救急に通報した対応などから、監督に過失があったといえない」という内容は、あくまで2回目の処置に対する言及です。

この地裁においてどのような争点があったのかは、不明ですが、一審判決は明らかに検討が甘いように思えてなりません。

後ろ暗い美談

下記の記事を読んでいただきたいと思います。

2012年7月18日
阿波西、仲間の死を乗り越え1勝 徳島大会
ベンチ前で鎌田監督(左)の指示を聞く阿波西の選手たち=オロナミンC
徳島大会では、今年5月に1年生部員の赤沢俊樹さん(15)が交通事故で亡くなった阿波西が、1回戦を突破した。

鎌田智仁監督(30)は「あいつと一緒にという気持ちで」と、サイズの合わない赤沢さんの帽子をかぶって指揮した。9回に一度は追いつかれ、延長10回に勝ち越した。苦しんだ末の勝利に抱き合って喜んだ選手たち。勝ち越し点を本塁に頭から滑り込んで奪った米田篤史主将(3年)は「心の中で、赤沢のために勝つと誓っていた」と部員たちの気持ちを代弁。「つらいことを、よく乗り越えてくれた」と鎌田監督はねぎらった。(朝日新聞 高校野球サイトより)

この記事をお読みになって不思議に感じられた方もいらっしゃるかもしれません。この記事は、亡くなった野球部員の弔い合戦のような美談仕立てになっていますが、亡くなられた方は、2011年に熱中症死した生徒のことではありません。これは別の交通事故で亡くなった生徒です。

交通事故:高校生4人の列に車 1人死亡、3人けが 徳島

2012年05月08日 00時18分(最終更新 05月08日 00時48分)

7日午後9時35分ごろ、徳島県阿波市阿波町綱懸(つなかけ)の市道で、
自転車に乗った県立阿波西高校男子生徒4人
の列に、後ろから軽乗用車が突っ込んだ。県警によると、同校1年の赤澤俊樹さん(15)=同町西島=が頭を強く打って間
もなく死亡し、他の3人も打撲などの軽傷を負った。
県警は軽乗用車を運転していた同市市場町香美、飲食店アルバイト、住釜涼(すみがま・りょう)容疑者(20)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。
自動車運転過失致死傷容疑に切り替えて調べる。(毎日新聞より)

事故に遭った方はいずれも野球部の生徒で、一列になって走行していたところ、車に衝突されたとのことです。
この事故に関しては、生徒側の過失はほとんどない、不幸なことであると考えられます。

一方、事故発生時刻と曜日に注意

事故が午後9時35分に発生したこと、被害者がいずれも野球部員であったことから考えると、部員は相当遅い時間まで練習をしていたように思われます。しかも曜日は月曜日です。会社員ならともかく、月曜日から好き好んで午後の9時まで残る生徒というのも非常に珍しいものです。壮絶な練習を強いられていたのではないか?ということが想像されます。

熱中症事故の教訓はなかったのか

この事故が、相当な時間の部活後の帰宅時に発生したとするならば、間接的には学校側の責任も否定出来ないように思われます。

当然の話、夜道を自転車走行するのは危険です。夜間の帰宅が、たとえ生徒の自発的意志であったとしても、学校側は早期下校をすすめる必要があったのではないでしょうか。

何より、熱中症事故があったのが、交通事故よりも1年前の話です。

「練習指導に問題がなかった」という学校側の姿勢が、過酷な指導の継続に繋がり、発生してしまった事故ようのに思います。

なぜ熱中症死の少年については言及がないのか

「阿波西、仲間の死を乗り越え1勝 徳島大会」この記事では、2011年に亡くなられた2年生の野球部員の存在は一切語られておりません。熱中症死も見解上、「事故」と捉えるなら、生きていたら3年生になる生徒についても、何らかの言及があるべきはずです。

こう考えると、記事中の監督の言葉や美談が胡散臭く聞こてきます

主将も、生徒が生きていれば同級生ですから、そちらについても、何らかのコメントをしたかったのではないかと思います(口止めされていたのでしょうか。)なんとも後ろ暗い話です。

また、この朝日の記事では、交通事故で亡くなられた生徒の「さわ」の漢字表記が異なるのも、いただけない点です。

結論

熱中症死させた監督を責任がないと野放しにさせたうえ、翌年交通事故死まで発生させたのは、監督はもとより、学校側の責任が非常に大きいものと考えます。

「判決は厳しい内容」というコメントを発する前に、一連の出来事について深く省みるべきではないかと感じるところであります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


ニュース

【画像】大阪拳銃強奪の犯人と富山拳銃強奪の犯人の顔が完全一致であると話題に
37: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:53:43.05 ID:qknlcv/w0 完全に一致。。。 大阪拳銃強奪 富山拳銃強奪 以下、反応 70: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:55:00.70 ID:oIIEfCo/0 >>37 右から使用前使用後みたいな   76: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:55:13.15 ID:/lc+k6t40 >>37 うわ…………   97: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:56:08.63 ID:qnCug6qN0 >>37 ほー・・・   101: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:56:13.68 ID:8/hN3SKw0 >>37 なるほど交番襲撃「やる顔」ってのはあるかもな   134: 名無しさん@1周年 2019/06/17(月) 11:57

続きを読む

【吹田交番襲撃】飯森裕次郎、容疑否認「私のやったことではない。マスゴミの昨今の過熱報道が私の精神を加速させた」
【朗悲報】警官殺しの飯森裕次郎、身柄確保!!!路上で寝転がってるところを捕獲!!お前ら無事通勤通学できるな
【吹田交番襲撃】警官襲撃は東京在住の30代男性か…映像公開後「息子に似ている」と父親から連絡
【大阪】JK(17)、交際相手の28歳男性を包丁で刺す

「その他重大事件」記事をもっと見る

その他重大事件 人気記事

【吹田交番襲撃】飯森裕次郎、容疑否認「私のやったことではない。マスゴミの昨今の過熱報道が私の精神を加速させた」
【画像】大阪拳銃強奪の犯人と富山拳銃強奪の犯人の顔が完全一致であると話題に
岡崎智被告(28)ら、男児ポルノ製造容疑で逮捕、被害児童は100人以上か
【仙台女社長殺害】森健太郎容疑者(40)、従業員の男を殺人未遂で逮捕、錯綜するネット上の情報(まとめ)
【緒環健蔵(20)】続報まとめ。飲酒・免許無・他人の車……
【飯阪一貴(28)・城佑恭(24)・中林宏友(24)容疑者ら4人】堺市南区高倉台の路上で男を刺した疑いで逮捕される。
【水路転落】尼崎市の時友中央公園の水路に男児が転落し死亡。
【東京・三鷹】6階建てマンションで小学生が転落して重傷 飛び降り自殺を図ったか
【畷優奈被告(21)】交際相手をスタンガン・金槌・包丁で武装し襲撃した元関西学院の女子大生に執行猶予付きの判決
【朗悲報】警官殺しの飯森裕次郎、身柄確保!!!路上で寝転がってるところを捕獲!!お前ら無事通勤通学できるな