1: 2017/11/22(水) 08:38:47.66 ID:CAP_USER9 http://www.sankei.com/smp/sports/news/171121/spo1711210021-s1.html 日本レスリング協会が9月中旬に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行った強化合宿で、大学3年の男子選手(21)が首に大けがを負っていたことが21日、複数の関係者への取材で分かった。けがをした選手はグレコローマンスタイル85キロ級の全日本学生王者。頸椎損傷で現在も入院生活を余儀なくされている。 五輪競技の強化拠点としてNTCが開設された平成20年1月以降、最悪の事故とみられる。 男子選手が事故に遭ったのは9月13日。今年の世界選手権に出場した代表選手とのスパーリング中に頭から落ち、病院へ救急搬送された。強豪大学に在籍し、強化合宿には学生選抜の一員として参加していた。 協会は重大事故として日本オリンピック委員会(JOC)や、NTCを管理する日本スポーツ振興センターを通じて、スポーツ庁に報告したが、一般には公表していな...