スカパー無料視聴期間にグランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を見るならいつ?ずばりこの日!【2015年版】

サイクルロードレースファンの皆様の多くは、すでにスカパーでJsportsを視聴されている方も多いと思いますが、最近になって興味をもたれた方は、まだスカパーの契約をされていないのではないでしょうか。

サイクルロードレースの魅力は、一口に語り尽くせないものがあります。
ステージレース(全20日の行程で競われる過酷なレースのことをいいます)の総合勝者だけが称賛されるだけではありません.
誰よりも山の頂に到達する者もまた勝者誰よりも平地を速く駆け抜ける者もまた勝者、そして1ステージの勝者もまた勝者
ほとんどが集団に吸収される運命でありながら、激しい体力の消耗をものともせず、果敢に数百キロの逃げを見せる者もまた、「敢闘賞」として称えられる
そんな大変奥の深い競技です。

ただ問題は、期間や種類も豊富で、「これから視聴したい」、という方は、いつどのレースがあるか、どのレースを見たらいいのか、迷われる方が大変多いのではないかと思います。

スカパーの無料期間視聴はステージレースのためにあるに等しい。

1日で終わる映画や試合のために、2週間の無料視聴期間を空費してしまうのはもったいないですが、
サイクルロードレースの場合は、上手く期間を設定すれば、2週間丸々レースを視聴する事ができ、一切の無駄が生じません。(必ず休息日は挟むことにはなりますが)

ということで、スカパーを無料視聴するなら、サイクルロードレースを完璧に見られる期間内にするのがオススメです。

放送チャンネルは?

スカパーの視聴コンテンツであるJsportsで視聴が可能です。

具体的な期間は?

ステージレースは、グランツールという、世界三大レースが大きな目玉です。開催の早い順で言うと、

ジロ・デ・イタリア(イタリアの旅) 5/9~5/31(全23日間)

ツール・ド・フランス(フランスの旅) 7/4~7/26(全23日間)

ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペインの旅) 8/22~9/13(全23日間)

面白いことに、全て、「○○の旅」という意味ですが、母国語で表現されています。そのため、これらのレースを、「ジロ・ツール・ブエルタ」と上手く呼び分けることができます。

お勧め度は?

お勧め度は、

ツール・ド・フランス>>ジロ・デ・イタリア>ツール・ド・スイス>ブエルタ・ア・エスパーニャ

です。ツールはやはりお勧めです。世界最大のレースである、ツール・ド・フランスに照準を合わせてくる選手は非常に多く、スターが揃います。毎年、数多くの名勝負もツールの中から生まれます。

ジロ・デ・イタリアは執筆時点で開催中です。これは世界最高グレードのレースである、ツール・ド・フランスの予備選に近い存在ですが、ジロから続けてクリテリウム・ドゥ・ドーフィネツール・ド・スイスやそしてツールと視聴すると、本番(ツール)に向け、レースの流れや出場選手のプロフィールを事前に予習できるので、大変良い選択だと思います。(無料視聴期間を完全に超えてしまいますが・・笑)

ブエルタ・ア・エスパーニャはシーズンの終幕という意味合いも強いです。昨年は絶対王者アルベルト・コンタドールと、2013年の強さが人間の理論値を超えていてドーピング疑惑さえ上がった、クリストファー・フルームの凌ぎ合いが最高でした。

オススメ無料視聴日ランキング!

第1位 7月14日~26日 ツール・ド・フランス 第10戦~第21戦

伝統の一戦、ラルプ・デュエズの戦いに焦点を合わせる!

今年のツールは3週目のアルプス山脈での山岳4連戦が大会の大きなポイントとなるでしょう。
そして最終日前日の第20戦ラルプ・デュエズでの戦いにおいて第102回ツール・ド・フランスの王者が決まります。

(第21戦はパリ・シャンゼリゼでのパレード・ランなので、総合順位が変動することはありません。)

ラルプ・デュエズといえば、近年はレース期間の中盤に設定されていた最難関の山岳コースです。
そしてその長い伝統から、フランス人をはじめとする全世界のツールファンに愛されるコースです。

恐らく移動距離の配慮から、中盤でしか設定できなかったにもかかわらず、今回は何と最終決戦の地です。
新しい試みで、これは大変に面白いですが!
選手や現地観光客からすると、大変です。

なにしろ第20戦のラルプから第21戦のパリまで、レース会場の距離が650kmもあります!google map

第20戦のラルプと第21戦のパリ・シャンゼリゼを両方現地観戦される方は、壮絶な時間との戦いを強いられるでしょう。

ラルプの上り下りはロープウェーなどの利用も必須で、その混雑具合で、下山までに時間がかかることから、
実際の距離通りの時間でパリに到着することは物理的に不可能でしょう。

そのため現地観戦者は、どちらかの観戦を諦めなければなりません。
大波乱必至のラルプを見るか? それとも戦いを終えた選手たちの勇姿を見るか?
苦渋の選択を強いられます。

がしかし!

テレビ視聴者にはそんなことは関係ありません!
距離の問題に悩まされることなく、どっちも見ることができます。

この歴史的な決戦をリアルタイムで見られるという、またとないチャンスを、是非お見逃しのないように!

参考動画:ツール・ド・フランス2013ダイジェスト

モン・ヴァントゥの決戦(stage15)におけるフルームの異常なトルクに注目。ナイロ・キンタナとの激戦にしびれます。なおこのときのコンタドールはかなり初期の段階で脱落しています。(9:14~)

第2位 6月8日~21日 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ~ツール・ド・スイス

先ほどから伏線として挙げておりましたツール・ド・スイスですが、このレース、ものすごく景色が綺麗なんです!ご家族がロードレースファンじゃなくても、その景色を一緒に楽しむことができます。それとツール・ド・を直前に控えたスイスのレースを視聴することによって、サイクルロードレースの試合の流れなどを予習する事ができるので、初心者には一石二鳥です!

ただツール・ド・スイスは6月14日から21日の8日間と短いので、6月8日からの、南フランスを舞台に行われる、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネから視聴されるのが最もお勧めです。

一昔前、「南仏プロヴァンスの12か月」が流行書籍となりましたが、その南仏を舞台に繰り広げられるレースなのですから、こちらも、景色の美しいことは、言うまでもありません。
なおドーフィネは日本選手では、土井雪広選手が出場したことがあり、逃げ集団を牽引するなどの力強い活躍を見せた事もあります。

第3位 5月13日~26日 ジロ・デ・イタリア 第5戦~第16戦

何事もなければ、アルベルト・コンタドールの圧勝に終わるレースですが、この絶対王者の走りを見られる素晴らしい機会です。
コンタドールがツール・ド・フランスに出るかは、確定事項ではないですし、「来年引退する」と公言していますから、「いずれ伝説になるであろう選手の走りを見るなら今!」というのは間違いないでしょう。

序盤の山場は第5ステージにあります。
こちらのコースプロフィールを参照いただければと思いますが、山頂ゴールなのでゴール直前の各選手の凌ぎ合いに、手に汗握ることは必至です。

最終日に帳尻を合わせたい方は、5月18日からご視聴ください。

参考動画:ジロ・デ・イタリア2014ダイジェスト

↑サムネイルの彼が2013年の「モン・ヴァントゥの戦い」でフルームに徹底抗戦したナイロ・キンタナであり、ジロ2014の総合勝者です。

第4位 8月31日~9月13日 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10戦~第21戦

ブエルタは昨年は最高の戦場になったのは先ほど申した通りで、仮にツールが本命のリタイア続きの大乱戦となった場合、本命格は、最後のブエルタに焦点を合わせます。
現にコンタドールもフルームも、2014年はツール・ド・フランスでは落車でリタイアしており、リベンジ・マッチということでブエルタで火花を散らせました。

しかしながら毎年必ず、超大物が出場するというわけではないのと、例年、供給される映像の画質が悪く、あまり景色は綺麗ではないことと、シーズン終幕なので、それ以降見るべきロードレースが存在しなくなるという欠点があります。
(ツール・ド・フランスは映像のクオリティも最高級です。)
ブエルタの終了がシーズン終了を示唆していますから、無料視聴をすっぱりやめられる!という意味ではおすすめであることは間違いありません。

参考動画:ブエルタ・ア・エスパーニャ2014ダイジェスト

https://youtube.com/watch?v=v4mRHhTGVaE

2013年のツールではフルームに圧倒されたコンタドールですが、見事雪辱を果たします。

いかがでしょうか?

ロードレースを見るのは、スカパー!の無料期間を有効利用できる最も良い機会です。
ぜひこの機会に、無料視聴からサイクルロードレースの世界を体験してみるのはいかがでしょうか。

当サイトでもサイクルロードレース情報は、随時更新しております。
定期的にチェックされることをお勧めいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

サイクルロードレース 人気記事