MSIからマザーボード4製品が新登場。「970A-G43 PLUS」はAMD FXユーザーのマザボ載せ換えにおすすめ!

MSI製マザーボードの新モデル、「H170I PRO AC」、「B150M MORTAR」、「H110I PRO」、「970A-G43 PLUS」の販売が1月30日より開始されました。

h170i-pro-ac_01出典:アスク

それぞれのスペック、価格、特徴についてご紹介させていただきます。

スペック表

新たに発売された4モデルの詳細なスペックと、参考価格を表にまとめました。

モデル名 H170I PRO AC B150M MORTAR H110I PRO 970A-G43 PLUS
ソケット LGA1151 LGA1151 LGA1151 AM3+
チップセット Intel H170 Intel B150 Intel H110 AMD970+SB950
フォームファクタ Mini-ITX microATX Mini-ITX ATX
メモリスロット DDR4×2(最大32GB) DDR4×4(最大64GB) DDR4×2(最大32GB) DDR3×4(最大32GB)
拡張スロット PCI-E3.0(×16)×1 PCI-E3.0(×16)×2/PCI-E3.0(×1)×2 PCI-E3.0(×16)×1 PCI-E2.0(×16)×2/PCI-E2.0(×1)×2/PCI×2
対応ストレージ SATA3.0 ×4/M.2 ×1 SATAE×1/SATA3.0×6 SATA3.0 ×4/M.2 ×1 SATA3.0×6
LAN Realtekギガビット×1 Realtekギガビット×1 Realtekギガビット×1 Realtekギガビット×1
サウンド 7.1ch HD 7.1ch HD 7.1ch HD 7.1ch HD
インターフェース USB3.1×1
USB2.0×4
DVI-D×1
HDMI×1
PS/2×1
USB3.0×4
USB2.0×2
S/PDIF×1
DVI-D×1
HDMI×1
VGA×1
USB3.1×2
USB2.0×4
DVI-D×1
HDMI×1
PS/2×1
USB3.1×2
USB2.0×6
PS/2×2
参考価格 18,000円前後 13,000円前後 10,000円前後 11,000円前後

「970A-G43 PLUS」のみAMD製CPU向けのマザーボードとなります。

特徴

4製品それぞれの特徴について簡単に紹介します。

H170I PRO AC

Intel H170 Expressチップセット搭載のMini-ITXマザーボードです。
最新のDDR4メモリーをサポートするほか、ビジネス向けのネットワーク機能「Intel Small Business Advantage」と「Small Business Basics」に対応しています。

また、メモリ動作用の回路を、他のコンポーネントから独立させることで、メモリの安定性を向上させる「DDR4 Boostテクノロジー」に対応しています。

B150M MORTAR

ゲーミングPC向けのマザーボードです。最大64GBのDDR4メモリや、2-way CrossFireのマルチGPUに対応します。
電磁波による影響を受けにくい独立オーディオ回路や、高性能コンデンサの採用により、クリアで迫力のあるゲームサウンドも楽しめるようになっています。

H110I PRO

Intel H110 Expressチップセットを採用したビジネス向けに最適なMini-ATXマザーボードです。
ビジネス向けのネットワーク機能「Intel Small Business Advantage」と「Small Business Basics」に対応しています。
また、MSI独自の「ミリタリークラス4」準拠。優れた耐熱性や対振動性により、長期間にわたって安定したパフォーマンスを発揮します。

970A-G43 PLUS

AMD FXシリーズやSempron向けの、AMD970チップセット採用のATXマザーボードです。
DDR3-2133のオーバークロックメモリーやAMD 2-way CrossFireに対応し、ゲーミングPCの構築に適しています。
また独自にUSB3.1といった最新規格にも対応しています。

USB3.1を備えたAMD FXシリーズ向けのマザーボードは珍しいです。
古いマザーボードを利用中のFXユーザーの方は載せ換えにいかがでしょうか?

Frontierがダントツ

(お知らせ)2017年より、毎月ドスパラやマウスコンピューターなど、有名BTOサプライヤーとの徹底比較を行ってまいりましたが、Frontierに構成や価格で勝る所は存在しませんでした。

自作歴18年、自作PC数23台の管理人のおすすめ構成ですので、ご安心してお求めください。

月末祭開催!

  • Corei7-9700(45,000円)
  • M.2 NVMe 512GB + HDD 2TB (25,000円)

自作の場合、上記の時点ですでに7万円

  • 600W GOLD電源(8,000円)
  • 16GBメモリ(4,000円)
  • マザボ・ケース(20,000円)

10万円は絶対に超えてしまう商品がこの値段。( ^ω^)・・・

フロンティアおすすめ構成例

※常に在庫が変動している関係から、商品構成が変わっている可能性があります。
逐一チェックはしておりますが、不備がございましたらご容赦ください。

Ryzen

  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
  • SSD:1TB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:850W

Intelを性能・コストで完全に抜き去ったといわれる第3世代Ryzenを早速採用し、SSD1TB、HDD2TBの大容量、そして電源が850Wという衝撃仕様。(今までこの容量は激安BTOで見たことがありませんでした)

ダメだこれは今すぐ買いだわ…

Intel

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【PC】東芝メモリ、SLC技術でTLC比10倍高速なストレージクラスメモリ ~業界最速を謳う6.4GB/s転送可能な30TB SSDも
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/07(水) 15:52:42.13 ID:CAP_USER XL-FLASH  東芝メモリ株式会社は6日、高速フラッシュメモリ「XL-FLASH」を開発を発表した。9月より128Gbitチップのサンプル出荷を開始し、2020年より量産を開始する。  XL-FLASHは、96層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」を、セルあたり1ビットのみ記録するSLC技術を用いて、高速な読み出し/書き込みを可能にした製品。  高度な並列処理を実現する16プレーンアーキテクチャと、4KBページファイルを採用。2段/4段/8段の積層が可能となっている。  東芝メモリでは、DRAMとストレージの大きな速度差を埋める、「ストレージクラスメモリ」用の製品として位置づけており、リード時レイテンシは5μs未満と小さく、転送速度も既存のTLC比で約10倍高速としている。  まずはSSDとして製品展開されるが、将来的にNVDIMMなどDRAMバス上のメモリチャネルデバイスとしても投入される

続きを読む

【xyzzで4Dとな…】韓国SKハイニックス、128層の4DNAND世界初開発
【SSD】SSDの価格の値下がり傾向が加速、そして1TBが主流に…いつ買えば
【ストレージ】30年前の俺「100MBのHDD20万で買ったわww」 今の俺「1TBのmicroSD5万で買ったわww」
【IT】SSDより速い! Intelの新ドライブ「Optane 800P」をレビュー (ネット反応まとめ)

「マザボ・メモリ・HDD」記事をもっと見る