1: 2017/12/04(月) 14:09:42.31 ID:CAP_USER9 ITmedia 2017年12月04日13時16分 公開 「FREETEL」ブランドで知られたプラスワン・マーケティングが東京地裁に民事再生法の適用を申請した。 「資金繰りの悪化により、債権者に支払いを継続することが困難になったため」という。 SIMロックフリースマートフォンの製造・販売を手掛けるプラスワン・マーケティングは12月4日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。 「資金繰りの悪化により、債権者に支払いを継続することが困難になったため」という。帝国データバンクによると、負債総額は債権者約185人に対して約26億円。 スポンサー候補として、モバイル通信サービスを提供するMAYA SYSTEMと基本合意したという。 プラスワンは2012年10月創業。「FREETEL」ブランドによるSIMロックフリー端末の製造・販売事業と、MVNO事業を手掛けてきた。 女優の佐々木希さんやタレントの高田純次さんを起用したテレビCMを...