M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!

SSDの高速化は目覚ましく、SATA3の帯域では転送速度が足りないというレベルまで達しました。

そこで、M.2接続のSSDが注目されています。2015年の中ごろから対応製品が大幅に増え、今後システムドライブはM.2接続が主流になるでしょう。

ここでは、M.2接続とSATA3接続のSSDの速度比較、M.2接続を利用できるマザーボード、M.2 SSDの主なラインナップを紹介しています。

M.2 SSD vs SATA3 SSDの速度比較

まずは比較に用いるM.2接続のSSDとSATA3接続のSSDですが、それぞれ最新モデルである以下の2製品を選びました。

  • M.2接続のSSD

SAMSUNG MZVPV256HDGL-00000 SM951 NVMe版 M.2 SSD 256GB バルク品[並行輸入品]

PCI Express x4(3.0)とSSDに特化したプロトコルであるNVM Expressに対応した「Samsung SM951(256GB)
SM951は2016年1月現在、M.2接続のSSDではトップクラスのデータ転送速度を誇ります。

  • SATA3接続のSSD

SATA3接続のSSDにはSamsungの「850 EVO MZ-75E250B/CS(250GB)」を選択しました。
記憶領域の一部をキャッシュ化することで、従来のモデルよりもランダムリード/ライト性能が向上しています。

それでは、両者の性能差がどれくらいなのか比較してみます。

転送速度比較

SM951(M.2) 850EVO(STAT3)
シーケンシャルリード 2,150MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 1,200MB/秒  520MB/秒
4KBランダムリード 90,000IOPS 10,000IOPS
4KBランダムライト 70,000IOPS  40,000IOPS

4KBランダムリード/ライトというのは、記憶領域の様々な場所に散らばった小さなファイルを読み書きするときの性能を表します。
IOPSは1秒間に書き込み、読み込みできる回数のことです。

表にしてみると一目瞭然ですね。
M.2接続のSSDの方が圧倒的に速いです。

シーケンシャルリード/ライトで1GB/秒を超えています。これは一昔前のメインメモリの転送速度並みですね(汗
また、4KBランダムリード/ライトの性能がM.2接続の方が圧倒的に高いので、OSの起動やアプリケーションの起動が大幅に早くなるでしょう。

M.2接続のSSDが全てにおいて高速。
これから買うならM.2接続のSSDが断然おすすめ!

M.2接続を利用できるマザーボード

普通のPCに接続できるの?と不安に思う方もいらっしゃると思いますので、M.2接続が可能なマザーボード見ておきましょう。

M.2接続はインテルZ97/H97シリーズのチップセットからサポートされるようになりました。
現在販売されている、Skylake対応のZ170/H170シリーズのマザーボードであれば、M.2接続に対応しています。

これら3つのマザーボードが人気が高くおすすめです。

M.2 SSDラインナップ

最後に、最初に比較したSamsung(サムスン) SM951をはじめとするラインナップを紹介しておきます。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,150MB/秒 1,200MB/秒 16,650円 65.0円

読み書きの速度のバランスに優れているうえ、価格も他のM.2接続のSSDに比べると安いです。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,200MB/秒 900MB/秒 22,800円 89.1円

最新のV-NAND技術を利用したSSDです。最大読み込み速度がSM951よりも速いのが特徴です。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 770MB/秒 580MB/秒 22,680円 88.6円

信頼性の高い東芝製のメモリチップを搭載しています。サーバなどの用途におすすめです。

SM951が、これからM.2 SSDの購入を考えている方に最もおすすめのモデルです。

最後に

SM951は、M.2SSDのシーケンシャルリード/ライトが1G超えと超高速であり、安価であるという魅力的なモデルになっています。

M.2接続のSSDはPCの性能を限界まで引き出したい方にとっては必須のアイテムですね。
特に、動画編集のように大きなデータを扱う方にとっては大きなメリットとなりそうです。

追記:M.2SSDの発熱について(5/15)

コメントにてご指摘をいただきましたので、M.2 SSDの発熱について追記させていただきます。

現在販売されているM.2SSDは、ケースの大きさやエアフロー(空気の流れ)が十分でない場合は、80度を超えるようなこともあります。
高温状態が続くと、SSDの動作速度が落ちたり、チップの寿命を縮めたりする原因になりかねません。
ストレージ監視ソフト(CrystalDiskInfoなど)で温度を監視し、高温状態が続くようでしたら、ヒートシンクを追加したり、ファンの風が当たるように調整する必要がある点にはご注意ください。

ヒートシンクは、以下のような製品が利用できます。

アイネックス チップ用マルチヒートシンク HM-19A
AINEX (2013-03-19)
売り上げランキング: 1,172

【Frontier】2019年BTOランキング【一強】

2019年春の概況と戦略

グラボはRTX系の台頭によりRTX2070がベーススペックになってきています。
intelのCPUは需要増で価格上昇、社会問題にまで波及していますが価格としては決して求めやすくなく、フロンティア当たりは年初来から値下がりまでしているという奮闘ぶり。

しかしその他のPCも負けじと、最近臍をかんでいたドスパラや、独自路線でクオリティを追及していたサイコムの低価格化などもあり、混戦模様となってきました。どれにするか迷うところ。

ランク概略

紹介ベーススペック

  • CPU:Corei7-9700
  • MEM:16GB
  • グラボ:RTX2070
  • SSD:500GB
  • HDD:3TB
  • 電源:800W

Frontier 👑

商品の変動が激しいので、セール会場からお探しください。

堂々のスペック、文句なしの価格帯。
常に変動するセールでFrontierの神髄を心行くまで楽しんでください。

ドスパラ

トップページから、ガレリア XFを検索

179,980円 でしかもi7-9700Kへのアップグレードはかなり攻めてます。
メモリ8GBはもはやドスパラの意地とお見受けした!

分割手数料が最大48回まで無料なのもアツい!!

 

サイコム

トップページから、G-Master Spear Z390を検索

178,509円

大幅刷新

サイコムは価格よりも機能性に優れていることで定評があります。価格よりも実力!ですが今般ついに価格も他のBTOに追いついたものをリリース! 長く愛用されたい方はこの選択し、絶対に在りだと思います。

基本的には、なかなか単純な自作ではここまでには至れないプロ仕様なので、ある意味1位の商品といっても過言ではありません。

マウスコンピューター

トップページから、NEXGEAR i690GA4を検索

199,800円

この値段を標準構成とすれば、完璧なスペックといえるでしょう。
パーツなどを付けたしなどをしなくても完結しているパーツ選びの実力は素晴らしいと思います。

パソコン工房

トップページから、LEVEL-R039-i7K-TOVIと検索

179,980円(前月:179,980円)

しいて言えばメモリ8GB、HDD1TBといったくらいで、これも特に文句はありません。
500Wと過去には弱かった電源も、700Wを標準装備に変えてきました。ありです!

こちらも分割手数料無料!

横ばい化…か

RX2060をベースとするモデルにおいて、価格帯で分けるのであれば、

となります。マウスは完璧な構成ですが、価格としてはフロンティアは絶対王者です。

しかしその他も含め全体的に価格差がなくなってきており、混戦となっているのも事実。
限定セールなどでタイミングを見計らうのが吉かもしれません。

テック・ゲーム

【ストレージ】30年前の俺「100MBのHDD20万で買ったわww」 今の俺「1TBのmicroSD5万で買ったわww」
1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) 2019/02/26(火) 13:51:53.56 ID:3uLiCaXg0● BE:886559449-PLT(22000) 世界初の容量1TBのmicroSDカードをサンディスクとMicronが同時発表 SanDisk(サンディスク)はこれまで2016年9月に世界初の容量1TBのSDXCカードを発表し、 2017年9月には世界初となる容量400GBのmicroSDカードを発表してきましたが、これに続き 2019年2月に新たに世界初の容量1TBとなるmicroSDカードを発表しています。 フラッシュメモリー製品を中心に取り扱うSanDiskおよびMicronが、それぞれUHS-I対応の 世界初となる容量1TBのmicroSDカードをスペイン・バルセロナで開催されている MWC Barcelona 2019の中で発表しました。 Micronが発表したUHS-I対応の容量1TBのmicroSDカードは、「Micron c200 1TB microSDカード」。 先進的な96層3Dクワッドレベルセル

続きを読む

【IT】SSDより速い! Intelの新ドライブ「Optane 800P」をレビュー (ネット反応まとめ)
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
【NAS】Synology初の6ベイタワー型NASキット「DS3018xs」発売、10GbE NICやM.2 SSDの増設に対応【反応まとめ】
【PC】グラボ13枚挿しマザボ「H110 Pro BTC+」お披露目 3400Wという変態的消費電力(反応まとめ)

「マザボ・メモリ・HDD」記事をもっと見る