M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!

SSDの高速化は目覚ましく、SATA3の帯域では転送速度が足りないというレベルまで達しました。

そこで、M.2接続のSSDが注目されています。2015年の中ごろから対応製品が大幅に増え、今後システムドライブはM.2接続が主流になるでしょう。

ここでは、M.2接続とSATA3接続のSSDの速度比較、M.2接続を利用できるマザーボード、M.2 SSDの主なラインナップを紹介しています。

M.2 SSD vs SATA3 SSDの速度比較

まずは比較に用いるM.2接続のSSDとSATA3接続のSSDですが、それぞれ最新モデルである以下の2製品を選びました。

  • M.2接続のSSD

SAMSUNG MZVPV256HDGL-00000 SM951 NVMe版 M.2 SSD 256GB バルク品[並行輸入品]

PCI Express x4(3.0)とSSDに特化したプロトコルであるNVM Expressに対応した「Samsung SM951(256GB)
SM951は2016年1月現在、M.2接続のSSDではトップクラスのデータ転送速度を誇ります。

  • SATA3接続のSSD

SATA3接続のSSDにはSamsungの「850 EVO MZ-75E250B/CS(250GB)」を選択しました。
記憶領域の一部をキャッシュ化することで、従来のモデルよりもランダムリード/ライト性能が向上しています。

それでは、両者の性能差がどれくらいなのか比較してみます。

転送速度比較

SM951(M.2) 850EVO(STAT3)
シーケンシャルリード 2,150MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 1,200MB/秒  520MB/秒
4KBランダムリード 90,000IOPS 10,000IOPS
4KBランダムライト 70,000IOPS  40,000IOPS

4KBランダムリード/ライトというのは、記憶領域の様々な場所に散らばった小さなファイルを読み書きするときの性能を表します。
IOPSは1秒間に書き込み、読み込みできる回数のことです。

表にしてみると一目瞭然ですね。
M.2接続のSSDの方が圧倒的に速いです。

シーケンシャルリード/ライトで1GB/秒を超えています。これは一昔前のメインメモリの転送速度並みですね(汗
また、4KBランダムリード/ライトの性能がM.2接続の方が圧倒的に高いので、OSの起動やアプリケーションの起動が大幅に早くなるでしょう。

M.2接続のSSDが全てにおいて高速。
これから買うならM.2接続のSSDが断然おすすめ!

M.2接続を利用できるマザーボード

普通のPCに接続できるの?と不安に思う方もいらっしゃると思いますので、M.2接続が可能なマザーボード見ておきましょう。

M.2接続はインテルZ97/H97シリーズのチップセットからサポートされるようになりました。
現在販売されている、Skylake対応のZ170/H170シリーズのマザーボードであれば、M.2接続に対応しています。

これら3つのマザーボードが人気が高くおすすめです。

M.2 SSDラインナップ

最後に、最初に比較したSamsung(サムスン) SM951をはじめとするラインナップを紹介しておきます。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,150MB/秒 1,200MB/秒 16,650円 65.0円

読み書きの速度のバランスに優れているうえ、価格も他のM.2接続のSSDに比べると安いです。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,200MB/秒 900MB/秒 22,800円 89.1円

最新のV-NAND技術を利用したSSDです。最大読み込み速度がSM951よりも速いのが特徴です。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 770MB/秒 580MB/秒 22,680円 88.6円

信頼性の高い東芝製のメモリチップを搭載しています。サーバなどの用途におすすめです。

SM951が、これからM.2 SSDの購入を考えている方に最もおすすめのモデルです。

最後に

SM951は、M.2SSDのシーケンシャルリード/ライトが1G超えと超高速であり、安価であるという魅力的なモデルになっています。

M.2接続のSSDはPCの性能を限界まで引き出したい方にとっては必須のアイテムですね。
特に、動画編集のように大きなデータを扱う方にとっては大きなメリットとなりそうです。

追記:M.2SSDの発熱について(5/15)

コメントにてご指摘をいただきましたので、M.2 SSDの発熱について追記させていただきます。

現在販売されているM.2SSDは、ケースの大きさやエアフロー(空気の流れ)が十分でない場合は、80度を超えるようなこともあります。
高温状態が続くと、SSDの動作速度が落ちたり、チップの寿命を縮めたりする原因になりかねません。
ストレージ監視ソフト(CrystalDiskInfoなど)で温度を監視し、高温状態が続くようでしたら、ヒートシンクを追加したり、ファンの風が当たるように調整する必要がある点にはご注意ください。

ヒートシンクは、以下のような製品が利用できます。

アイネックス チップ用マルチヒートシンク HM-19A
AINEX (2013-03-19)
売り上げランキング: 1,172

Frontierがダントツ

(お知らせ)2017年より、毎月ドスパラやマウスコンピューターなど、有名BTOサプライヤーとの徹底比較を行ってまいりましたが、Frontierに構成や価格で勝る所は存在しませんでした。

自作歴18年、自作PC数23台の管理人のおすすめ構成ですので、ご安心してお求めください。

月末祭開催!

  • Corei7-9700(45,000円)
  • M.2 NVMe 512GB + HDD 2TB (25,000円)

自作の場合、上記の時点ですでに7万円

  • 600W GOLD電源(8,000円)
  • 16GBメモリ(4,000円)
  • マザボ・ケース(20,000円)

10万円は絶対に超えてしまう商品がこの値段。( ^ω^)・・・

フロンティアおすすめ構成例

※常に在庫が変動している関係から、商品構成が変わっている可能性があります。
逐一チェックはしておりますが、不備がございましたらご容赦ください。

Ryzen

  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
  • SSD:1TB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:850W

Intelを性能・コストで完全に抜き去ったといわれる第3世代Ryzenを早速採用し、SSD1TB、HDD2TBの大容量、そして電源が850Wという衝撃仕様。(今までこの容量は激安BTOで見たことがありませんでした)

ダメだこれは今すぐ買いだわ…

Intel

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【PC】東芝メモリ、SLC技術でTLC比10倍高速なストレージクラスメモリ ~業界最速を謳う6.4GB/s転送可能な30TB SSDも
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/07(水) 15:52:42.13 ID:CAP_USER XL-FLASH  東芝メモリ株式会社は6日、高速フラッシュメモリ「XL-FLASH」を開発を発表した。9月より128Gbitチップのサンプル出荷を開始し、2020年より量産を開始する。  XL-FLASHは、96層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」を、セルあたり1ビットのみ記録するSLC技術を用いて、高速な読み出し/書き込みを可能にした製品。  高度な並列処理を実現する16プレーンアーキテクチャと、4KBページファイルを採用。2段/4段/8段の積層が可能となっている。  東芝メモリでは、DRAMとストレージの大きな速度差を埋める、「ストレージクラスメモリ」用の製品として位置づけており、リード時レイテンシは5μs未満と小さく、転送速度も既存のTLC比で約10倍高速としている。  まずはSSDとして製品展開されるが、将来的にNVDIMMなどDRAMバス上のメモリチャネルデバイスとしても投入される

続きを読む

【xyzzで4Dとな…】韓国SKハイニックス、128層の4DNAND世界初開発
【SSD】SSDの価格の値下がり傾向が加速、そして1TBが主流に…いつ買えば
【ストレージ】30年前の俺「100MBのHDD20万で買ったわww」 今の俺「1TBのmicroSD5万で買ったわww」
【IT】SSDより速い! Intelの新ドライブ「Optane 800P」をレビュー (ネット反応まとめ)

「マザボ・メモリ・HDD」記事をもっと見る