M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!

SSDの高速化は目覚ましく、SATA3の帯域では転送速度が足りないというレベルまで達しました。

そこで、M.2接続のSSDが注目されています。2015年の中ごろから対応製品が大幅に増え、今後システムドライブはM.2接続が主流になるでしょう。

ここでは、M.2接続とSATA3接続のSSDの速度比較、M.2接続を利用できるマザーボード、M.2 SSDの主なラインナップを紹介しています。

M.2 SSD vs SATA3 SSDの速度比較

まずは比較に用いるM.2接続のSSDとSATA3接続のSSDですが、それぞれ最新モデルである以下の2製品を選びました。

  • M.2接続のSSD

SAMSUNG MZVPV256HDGL-00000 SM951 NVMe版 M.2 SSD 256GB バルク品[並行輸入品]

PCI Express x4(3.0)とSSDに特化したプロトコルであるNVM Expressに対応した「Samsung SM951(256GB)
SM951は2016年1月現在、M.2接続のSSDではトップクラスのデータ転送速度を誇ります。

  • SATA3接続のSSD

SATA3接続のSSDにはSamsungの「850 EVO MZ-75E250B/CS(250GB)」を選択しました。
記憶領域の一部をキャッシュ化することで、従来のモデルよりもランダムリード/ライト性能が向上しています。

それでは、両者の性能差がどれくらいなのか比較してみます。

転送速度比較

SM951(M.2) 850EVO(STAT3)
シーケンシャルリード 2,150MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 1,200MB/秒  520MB/秒
4KBランダムリード 90,000IOPS 10,000IOPS
4KBランダムライト 70,000IOPS  40,000IOPS

4KBランダムリード/ライトというのは、記憶領域の様々な場所に散らばった小さなファイルを読み書きするときの性能を表します。
IOPSは1秒間に書き込み、読み込みできる回数のことです。

表にしてみると一目瞭然ですね。
M.2接続のSSDの方が圧倒的に速いです。

シーケンシャルリード/ライトで1GB/秒を超えています。これは一昔前のメインメモリの転送速度並みですね(汗
また、4KBランダムリード/ライトの性能がM.2接続の方が圧倒的に高いので、OSの起動やアプリケーションの起動が大幅に早くなるでしょう。

M.2接続のSSDが全てにおいて高速。
これから買うならM.2接続のSSDが断然おすすめ!

M.2接続を利用できるマザーボード

普通のPCに接続できるの?と不安に思う方もいらっしゃると思いますので、M.2接続が可能なマザーボード見ておきましょう。

M.2接続はインテルZ97/H97シリーズのチップセットからサポートされるようになりました。
現在販売されている、Skylake対応のZ170/H170シリーズのマザーボードであれば、M.2接続に対応しています。

これら3つのマザーボードが人気が高くおすすめです。

M.2 SSDラインナップ

最後に、最初に比較したSamsung(サムスン) SM951をはじめとするラインナップを紹介しておきます。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,150MB/秒 1,200MB/秒 16,650円 65.0円

読み書きの速度のバランスに優れているうえ、価格も他のM.2接続のSSDに比べると安いです。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 2,200MB/秒 900MB/秒 22,800円 89.1円

最新のV-NAND技術を利用したSSDです。最大読み込み速度がSM951よりも速いのが特徴です。

容量 最大読み込み速度 最大書き込み速度 参考価格 1GBあたりの価格
256GB 770MB/秒 580MB/秒 22,680円 88.6円

信頼性の高い東芝製のメモリチップを搭載しています。サーバなどの用途におすすめです。

SM951が、これからM.2 SSDの購入を考えている方に最もおすすめのモデルです。

最後に

SM951は、M.2SSDのシーケンシャルリード/ライトが1G超えと超高速であり、安価であるという魅力的なモデルになっています。

M.2接続のSSDはPCの性能を限界まで引き出したい方にとっては必須のアイテムですね。
特に、動画編集のように大きなデータを扱う方にとっては大きなメリットとなりそうです。

追記:M.2SSDの発熱について(5/15)

コメントにてご指摘をいただきましたので、M.2 SSDの発熱について追記させていただきます。

現在販売されているM.2SSDは、ケースの大きさやエアフロー(空気の流れ)が十分でない場合は、80度を超えるようなこともあります。
高温状態が続くと、SSDの動作速度が落ちたり、チップの寿命を縮めたりする原因になりかねません。
ストレージ監視ソフト(CrystalDiskInfoなど)で温度を監視し、高温状態が続くようでしたら、ヒートシンクを追加したり、ファンの風が当たるように調整する必要がある点にはご注意ください。

ヒートシンクは、以下のような製品が利用できます。

アイネックス チップ用マルチヒートシンク HM-19A
AINEX (2013-03-19)
売り上げランキング: 1,172

【Frontier】2019年BTOランキング【一強】

2019年1月概況と戦略

GTX1080の価格が7万円台とかなり押し込まれ買いやすくなった2018年。RTX系の台頭によりRTX2070がベーススペックになってきています。
intelのCPUは需要増で価格が上がる結果になった年末、価格の下落もなく微妙なライン。そのため、なかなか価格には転嫁されないのがBTOの宿命。

2019年も依然としてFrontierが圧倒的価格を誇っています。ノーパソも安い!

紹介ベーススペック

  • CPU:Corei7-8700(or 8700K)
  • MEM:16GB
  • グラボ:RTX2070
  • SSD:500GB
  • HDD:3TB
  • 電源:800W

アマゾンでi7-8700(16GB)+GTX1080マシンを自作したときの価格[2018/5]

項目 型番 参考価格
チップセット Z370 ¥24,000
CPU Corei7 8700 ¥41,000
グラボ RTX2070 ¥80,000
SSD 500GB ¥10,000
HDD 3TB ¥9,300
メモリ 16GB ¥18,000
OS win10 ¥13,000
ケース SAMA ¥5,000
電源 800W ¥11,800
合計 \212,100

悲しき哉。今年の第一四半期より約1.8万円高くなっています…212,100円をベース価格として覚えておいてください。

注:以下価格は税抜き表記です。

Frontier 👑

商品の変動が激しいので、セール会場からお探しください。

10月31日の月末セールからピックアップ。

最新グラボのPCがゲロ安

ベーススペックより良いグラボを実装し、それでいて価格がほぼ同じという脅威。850W電源は拡張性の面からも神です。

スタンダードモデルながらゲーマーも納得 それでいてこの価格

ゲーマーとして最低は欲しいGTX060。それを搭載し、i7-8700″K”とまだまだ最新世代CPUを載せてこの値段。自作するのをなげうちたくなること請け合いです。



Xiaomiのノートより安い…💦

私はXiaomiのノートを愛用していますが、8700Uに8GBメモリで11万くらいでした。
こちらは…GTX1050Tiに8750Hにメモリ16GBにSSD480…いやもう完全に常軌を逸していますよ。

持ち運びはどうなのかな‥というくらいの揚げ足の取り方しかできないのが悲しい。

常に変動するセールでFrontierの神髄を心行くまで楽しんでください。

マウスコンピュータ

トップページからNEXTGEAR i670PA1-14と検索

189,800円(前月:179,800円)

変化なし

注意点:SSDなし、700W電源

少し値上がりしてしまいました。

第3位:ドスパラ

196,980円(前月:189,980円)

値上げ

残念、値上がりしてしまいました。分割購入にはおすすめです。

 

サイコム

277,520円税込

値上がり

サイコムは価格よりも独自路線での勝負です。水冷クーラー採用で冷却性能を高めグラボとCPUを冷やしまくってくれます。

この価格の標準搭載グラボは1070Tiですが、AMDのRadeon Vegaシリーズ後に投入されたものであり、GTX1080と同一性能と考えても差し支えありません。

イロモノ枠ですが、なかなか単純な自作ではここまでには至れないプロ仕様なので、ある意味1位の商品ではあります。夏場も静かで安定、快適なゲーミングを志す方にはうってつけでしょう。

パソコン工房

トップページからLEVEL-R037-i7K-VNR-GCPと検索

179,980円(前月:179,980円)

横ばい

注意:SSDなし、500W電源

最後に表を出しますが、やはり実装がさみしいため、順位を最下位にしました。

各社総合比較

  フロンティア マウス サイコム ドスパラ PC工房
CPU 8700 8700K 8700K 8700K 8700K
グラボ 1080 1080 1070Ti 1070Ti 1080
メモリ 16GB 16GB 16GB 8GB 16GB
HDD 1TB 1TB 2TB 1TB
SSD 240GB 500GB 640GB
電源 850W 700W 750W 500W 500W
その他 OSオプション
価格 159,800円 189,800 274,650 189,980 179,980

性能が他社PCと比較すると劣るものにはを、優れているものにはを着色しています。

こう見るとフロンティア一強のような気がするのですが……
その他が高いのではなく横並び(サイコムは特殊なので例外)なので、むしろフロンティアが安すぎるのかなと思います。

テック・ゲーム

【IT】SSDより速い! Intelの新ドライブ「Optane 800P」をレビュー (ネット反応まとめ)
1: ニライカナイφ ★ 2018/03/18(日) 13:59:45.44 ID:CAP_USER9 ◆SSDより速い! Intelの新ドライブ「Optane 800P」をレビュー お値段だけがネック? すでに十分に高速なPCを使っているとしましょう。 Intel最新の6コア構成となるCore i7プロセッサーに、Nvidia 1080のグラフィックスカード、そして大容量RAMを搭載したマシンです。 でも、Intelの新しいスティック型ストレージ「Optane 800P」を挿せば、ググッと世界が変わるんですよね! Optane 800Pは、いま買える最速のストレージとなることでしょう。 でも、とにかく高いのが悩みの種です。 なんといっても、SSDの3.5倍は高くなってしまいますから。 ただし、いつの時代も、最先端のテクノロジーを満喫しようと思えば、お金がかかるのは仕方ないことかもしれませんけど…。 https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/03/16/180

続きを読む

【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
【NAS】Synology初の6ベイタワー型NASキット「DS3018xs」発売、10GbE NICやM.2 SSDの増設に対応【反応まとめ】
【PC】グラボ13枚挿しマザボ「H110 Pro BTC+」お披露目 3400Wという変態的消費電力(反応まとめ)
【PC自作】第7世代CPUが認識しない原因はBIOSにあるかも!?旧世代マザボには要注意(Dr.Debug19)

「マザボ・メモリ・HDD」記事をもっと見る

マザボ・メモリ・HDD 人気記事