iPhone 6s / 6S Plus キャリア別のSIMロック解除方法や手続き方法・条件・費用とは!?

2015年9月25日に発売されたiPhone 6s / 6s Plusが、2016年3月25日以降、順次SIMロック解除が可能となります。

ここで、手続き方法や料金についてみていきましょう。

SIMロックとは

キャリアがそれぞれ自社のSIMカード以外では利用できないようにすることで、ユーザーを囲い込むために行っています。総務省の意向で、2015年5月より原則としてすべての機種でSIMロックの解除に応じてもらえるようになりました。

SIMロックを解除すると、他社のSIMカードや、MVNOなど格安SIMカードをキャリアの系列を考えずに自由に使うことができます。

SIMロック解除に応じてもらえる条件と手続き場所・費用

店頭 電話 Web SIMロック解除条件
ドコモ 180日経過(ただし条件付きで即日も可)
本人が購入した端末
3000円 無料
au × 180日経過
3000円 無料
ソフトバンク × 180日経過
本人が購入した端末
3000円 無料

docomoの場合

条件

SIMロックを解除するには、以下の5つの条件を満たしている必要があります。

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  2. ご利用料金の支払い実績が確認できること
  3. 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  4. 端末購入日から6カ月以上経過していること
  5. すでにドコモを解約済みの場合、解約日から3か月以内であること

docomoでは機種購入から180日経過するとSIMロックの解除ができるようになります。
ただし、iPhoneを購入する回線において、過去にSIMロックを解除した実績があり、その手続きから180日以上経過していれば、購入した日に即日でSIMロックの解除をしてもらえます。

また、ドコモの場合は本人が購入したと確認できる機種でない限りはSIMロックを解除できません。
例えば、中古で購入した端末の場合はSIMロック解除は不可です。

手続きはドコモショップ(店頭)、ドコモインフォメーションセンター(電話)、My docomo(WEB)でできます。
My docomoで手続きをする場合は手数料はかかりませんが、ドコモショップとドコモインフォメーションセンターで手続きをする場合は3000円の手数料がかかります。

auの場合

条件

auはドコモより条件が緩いです。

  1. 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること
  2. 端末購入日から180日以上経過している機種であること

auでも機種購入から180日経過するとSIMロックを解除できるようになります。
ドコモと違って、中古で購入した端末や他人から譲ってもらった端末でもSIMロック解除が可能。

手続きはauショップ(店頭)、auお客様サポート(Web)でできます。
auお客様サポートで手続きをする場合は手数料はかかりませんが、auショップで行う場合は3000円の手数料がかかります。

SoftBankの場合

条件

ソフトバンクの条件は、ドコモに近いです。

  1. 購入日から180日が経過している
  2. ネットワーク利用制限の対象ではない、または安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスを解除している
  3. 解約済み端末は、解約後90日以内、かつ契約していた本人に限り解除可能

SoftBankでも機種購入から180日が経過するとSIMロックを解除できるようになります。
ドコモと同じく、本人が購入した端末で無ければSIMロック解除ができません。

手続きはSoftbankショップ(店頭)、My SoftBank(Web)でできます。
My SoftBankで手続きをする場合は手数料はかかりませんが、SoftBankショップで行う場合は3000円の手数料がかかります。

ひとこと

いよいよ全てのiPhone 6s / 6s PlusでSIMロックの解除ができるようになりますね。
ドコモやソフトバンクのiPhoneの場合は、購入者本人しか手続きを行えません。
将来的に中古で買い取ってもらう際など、SIMロック解除をしていた方が買取価格は上がるというようなことも考えられます。
Webからの手続きであれば無料ですし、忘れずに行っておきたいところです。

folder

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

【おまけ】Xiaomiレビュー一覧

過去にレビューした一覧です。Xiaomiカテゴリはこちらからご覧ください。

★★★★★★

  • ノートブック「Xiaomi Mi Notebook Pro」→記事へ
    i7モデルを10万円台で買えればコスパ最強間違い無し、性能も抜群でおすすめ。

★★★★★

  • Bluetootheイヤフォン「Mi Sports Earbuds Mini 」→記事へ
    BTイヤフォンの決定版です!
  • 体重計「Mi Smart Scale 2」→記事へ
    スマホ必須になりますが骨組成など10項目の検査が出来る最強体重計です。
  • 空気清浄機「Pro Air Purifier for Home」→記事へ
    でかいですが空気清浄力はすさまじいです。こちらもスマホ連動で楽しめます。
  • スマートウォッチ「AMAZFIT Bip」 →記事へ
    歩数や心拍計、睡眠時間などを計測できる素晴らしい時計です。液晶表示付きですが、体感的に30日充電なしでつかえそうなバッテリーの持ちの良さも◎。

★★★★

  • シーリングライト「Philips LED」→記事へ
    取り付けが特殊ですがPhilipsだけあって照度は素晴らしい。スマホ連動で楽しめます。
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 2 or 3」→記事へ
    シャオミはイヤフォンで日本では名前を挙げましたが、Piston2~3は最高傑作に近いかと思います。
  • 電動歯ブラシ「Oclean SE」→記事へ
    スマホ連動での4万振動/分の圧倒的実力。価格も安いのが魅力的。

★★★

  • スマートバンド「Mi Band2」→記事へ
  • スマートバンド「Mi Band Pluse」→記事へ
  • イヤフォン「XiaoMi Iron Ring Earphones」→記事へ
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 3」→記事へ

スマホ

【IT】「シリ」の会話分析中止 米アップル、スマホに搭載
1: 香味焙煎 ★ 2019/08/03(土) 06:08:27.11 ID:USUrdtVf9 【ニューヨーク共同】米アップルは2日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などに搭載する音声アシスタント「シリ」と利用者との会話内容の分析を中止したと明らかにした。利用者のプライバシー保護が目的とみられる。 英紙ガーディアンは7月下旬、シリの品質改善のため、アップルから委託された業者が、録音した会話内容の一部を世界中で分析していると報じていた。質問に対するシリの回答が適切だったかどうかや、利用者が意図しないままシリが起動したかどうかを点検していたという。 アップルの広報担当者は、将来は利用者が分析を許可するかどうかを選べるようにすると説明した。 共同通信 https://this.kiji.is/530129546895787105?c=39550187727945729 以下、反応 38: 名無しさん@1周年 2019/08/03(土) 06:38:39.58 ID:B1r/vMUZ0 >>1 アメ公がやめて

続きを読む

【製品】iPadOS、タブレット1台で全てが可能に
【まとめ】新iPhoneの画像流出に対する的確な批判コメントが話題に「これ横浜まで割れるだろ」
【iPhone】アップルストア仙台が閉店 これにより、東京都より北にあるApple Storeはなくなった。
【iPhone】スマホ業界に激震、実は「iPhone 6s」がクッソ人気、ファーウェイ投売でも全く及ばず

「iPhone・iPad」記事をもっと見る