ジロ・デ・イタリア 2015 2週目(第10~第15ステージ)のまとめ!

2週目は波乱に満ちた週でした。落車に巻き込まれたアルベルト・コンタドールがマリア・ローザを失いました。グランツールで一度、獲得した総合1位ジャージを大会期間中に他の誰かに明け渡すのはコンタドールにとっては初めてのことでした。ただ、次に日には取り返しました。

リッチー・ポートは不運なパンクで、サポートカーが来るのが遅かったため、同じオーストラリア出身のサイモン・クラークから前輪の提供を受けましたが、これがルール違反として双方に2分のペナルティタイムと罰金が科せられました。
UCIはチームが違う選手同士の間での機材提供は禁止しています。(飲み物や補給食はOK)
選手がこのルールを知らなかったため起こってしまったことなのですが、ルール上禁止とはいえ、この行為に関しては美しい同郷の仲間の絆を感じました。メイン集団も待てるような状況ではなかったため、同情的な意見が多いように思えます。

また今大会、イタリア人として初めてマリア・ローザに袖を通したファビオ・アルですが、マリア・ローザを着てからは元気がなく、わずか1日でコンタドールに取り返されてしまいました。アシスト勢が非常に強力で調子がいいだけに惜しいなと言う感じです。

ジロ・デ・イタリア 2015 2週目(第10~第15ステージ)のまとめ

ステージ勝利者一覧

ステージ 名前 チーム
10 ニコラ・ボエム バルディアーニ・CSF
11 イルヌール・ザッカリン チームカチューシャ
12 フィリップ・ジルベール BMCレーシング
13 サッシャ・モドロ ランプレ・メリダ
14 ヴァシル・キリエンカ チームスカイ
15 ミケル・ランダ アスタナプロチーム

マリア・ローザ(総合1位)の移り変わり

ステージ 名前 チーム
10 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ
11 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ
12 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ
13 ファビオ・アル アスタナプロチーム
14 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ
15 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)の移り変わり

ステージ 名前 チーム
10 ニコラ・ボエム バルディアーニ・CSF
11 ニコラ・ボエム バルディアーニ・CSF
12 ニコラ・ボエム バルディアーニ・CSF
13 エリア・ヴィヴィアーニ チームスカイ
14 エリア・ヴィヴィアーニ チームスカイ
15 エリア・ヴィヴィアーニ チームスカイ

マリア・アッズーラ(山岳賞)の移り変わり

ステージ 名前 チーム
10 シモン・ゲシェケ ジャイアント・アルペシン
11 ベナト・インサウスティ モビスターチーム
12 ベナト・インサウスティ モビスターチーム
13 ベナト・インサウスティ モビスターチーム
14 ベナト・インサウスティ モビスターチーム
15 ベナト・インサウスティ モビスターチーム

マリア・ビアンカ(新人賞)の移り変わり

ステージ 名前 チーム
10 ファビオ・アル アスタナプロチーム
11 ファビオ・アル アスタナプロチーム
12 ファビオ・アル アスタナプロチーム
13 ファビオ・アル アスタナプロチーム
14 ファビオ・アル アスタナプロチーム
15 ファビオ・アル アスタナプロチーム

現在の総合成績

総合トップ10

順位 選手名 チーム名 総合タイム
1 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ 60時間1分34秒
2 ファビオ・アル アスタナプロチーム +2分35秒
3 アンドレイ・アマドール モビスターチーム +4分19秒
4 ミケル・ランダ アスタナプロチーム +4分46秒
5 レオポルド・ケーニッヒ チームスカイ +6分36秒
6 ユーリ・トロフィモフ チームカチューシャ +6分58秒
7 ダミアーノ・カルーゾ BMCレーシング +7分10秒
8 マキシム・モンフォール ロット・ソウダル +8分20秒
9 ジョバンニ・ヴィスコンティ モビスター +9分53秒
10 アレクサンドル・ジェニエ FDJ +10分3秒

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)トップ3

順位 選手名 チーム名 ポイント数
1 エリア・ヴィヴィアーニ チームスカイ 115
2 ジャコモ・ニッツォロ トレックファクトリーレーシング 115
3 ニコラ・ボエム バルディアーニ・CSF 109

マリア・アッズーラ(山岳賞)トップ3

順位 選手名 チーム名 ポイント数
1 ベナト・インサウスティ モビスターチーム 85
2 ミケル・ランダ アスタナプロチーム 54
3 シモン・ゲシュケ チームジャイアント・アルペシン 53

マリア・ビアンカ(新人賞)トップ3

順位 選手名 チーム名 総合タイム
1 ファビオ・アル アスタナプロチーム 60時間4分9秒
2 ダビデ・フォルモロ チームキャノンデール・ガーミン +14分31秒
3 ファビオ・フェリーネ トレックファクトリーレーシング +1時間7分49秒

以上、かんたんにですがまとめてみました。
引き続き、ステージレポートも掲載いたしますのでよろしくお願いします。

関連記事
→ジロ・デ・イタリア2015のコース図や出場チームはこちら
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら

無料で自転車レースを見る方法はこちら

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事