本大会が行われた2015年5月9日から最終日の5月31日まであっという間でした。 アルベルト・コンタドールはダブルツールを狙うと宣言し、見事にジロを優勝しました。 落車によるケガもあり、一時はリタイヤも心配されましたが、見事に乗り切りまさにチャンピオンという強い走りを披露しました。 しかし、それ以外にも21のステージにはそれぞれ様々なドラマがありました。 ここで、ジロ・デ・イタリア 2015 総まとめをしておきます。 ステージごとの成績 ステージ優勝一覧 第1ステージ ・オリカ・グリーンエッジが勝利。骨折から復活したサイモン・ゲランスを先頭にゴールし、マリア・ローザをプレゼントするという粋な計らいも。 第1ステージの詳細はこちら 第2ステージ ・平坦コース ・ティンコフが集団をけん引 ・ヴィヴィアーニが隙を突いてスプリント勝利 第2ステージの詳細はこちら 第3ステージ ・山岳コース(3級→2級) ・ティンコフが集団をけん引 ・マイケル・マシューズがスプリントを制しマリア・ローザを守る 第3ステージの詳細はこちら 第4ステージ ・山岳...