ジロ・デ・イタリア 2015 第1ステージ結果と概要

オリカ・グリーンエッジが勝利。マリア・ローザはサイモン・ゲランスへ

第1ステージのチームタイムトライアルでは風の向きが勝敗を左右しました。
例えば、エティックス・クイックステップは暫定1位だったアスタナよりも中間タイムでは上回っていました。
しかし、向かい風により最終的にはアスタナのタイムを下回ってしまいました。
優勝候補のアルベルト・コンタドールを擁するティンコフ・サクソはオリカ・グリーンエッジから7秒遅れでゴールしています。
途中、コンタドールが遅れるシーンも見られましたが、優勝に向け好発進をできたのではないかと思います。
もう一人の優勝候補であるリッチー・ポートを擁するスカイはタイムを27秒も失ってしまい、厳しいスタートとなりました。

オリカ・グリーンエッジは昨年のジロ・デ・イタリア2014でもチームタイムトライアルを制しています。
風の使い方を各メンバーが熟知していて、その結果、チーム全体に好成績をもたらしたのだと思います。

チーム、個人に限らずタイムトライアルでは最初にスタートする選手と、後にスタートする選手の間には大きな時間差があります。
そのため、気象条件が変わってしまいます。運も持ち合わせていないと勝利を勝ち取ることは難しいのでしょう。

レース結果・総合成績一覧

第1ステージレース結果

チーム名 中間タイム ゴールタイム 優勝候補
オリカ・グリーンエッジ  10分45秒 19分26秒
ティンコフ・サクソ  10分43秒 19分33秒 アルベルト・コンタドール
アスタナプロチーム  10分55秒 19分39秒 ファビオ・アール
エティックス・クイックステップ  10分53秒 19分45秒 リゴベルト・ウラン
モヴィスターチーム 19分47秒
IAMサイクリング 19分51秒
BMCレーシング 11分03秒 19分51秒
FDJ  10分57秒 19分52秒
チームスカイ  10分57秒 19分53秒 リッチー・ポート
チームカチューシャ  10分52秒 19分53秒

総合成績

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 サイモン・ゲランス オリカ・グリーンエッジ 19分26秒
2 マイケル・マシューズ オリカ・グリーンエッジ +0秒
3 マイケル・ヘップバーン オリカ・グリーンエッジ +0秒
4 ピーター・ウェーニング オリカ・グリーンエッジ +0秒
5 サイモン・クラーク オリカ・グリーンエッジ +0秒
6 エステバン・チャベス オリカ・グリーンエッジ +0秒
7 マヌエーレ・ボアーロ ティンコフ・サクソ +7秒
8 ロマン・クロイツィゲル ティンコフ・サクソ +7秒
9 マイケル・ロジャース ティンコフ・サクソ +7秒
10 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ +7秒

各ポイント賞

マリア・ローザ(総合1位)

サイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)

マリア・ビアンカ(新人賞)

マイケル・マシューズ(オリカ・グリーンエッジ)

感想

チームタイムトライアルに強いスカイが27秒も失ったのは意外でした。コンタドールは優勝に向け良い位置につけているのは期待が持てそうです。

リッチー・ポートとしては今年、自身の調子が良かったのでこのタイムトライアルの結果は不満でしょう。山に強いアシスト達とポート自身の登坂力で今後どこまで差を埋められるか楽しみです。

 

関連記事
次レース→第2ステージの結果と概要はこちら

→ジロ・デ・イタリア2015のコース図や出場チームはこちら
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら

まだスカパーを視聴していない方は、無料視聴期間の有効な使い方をまとめてみましたので是非ご覧ください
スカパー無料視聴期間にグランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を見るならいつ?ずばりこの日!【2015年版】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事