ジルベール2勝目!残り20キロから単独の逃げを成功させる!ジロ・デ・イタリア 2015 第18ステージ結果と概要

序盤、逃げは14人でしたが落車の影響で12人に減りました。
メイン集団は容認していたので、レースは10分以上のタイム差で推移していました。

1級山岳の登り口で起きた落車により、メイン集団が分断されランダが遅れてしまいました。
それを知ったコンタドールはアタックを開始し、一気に引き離しにかかります。

残り20キロ地点で、遅れていたジルベールが先頭集団に追いつくと、そのまま一気にアタックします。
チームメイトのモワナールが後続のアタックをつぶすなどの働きもあり、集団はジルベールを追うことができませんでした。
ジルベールは得意の下りと、単独での強さも相まって追走集団とのタイム差をどんどん増やしていきます。

圧倒的な独走力でジルベールが大会2勝目を手に入れました。

レース詳細

レース序盤(残り100キロまで)

14人の逃げ集団ができる

残り121キロ地点 落車発生

逃げていたクネゴとフゑラーリがバイクとの接触?で落車
クネゴはリタイヤ。逃げは12人に

レース中盤(残り30キロまで)

残り80.7キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は11分6秒

残り74.2キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は11分52秒

残り68.2キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は12分45秒

残り66.5キロ地点 スプリントポイント

1位 ジルベール(10pt)
2位 シウトソウ(6pt)
3位 ボンジョルノ(3pt)

残り55キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は12分44秒

残り50.8キロ地点

現地の優勝候補予想はベタンクール、ヴィスコンティ、クルイシュウィック

残り45.9キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は11分51秒

残り45.5キロ地点 落車発生

メイン集団で落車発生。
スカイは4人の選手が巻き込まれる。CCCやロット・ソウダルの選手も。
1級山岳への登り口での位置取り争いによって起こったものとみられる。

残り44.9キロ地点

先頭集団からブザートが遅れる

残り44.5キロ地点

先頭集団からシャバネルも少し遅れる。
先頭は5人に減る。

残り44.2キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は10分49秒

残り43.5キロ地点

ランダを含むアスタナのグループが先ほどの落車の影響で遅れたか。

残り43.2キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は9分45秒

残り43キロ地点 落車発生

ロバトが落車。起き上がれない。

残り42.6キロ地点

コンタドール、メイン集団から単独でアタック。

残り41.3キロ地点

先頭集団←9分6秒→コンタドール←1分41秒→ランダ

残り40.9キロ地点

先頭集団←10秒→追走集団←8分53秒→コンタドール←1分28秒→ランダ

残り40.3キロ地点

遅れていたジルベールとシャバネルが先頭集団に追いつき、7人に。

残り39.5キロ地点

先頭集団←22秒→追走集団←8分22秒→コンタドール←1分14秒→ランダ

残り39.3キロ地点

先頭集団は4人に減る

残り38.5キロ地点

ランダがアルのいるグループに追いつく。

残り36キロ地点

コンタドール、チェーンが外れるがすぐに直る。

残り35.6キロ地点 山岳ポイント

1級(OLOGNO)
1位 ボンジョルノ(35pt)
2位 シウトソウ(18pt)
3位 デラクレス(12pt)

残り33.2キロ地点

先頭集団←7分28秒→コンタドール←1分2秒→ランダ/アル

残り32.1キロ地点

コンタドールにヘシェダルが追い付く

残り31.1キロ地点

先頭集団←54秒→追走集団←7分39秒→コンタドール←1分18秒→ランダ/アル

レース終盤

残り27.6キロ地点

先頭集団←47秒→追走集団←7分1秒→コンタドール←1分26秒→ランダ/アル

残り21.4キロ地点

ランダ/アルのグループではアルが先頭を牽く

残り19.4キロ地点

ジルベール、先頭集団に追いつく。そのままアタック。

残り18.6キロ地点

ボンジョルノがジルベールを追いかけるがモアナールがチェックに入る。

残り12.7キロ地点

シャバネルとブサートがジルベールを追いかける。

残り10.5キロ地点

ランダ/アルのグループからトロフィモフがアタック。カルーゾがチェック。

残り9.2キロ地点

ジルベールと追走集団のタイム差は34秒

残り8キロ地点

追走集団からボンジョルノがアタック。

残り6キロ地点

シャバネルもアタック

残り5キロ地点

下りが終わり、平坦区間に入る。
ジルベールと追走集団のタイム差は44秒。

残り1.9キロ地点

ジルベールと追走集団のタイム差は51秒

残り1.7キロ地点

追走集団からボンジョルノが再びアタック。

残り1.4キロ地点

ジルベールは勝利を確信。

ジルベール圧勝。

レース結果・総合成績一覧

第18ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1 フィリップ・ジルベール BMCレーシング  4時間4分14秒
2 フランチェスコ・ボンジョルノ バルディアーニCSF  +47秒
3  シルバン・シャバネル IAMサイクリング +1分1秒
4  マッテーオ・ブサート  サウスイースト・プロサイクリングチーム  +1分1秒
5  アマエル・モワナール BMCレーシング  +1分1秒
6 ダビド・デラクルス エティックス・クイックステップ  +1分1秒
7  リナルド・ノチェンティーニ AG2R・ラモンディアル  +1分1秒
8  カンスタンティン・シウトソウ チームスカイ  +1分1秒
9  チャド・ハガ チームジャイアント・アルペシン +2分42秒
10  ピーター・ウェーニング オリカ・グリーンエッジ +3分55秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 総合タイム
1 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ 72時間23分59秒
2 ミケル・ランダ アスタナプロチーム +5分15秒
3 ファビオ・アル アスタナプロチーム +6分6秒
4 アンドレイ・アマドール モビスターチーム +7分1秒
5 ユーリ・トロフィモフ チームカチューシャ +9分40秒
6 レオポルド・ケーニッヒ チームスカイ +10分44秒
7 ダミアーノ・カルーゾ BMCレーシング +11分5秒
8 ステフェン・クルイシュウィック チームロットNL・ユンボ +12分53秒
9 ライダー・ヘシェダル チームキャノンデール・ガーミン +13分1秒
10 アレクサンドル・ジェニエ FDJ +14分1秒

各ポイント賞

マリア・ローザ(総合1位)

アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

ジャコモ・ニッツォーロ(トレックファクトリーレーシング)

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ステフェン・クルイシュウィック(チームロットNL・ユンボ)

マリア・ビアンカ(新人賞)

ファビオ・アル(アスタナプロチーム)

感想

コンタドールは第16ステージで、メカトラブルにより遅れたとき、アスタナがペースアップに寄与したお返しとばかりに、ランダが遅れたことを知るとアタックをかけました。
他の選手とは次元の違う速さで坂を上っていくコンタドールの強さは恐ろしささえ感じました。

一方先頭集団では上りで遅れたり追いついたりを繰り返していたジルベールですが、先頭に追い付くタイミングやアタックをかけるタイミングなど、すべて計算されつくしていたのかなと思うほど、全てが見事なレース運びでした。

関連記事
次レース→第19ステージの結果と概要はこちら
前レース→第17ステージの結果と概要はこちら

→ジロ・デ・イタリア2015のコース図や出場チームはこちら
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら

まだスカパーを視聴していない方は、無料視聴期間の有効な使い方をまとめてみましたので是非ご覧ください
スカパー無料視聴期間にグランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を見るならいつ?ずばりこの日!【2015年版】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事