キリエンカ完全勝利!雨の個人TTでコンタドールがマリア・ローザ奪還。ジロ・デ・イタリア 2015 第14ステージ結果と概要

キリエンカは全ての中間ポイントをトップタイムで通過し、第14ステージの個人タイムトライアルを完全勝利しました。
タイムトライアルでタイム差を縮めたかったリッチー・ポートは思うようにタイムが伸びず、キリエンカから4分22秒遅れのステージ55位と、大きく遅れを取る結果となりました。
ウランは他のライバル勢が遅れたおかげで、4位にジャンプアップし表彰台が射程圏内に入りました。
タイムトライアルに強いコンタドールは、終始安定感のある走りでステージ3位といい結果を残し、マリア・ローザを奪還しました。そして2位のアルに2分28秒と、大きなアドバンテージを得ることができました。

レース結果・総合成績一覧

第14ステージレース結果

中間タイムは判明した分のみ掲載しております。

選手名 チーム名 17.6キロ 35.1キロ 49.5キロ ゴール(59.4キロ)
1 ヴァシル・キリエンカ チームスカイ 21分14秒 45分23秒 1時間2分31秒 1時間17分52秒
2 ルイスレオン・サンチェス アスタナプロチーム +1分6秒  +29秒 +12秒
3 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ +1分6秒 +1分15秒 +51秒 +14秒
4 パトリック・グレッチュ AG2R・ラモンディアル +23秒
5 ステフェン・クルイスウィク チームロットNL・ユンボ +1分40秒 +1分9秒
6 タネル・カンゲルト アスタナプロチーム +1分17秒
7 ユルゲン・ヴァンデンブロック ロット・ソウダル +1分47秒 +1分25秒
8 ファビオ・フェリーネ トレックファクトリーレーシング +1分26秒
9 トビアス・ルドビグソン チームジャイアント・アルペシン +1分27秒
10 ルーク・ダーブリッジ オリカ・グリーンエッジ +1分24秒 +1分36秒

 総合成績

順位 選手名 チーム名 総合タイム
1 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ  55時間39分
2 ファビオ・アル アスタナプロチーム +2分28秒
3 アンドレイ・アマドール モビスターチーム +3分36秒
4 リゴベルト・ウラン エティックス・クイックステップ +4分14秒
5 ユルゲン・ヴァンデンブロック ロット・ソウダル +4分17秒
6 ダリオ・カタルド アスタナプロチーム +4分50秒
7 ミケル・ランダ アスタナプロチーム +4分55秒
8 ダミアーノ・カルーゾ BMCレーシング +4分56秒
9 ロマン・クロイツィゲル ティンコフ・サクソ +4分57秒
10 レオポルド・ケーニッヒ チームスカイ +5分35秒

各ポイント賞

マリア・ローザ(総合1位)

アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

エリア・ヴィヴィアーニ(チームスカイ)

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ベナト・インサウスティ(モビスターチーム)

マリア・ビアンカ(新人賞)

ファビオ・アル(アスタナプロチーム)

感想

キリエンカの笑顔を見られる貴重なステージでした。普段、顔色をほとんど変えず黙々とアシスト役をこなしているキリエンカですが、ポートが総合上位争いから遅れてしまい、TTの得意なキリエンカもステージ勝利を狙っていける状況にあったのでしょう。中間タイムまですべてトップタイムで完全勝利です。
機械やロボットと称されるキリエンカですが、カメラがキリエンカの笑った顔を何度も映しているのが印象的でした。

関連記事
次レース→第15ステージの結果と概要はこちら
前レース→第13ステージの結果と概要はこちら

→ジロ・デ・イタリア2015のコース図や出場チームはこちら
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら

まだスカパーを視聴していない方は、無料視聴期間の有効な使い方をまとめてみましたので是非ご覧ください
スカパー無料視聴期間にグランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を見るならいつ?ずばりこの日!【2015年版】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

サイクルロードレース 人気記事