モドロが勝利!アルがマリア・ローザを獲得!ジロ・デ・イタリア 2015 第13ステージ結果と概要

見事に真っ平らな第13ステージは総合系の選手は少し休めるかなという予想でした。
しかし連日の雨のせいでレースは非常に緊張感のあるものとなりました。

ラスト3.2キロ地点で起きた大落車にはアルベルト・コンタドール、リッチー・ポートも含まれていました。
ゴールまで3キロを切っていれば救済措置で、今までいた集団と同タイムでゴールとなりますが、少し距離が足りませんでした。
ゴール前ではランプレ・メリダが4人でトレインを組み、サッヤ・モドロを完璧なタイミングで発射しステージ優勝しました。

アルとウランは前方の集団でゴールしましたが、コンタドールは40秒、ポートは2分8秒も遅れてしまいました。
コンタドールはマリア・ローザをファビオ・アルに奪われる結果となってしまいました。

レース詳細

レース序盤(残り100キロまで)

残り108.3キロ地点

逃げは3人、メイン集団とのタイム差は2分3秒

残り106キロ地点

メイン集団はBMCが前を牽く

残り100.7キロ地点

先頭の3人は踏み切り待ち。
メイン集団は後方で止められ、タイム差が元に戻るまで足止め。

レース中盤(残り30キロまで)

残り91キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分22秒

残り88.7キロ地点 スプリントポイント

1位 フラッポルティ(10pt)
2位 ザベル(6pt)
3位 ピノー(3pt)

残り77.4キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分14秒

残り72.4キロ地点 スプリントポイント

1位 ザベル(10pt)
2位 フラッポルティ(6pt)
3位 ピノー(3pt)

残り64キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分14秒
メイン集団がタイム差をきっちりコントロール

残り53.9キロ地点

現地の優勝候補予想はグライペル、ヴィヴィアーニ、モドロ

残り46キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は43秒

残り35.4キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は50秒

レース終盤

残り29.3キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は1分

残り21.9キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は30秒

残り20キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は15秒

残り17.5キロ地点

先頭の3人はメイン集団に吸収

残り12.6キロ地点

ティンコフが先頭。後ろでランプレがトレインを組む

残り6.6キロ地点

BMCが先頭で集団を牽く

残り5キロ地点

BMCの後ろでオリカやランプレが隊列を組み立てる

残り3.2キロ地点 落車発生

メイン集団の前方で落車が発生し、スピードも出ていたことで大落車へと発展
コンタドールやポートも巻き込まれる

残り1.9キロ地点

ランプレが先頭に

残り1キロ地点

ランプレが依然先頭

残り600メートル地点

ランプレはまだ3人

残り150メートル地点

ゴール前スプリント開始

ニッツォーロやヴィヴィアーニも出てくるが、僅差でモドロが抑える

モドロがステージ勝利!

 

レース結果・総合成績一覧

第13ステージ結果

順位 選手名 チーム名 ゴールタイム
1  サッシャ・モドロ ランプレ・メリダ 3時間3分8秒
2 ジャコモ・ニッツォーロ  トレックファクトリーレーシング +0秒
3 エリア・ヴィヴィアーニ チームスカイ  +0秒
4  アレクサンドル・ポルセフ チームカチューシャ  +0秒
5  エドワード・グロス NIPPO・ヴィーニファンティーニ  +0秒
6  マキシミリアーノ・リケーゼ ランプレ・メリダ  +0秒
7  モレノ・ホフラント チームロットNL・ユンボ  +0秒
8  ニコラ・ルフォーニ  バルディアーニ・チエセエフェ  +0秒
9  ルカ・メズゲッツ チームジャイアント・アルペシン  +0秒
10  ハインリッヒ・ハウスラー  IAMサイクリング  +0秒

総合成績

順位 選手名 チーム名 総合タイム
1 ファビオ・アル アスタナプロチーム  54時間24分35秒
2 アルベルト・コンタドール ティンコフ・サクソ +19秒
3 ミケル・ランダ アスタナプロチーム +1分14秒
4 ロマン・クロイツィゲル ティンコフ・サクソ +1分38秒
5 ダリオ・カタルド アスタナプロチーム +1分49秒
6 リゴベルト・ウラン エティックス・クイックステップ +2分2秒
7 ダミアーノ・カルーゾ BMCレーシング +2分12秒
8 アンドレイ・アマドール モビスターチーム +2分21秒
9 ジョバンニ・ヴィスコンティ モビスターチーム +2分40秒
10 ユーリ・トロフィモフ チームカチューシャ +3分15秒

各ポイント賞

マリア・ローザ(総合1位)

ファビオ・アル(アスタナプロチーム)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

エリア・ヴィヴィアーニ(チームスカイ)

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ベナト・インサウスティ(モビスターチーム)

マリア・ビアンカ(新人賞)

ファビオ・アル(アスタナプロチーム)

感想

せめてあと200メートル前方で起こっていれば・・という落車でした。
起こった瞬間は大きな落車にはなると思いませんでしたが、スプリンターチームが前を牽いて、速度が高かったのが大落車へと発展してしまった理由でしょう。
一方、ランプレはゴールの近くでトレインを組むのがうまいという印象です。時が来るまで少し後ろで待機し、ゴールに近づいたら一気に前へ出てきて、他を寄せ付けない理想的な勝ち方でした。

関連記事
次レース→第14ステージの結果と概要はこちら
前レース→第12ステージの結果と概要はこちら

→ジロ・デ・イタリア2015のコース図や出場チームはこちら
→UCIワールドチームの使用バイクなど機材についてはこちら

まだスカパーを視聴していない方は、無料視聴期間の有効な使い方をまとめてみましたので是非ご覧ください
スカパー無料視聴期間にグランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を見るならいつ?ずばりこの日!【2015年版】

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事