1: 2017/03/26(日) 20:32:02.12 ID:CAP_USER https://zuuonline.com/archives/144257 BMWが初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を2017年5月12日に発売する。 最大の特徴は走行距離160km、最高速度129km/hというスペック。 国内メーカーの電動バイクが走行距離50km未満、最高速度50km前後のものが多く差は歴然だ。 大容量バッテリーと独自のテクノロジーで走行距離を160kmに「BMW C evolution」は欧米では2014年に発売された。販売台数は1500台ほどだが、スペインでは警察のバイクにも採用されている。 日本上陸のバージョンは、旧型を大幅に進化させたものだ。 電動スクーターなどの最大の課題は走行距離をいかに伸ばすかだ。そのためには、バッテリー容量を大きくする必要がある。 「BMW C evolution」に搭載されている大容量空冷リチウムイオン高電圧バッテリーは94アンペア(Ah)あり、電気自動車の「BMW ...