1: 2017/03/24(金) 08:22:40.42 ID:CAP_USER 独自技術で開発する韓国軍の3000トン級潜水艦推進電力に国産リチウム電池システムが初めて適用される予定だ。 韓国防衛事業庁は23日、潜水艦「張保皐(チャン・ボゴ)-III Batch-II」にリチウム電池システムが適用可能なのかどうかを検討する詳細設計検討会議(CDR)を開催すると明らかにした。 この会議は、システム工学(SE)をベースに武器体系を開発するにあたり実質的な開発の可能性を決める主な段階の一つだ。 試作品の製作が可能なのかを最終的に判断する。 今回の会議で、張保皐-III Batch-IIの主要推進電力供給システムにリチウム電池システムが適合と判断されれば適用される見通し。 今回潜水艦用リチウム電池システムの開発に成功すれば、従来の鉛蓄電池システムと比べてエネルギー密度や電池寿命、潜航能力、メンテナンスの便宜性などが大きく向上するものと期待されている。 張保皐-III Batch-IIは2025年から2027年まで3隻が建造される予定だ。...