東京・羽村市の住宅の浴室で、68歳の女性の遺体と40代の息子が血を流して倒れているのが見つかりました。警視庁は息子が女性を殺害した後、自殺を図った可能性があるとみて捜査しています。 概要 12月22日午後6時10分ごろ、東京都羽村市の住宅で男性から「窓ガラスから見たらお母さんが血を流して倒れている」と通報があった。 警察官が駆け付けたところ、会社役員・玉利喜代子さんが風呂場の浴槽の中で首から血を流して死亡しているのが見つかった。 喜代子さんの近くには、通報した男性の弟(40代)が腹から血を流していて、意識不明の状態で病院に搬送された。玉利さんの首には刃物で切られたような深い傷があったという。 警視庁は、男性の弟が玉利さんを殺害した後、自殺を図った可能性があるとみて詳しく調べている。 ソース:ANN 事件発生場所 東京都羽村市 画像出典:ANN 詳細な場所につきましては未確認です。 ネット上の反応 引用元:ヤフーコメント mak***** | 2016/12/23 08:31 電話したのは、兄貴って事か。 ...