中国から違法な薬物を輸入したとして、元清水建設社員の男が逮捕されました。調べに対し「仕事の残業が100時間を超えることがあり、嫌なことを忘れさせてくれた」などと容疑を認めているとのことです。 概要 医薬品医療機器等法違反の容疑で逮捕されたのは、元清水建設社員・片平太陽容疑者(38)。 2016年6月、指定薬物のクロロペンテドロンなど、およそ25グラムを違法に輸入した疑い。片平容疑者はインターネットの掲示板を通じて薬物を購入し、中国から国際郵便で成田空港に届いたところを、税関が発見した。 調べに対し「仕事の残業が100時間を超えることがあり、睡眠不足に悩んでいて、嫌なことを忘れさせてくれた」と容疑を認めている。片平容疑者名義で輸入された指定薬物は、他にも4件確認されているということで、警視庁が余罪を追及している。 ニュースソース:FNN 容疑者について 画像出典:FNN 名前:片平太陽 年齢:38歳 住所: 職業:無職(元清水建設社員) ネット上の反応 via:http://ai.2ch.sc/test...