東京消防庁府中消防署の訓練施設で、23歳の男性隊員が訓練中に死亡していたことが分かりました。 概要 2月26日午後3時半ごろ、府中市の東京消防庁・府中消防署の朝日出張所で、23歳の男性隊員(消防副士長)が首にロープが絡まった状態で宙づりになっているのを職員が発見した。 男性隊員は意識不明の状態で病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。 訓練用のロープは7メートルの高さの場所に張られていて、当時、男性隊員は1人で訓練していたとみられるという。警視庁は男性隊員が訓練中に誤って宙づりになったとみて、事故の原因を詳しく調べている。 ソース:TBSニュースバード 事故発生場所 東京都府中市朝日町3丁目 府中消防署・朝日出張所 画像出典:TBSニュースバード 2016年12月に事務を開始した新しい消防署です。 白糸台出張所が廃止され、こちらに移転してきました。 ネット上の反応 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488178881/ 7: 2017/02/27(月)...