1: 2017/11/29(水) 22:19:38.83 ID:CAP_USER9 輸血で大腸菌に感染か、女児死亡 急性白血病の治療中 急性白血病の治療を受けていた女児が輸血を受けてから約1カ月後に死亡していたことが29日、分かった。 輸血に用いられた血液製剤に混入していた大腸菌に感染したとみられる。 日赤が同日、厚生労働省の有識者会議で報告した。 厚労省によると、輸血に用いられたのは血小板濃厚液という血液製剤。 保存されていた製剤から、女児の血液から検出された大腸菌と同じ菌が検出された。 2007~16年の10年間で血小板濃厚液での細菌感染は10例報告されているが、死亡例はなかったという。 日赤は「問診を徹底し、細菌感染の可能性がある人から採血しない」などの対策をまとめた。 共同通信 2017/11/29 22:15 https://this.kiji.is/308592405056750689 以下、反応 via:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/151196157...