寺井赤音先生の『あまちんは自称♂』の感想です。 今作の第1巻が、寺井赤音先生の通算13作品目の単行本なようです。 寺井赤音 講談社 (2017-11-17) 売り上げランキング: 386 初回特典 描き下ろしブックカバーでした(メロンブックス購入特典) 作品紹介 前作「花街ヒイロヲ」で男花魁のダークな友情を描き切った漫画家・寺井赤音は考えた。 次回作はハッピーでラブリーに満ちたものを描こうと…。 そんなピュアな思いが何故か暴走して止まらなくなったこの「あまちん」。 世界一カワイイ自称男子「あまちん」が幼なじみのタツミ君を振り向かせるためにカワイさを磨きに磨いて、世界を混乱に陥れる「猛毒と純愛のラブコメディ」、最高に最高の第1巻! Amazonより引用 なにこのAmazonの紹介文………。 要は、男の娘である「あまちん」こと甘澤<あまさわ>こころと、その幼馴染みである上下<かみしも>タツミの物語です。 あまちんの絶望的な『あまちんの自称♂』宣言 感想 酷い(褒め言葉) 第1巻の限りでは男であることを証明する(チ〇コを見せ...