原作未プレイ人の勝手な感想と考察です。 区切りの良い6話までを一旦感想にいたしました。 0話「CHAOS:HEAD」感想 渋谷地震の前日譚、かつシリーズ前作の同タイトルのアニメ・メディアをなぞる展開。 サプライズ放映という位置づけだったようです。 「ニュージェネレーションの狂気」と称される様々な事件が発生する、グロさが際立つ作品です。 ただ問題はグロいだけで初見の視聴者には意味としての成立が難しいなという作品。 考えられるのは最後の車椅子の老人が首謀者であり、本作の主人公西條拓巳が能力者で、その覚醒を促したというものです。 この主人公の周辺で猟奇的な事件を起こしたことで、覚醒→白い光(渋谷地震?)という流れを感じます。 調べると前作のアニメでは妹が手をもがれて死ぬような残酷表現がなかったようです。世界線が異なるのでしょうか。 なお、「ニュージェネレーションの狂気」報道を、『CHAOS;CHILD』の主人公、宮代拓留と世莉架らがソファで眺めていたことから、この「ニュージェネレーションの狂気」による西條拓巳の覚醒が主人公らに影響を...