Pioneer社製のBluetoothヘッドホン「SE-MJ561BT」が中で折れてしまったため、切開して補修してみました。 補修は簡単で、誰にでもできる程度ですが、私の場合は課題が残る結果(後述します)となったため、ご参考までにどうぞ。 切断状況 ヘッドホンが中で折れており、全く耳にフィットしない状況です。 なお音は聴こえます。 切開 折れた箇所をカッターナイフで切開しました。 縫い目はフィット感にもつながると考えたので、上面部分から開けました。 結構きれいに折れていますね。 当然ですが黒い部分、ケーブルは生きていました。 写真で伝わるかわかりませんが切断された箇所は構造上脆くなっています。 折れた報告もよく耳にしますが、基本的にこの、樹脂が二重になっている所となっていない所の継ぎ目が折損箇所となるのでしょう。 設計ミスというか、あえてのパイオニアタイマーというか……(´・ω・`) 補修 残念ながら、普通の接着剤ではつきません。 なので、不要になったクレカなどの樹脂をあてがう作戦で行きました。 私...