もやしが原料費高騰にもかかわらず、過当競争のため、生産者が悲鳴をあげているということです。 もやしが安い理由 徹底した工場化と、水だけで育ち、日光も不要で天候にも影響されないため、非常に育てやすいためです。 画像出典:おはよう朝日です(ABC) しかし原料費、設備費や労働コストがにダイレクトに影響することから、2009年から比較すると100社程度参入業者が減少しているといいます。 もやしはスーパーの広告塔でもあり、もやしの安さを前面に押し出すことで集客効果があると考えられており、価格が犠牲になりやすい野菜の一つとなっています。 もやしの歴史 日本最古の薬草の本「本草和名」という本に、「毛也之(もやし)」と紹介され、薬草として育てられていました。 昭和40年代に味噌ラーメンブームに常時、もやしの消費が増大し、国民的野菜になります。 もやしの栄養価 もやしは種子本来の栄養素に加えて、発芽・成長しながら、あらたに別の栄養素が生成するという特殊な野菜です。低カロリーで健康に役立つ様々な栄養素を含んでいるので、ヘルシーな食品である、と生産者協会のH...