1: 2017/11/25(土) 02:51:37.04 ID:CAP_USER (前略) 豪シドニー大学の研究プロジェクトは、2017年11月1日、疫病専門誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」において、 「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、全死因における死亡リスクが23%低く、 なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した。 この研究プロジェクトでは、 イングランド健康調査(HSE)およびスコットランド健康調査(SHS)の1994年から2008年までのデータを用い、 30歳以上の成人80,306名を対象に、筋力トレーニングと全死因における死亡、がんによる死亡との関連性について分析。 その結果、週二回以上、筋力トレーニングを行っている人は、全死因における死亡リスクが23%低く、 がんによる死亡リスクも31%低いことが明らかになった。また、この分析によれば、専用マシンを使わない筋力トレーニングも、 ジムなどで行われる筋力トレーニングと同等の効果があると認められたという。 〈ペンシル...