※アイキャッチはイメージ 1: 2017/12/11(月) 14:50:02.74 ID:CAP_USER9 ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開が来週から始まるのを前に、東京・上野動物園は12日から園内を全面禁煙にすることを決め、11日に喫煙所の撤去作業を行いました。 上野動物園では「シャンシャン」の一般公開が始まる来週19日以降、子どもの来園者が大幅に増えると見られるため、受動喫煙から守ろうと12日から園内を全面禁煙にすることを決めました。 動物園ではこれまでも喫煙所以外の場所を禁煙にしていましたが、園内に1か所だけ設けられていた喫煙所もパンダ舎の近くにあることなどから撤去することになり、11日は担当者が吸い殻入れなどを運び出していました。 一方、喫煙者に対しては動物園と隣接する上野公園の喫煙所を利用してもらい、タバコを吸う場合はいったん動物園の外に出ても再入園できる措置を取ることにしています。 関係者によりますと、昨年度、上野動物園を訪れたおよそ380万人のうち4割は子どもだということです。 東京動物園協会の向後貴...