【2018】仮想通貨・草コイン・取引所・ICOの意味や投資論完全版、この一ページで億り方のほぼすべてがわかる

[2/7更新]

1ページにすべての仮想通貨に関する情報・儲け方を集約しました。

仮想通貨に全く触れたことがない方、情報が錯綜していて何がなんだかわからない方も、ある程度話題についていけるのではないかと思います。

用語集(順不同)

最低限ここまでわかってたら大丈夫という単語集です。独断と偏見の用語集なので悪しからず。

  • 仮想通貨
    英語ではCrypto Currency(クリプトカレンシー)直訳すれば暗号通貨。したがって、「暗号通貨とお云い」勢も存在。取引の透明性を参加者全員で担保するためハッカーの攻撃や権力による介入が極めて起こりにくい。世界中のどこでも一定の価値を持ちうることから特に紙幣の信用性が低い国が注目し始めた。各国の規制が入り現在は日本人がその多くを保有している現状となっている。
  • ブロックチェーン

    ブロック+チェーンから成り立つ台帳。
    ブロックーブロックーブロックー・・・・というイメージ。ブロックが数珠繋ぎとなっている。
    このブロックは数分毎に作成され、取引データが格納される。原則としてこの数珠繋ぎが長いほうがデータとして正しいものとみなされるため、改ざんは極めて困難である。
  • ディフィカルティー
    採掘難易度を表す用語。ビットコインの場合は、おおむね10分でブロックを作れるように難易度が調整される。ちなみに採掘者は当然儲かる方を専攻して採掘するため、それが価格に影響することもしばしばある。
  • マイニング
    直訳すると「採掘」。作業には2種類ある。一つは新たなコインを”掘る”こと。もう一つはコインとコインの送金記録を台帳に記録し、報酬を得ること。採掘者をマイナーというが、彼らの存在によってコインの安定供給と取引の安全性が保たれている。なおマイニングは細かくはPoWマイニングやPoSマイニングがあるが、それらについて後述する。
  • クラウドマイニング
    マイニング専門業者に採掘してもらうこと。大手で言えばジェネシスマイニングやハッシュフレアなどが存在している。GMOも参入予定。
  • アルトコイン/オルトコイン
    日本では実は呼び方は統一されていない。ほとんどの人がアルトコインと呼ぶが、CoinCheckなどでは、オルトコインと呼ぶ。
    操作の切り替えを命令する「Alt」キーと同じ意味で、ビットコイン以外の代替コイン(イーサリアム・リップルなど)のことを指す。
  • 草コイン
    海外ではShit Coinと呼ばれるが、日本では草コインと呼ばれるようになっている。おそらくは5ch発祥…? 二束三文の安いコインのことをいう。後述する「億り人」の多くはこれらの草コインを操縦し、総資産一億を突破した。
  • 億り人/千り人
    元々は株式用語。映画『おくりびと』からもじったもの。資産が億に達した人をそう呼ぶ。千万単位に達した人は「千り人」と呼ぶことも。
    2017年前半に億った人はおそらくオルトコインメイン、同年後半に送った人は草コインメインと考えられる。
    ただし実際に円に換金した人はかなり希少とみられる。
  • アベコイン
    アベというのは安倍首相のこと。”アベ”という使いかたはサヨク的な表現(アベ政治を許さない)であり、つまり日本円を見下した表現にもなっている。ただし現在は左右の思想関係なく、”アベコイン”というと単に仮想通貨に対する”円”の意味で使われることが多い。
  • アベコインマイニング
    【仮想通貨】社畜「ハァ…ハァ…残業苦ちぃお…」←年収400万。ワイ「ビットコイン、ポチポチw」←年収-200万
    アベコインマイニングの”マイニング”は、”採掘”そのものの意味が適用される。つまり汗水たらして働いてお金を手に入れるという行為を絶妙に表している。ビットコインは持ってるだけで儲かる時代があったため、汗水たらして働いている社畜さんを揶揄した表現となっている。もちろん自虐表現で使われることも。
  • アービトラージ
    FXやブックメーカーなどでの古典的手法、「サヤ取り」と呼ばれる。取引所で価格差が生じた場合、より高いところに(コインを移して)売れば得ですよ、というイメージ。
  • ウォレット
    仮想通貨を保存しておくアドレスのことをいう。お財布。いずれの通貨においても長いアドレスが付与されている。
  • トークン
    ブロックチェーン上で発行した独自コインの総称。ICOトークンといった使い方をする。
    なおイーサリアムのチェーンに存在するトークンの仕様をERC20、
    ネムのチェーン上で発行されたトークンの使用をmosaicという。
  • ICO
    イニシャル・コイン・オファーリングの略。新たにコインを作ることや、そのための資金を調達することを総称して言う。ICOに投資することを「ICOに参加する」と表現するkとも。
  • PoW/PoS/PoI/PoC
    “Proof of ~”
    取引の合意検証方式をいう。つまりブロックチェーンの取引の権力者を誰にするかということ。
    末尾の文字が何か(S/W/I/C)で権力者が誰なのかがわかる。
    W:Work、働き者つまりマイニングの計算力が高いものが権力を持つ。ビットコインの採用方式
    S:Stake、仮想通貨の保有量があるものが権力を持つ。イーサリアムの将来採用方式。
    I:Importance、ウォレットの保留量および取引量が多いものが権力を持つ。ネムなどの採用方式。
    C:Consensus、認められた大きな機関が権力を持つ。リップルの例ではSBIやセコム、ハーバード大学など。
  • PoSマイニング
    PoS採用通貨は、上記性質から、一定条件以上持っているだけでマイニングされるため、通貨が増える。
    ただし専用ウォレットに入れておく必要がある。
  • ステーキング
    “staking” PoSマイニングを行うことを指す。
  • (PoI)ハーベスト
    PoI採用通貨も、上記性質から、一定条件以上の保有&取引を満たせばマイニングされるため、通貨が増える。このことを”ハーベスト”と呼ぶ。主要オルトコインではネム(XEM)などが存在。
  • ERC20
    ”Ethereum Request for Comments: Token Standard #20”の略。トークンの項目でも取り上げたが、イーサリアムの規格にのっとった通貨のことをいう。多くのICOトークンはERC20に準拠している。
  • ERC20対応ウォレット
    イーサリアムの派生トークンに対応するウォレットのことをいう。MyEtherWalletが代表。
    ほとんどの日本の取引所のウォレットは、派生トークンに対応していないため、ERC20トークン(ICO)を受け取れない。(受け取り方法は別章に記載)
  • MEW/MetaMask
    MEWはMyEtherWalletの略で、イーサリアムとそのブロックチェーンで派生したトークンが扱えるところ。
    MetaMaskはGoogle Chromeの拡張アプリ。MEWと同等の機能を有する。ICOに参加するには必須
  • GOX
    かつてビットコインを取り扱っていたマウントゴックス(Mt.Gox)社がハッキング被害に遭い、ビットコインの大半を失ってしまった事件があった。このことから、お金を盗まれることをGOXと呼ぶことがある。一方セルフGOXとは、自分でキーフレーズを忘れたりして、ウォレットが復元不能になることであり、本来の意味とは若干ことなっている。
    GOXもセルフGOXも案外身近な問題なので常に気を付ける必要がある。
  • フィアット
    法定通貨のこと。つまり現金と考えるとよい。
  • スマートコントラクト
    直訳すると「賢い契約」。仮想通貨は、取引記録の中に契約条件を記入できる。
    例えば、Aさんが、チャリティ資金として、Bさんにお金(フィアット)を募金するならば、その後のお金の用途は不透明なままであり、無事ア〇ネス御殿が出来上がるのである。
    しかし、Aさんが、「貧しい村に水道を作るという条件で」Bさんに仮想通貨を募金すれば、Bさんはそれに縛られ、「水道を作るため」の資金として各所に支払いを行わなければならなくなるため、悪用ができなくなる。
  • スキャム
    詐欺のこと。FXやHYIPなどでは頻繁に使われていた用語である。資金の持ち逃げ、計画的倒産などが多い
    そもそもHYIPもICOも親和性があるので同じ連中がやっていることもしばしば。ソーシャルレンディングなどの分野も要注意。
  • Satoshi
    ビットコインの最小単位。0.00000001BTC=1Satoshi。ビットコインの技術論文の著者の名前が由来。
    草コインの会話ではSatoshiは常用される。
    ちなみに支払いにおいては、546Satoshi以下の支払いはdustと呼ばれ承認されない。
  • DoggeCoin(DOGE)
    Doggeは、犬の古表記。犬コイン。ネタで作ったコインだが、草コイン界隈では基軸通貨となっている場合もある。
    なぜなら1satoshiより小さい単位を扱えるから。1satoshiより小さくて、DoggeCoinで扱っている草コインをうっかりBTC売買すると大損をこいたりする危険性があるので注意。
  • AirDrop
    無料で仮想通貨を配ってくれるプロジェクトのこと。上場すれば価値がつくので、オトクな結果に。似た用語でレイン(rain)というのもあるが、これはゲリラ的に発生するバラマキイベントのことを指す。
  • NHM
    NiceHash Minerの略。効率的な採掘通貨を選んで自動的に掘ってくれるスグレモノでマイナー御用達。手数料が高いが安定した利益を挙げられる。ちなみに2017年12月にGOX被害を受けた。
  • ムーン
    およそ10倍以上のレベルで通貨の価値が爆発的に上がることを表現したもの。「Fly Me to the Moon」由来(多分)
  • ガチホ
    通貨がいくら上がろうが下がろうが売却せずそのまま持っておくこと。
  • KYC
    “Know Your Customer”の略。要は本人確認。海外ではパスポート+ウェブカムで撮影してAI認証させる場合が多い。なおICOでKYCが用いられる場合、大手取引所への上場も視野に入れていると考えられ期待値が上がる。
  • 2FA
    “Two Factor Authencication” 二段階認証のこと。メルアドとパスワードだけではGOXされる可能性が高いため、必ず実装しておく必要がある。
  • クジラ
    大量にビットコインなどの仮想通貨を保有している人を指す。支配的に価格を操縦できるとみられる。クジラさんが手放すと仮想通貨が暴落するのではないかと危惧されている。

主要通貨の紹介(一部)

  • ビットコイン(PoW)
    送金コスト高やスケーラビリティ問題などがあり実用面では疑問符が呈される場合が多く、解消に向けた協議が重ねられている。
  • イーサリアム(PoW→PoS)
    時価総額第二位。スマートコントラクトが大きな特徴であり、その技術を活用してあらゆるトークンが派生。草コインの親玉である。
    ICOを買うための通貨として需要が高いので、2017にはかなり価値が上がるかと思いきや、夏場には失速気味。
    技術的には現在PoWからPoSに以降する最終段階「セレニティ」であり、過渡期となっている。
  • モネロ(PoW)
    匿名性の非常に高い通貨。CPUマイニングに向いている。
  • ネム(PoI)
    用語解説のとおり、保有量と使用頻度によって価値が決められる。
    そのため流動性に期待できる通貨となっている。
  • リップル(PoE)
  • ビットコインキャッシュ(PoW)

なおこれらの通貨のトレードのみであればCoinCheckで可能。

参考:PoWは悪でPoSは善か?

電力を莫大に消費するPoWは、PoSと比較してエネルギーの無駄遣いを指摘されるが、どちらも一長一短ある。

  • PoW:消費電力は莫大だが、マイナーはその通貨を保有する必要がないので流動性が上がり通貨としての実用度が増す。また採掘競争であるためディフィカルティが上がるが、逆に言えば暗号通貨としての取引安全性も高まるという側面もある。
  • PoS:保有しているだけでマイニングとなるため、ホルダーはその通貨をなかなか手放そうとはしない。あるいは手放す時は大量放出になるため、流動性が安定せず価格の騰落も激しくなる。儲けるという行為のみに集中すれば意義があるかもしれないが、通貨そのものの実用性を考えると疑問符が付く。

仮想通貨投資7つの戦略

簡単なものから順に上げていきます。レバレッジをかけたFXは推奨していないので紹介していません。

戦略1:月々の積み立て

Zaif積み立てで月5万円ほどをじっくり積み立てる戦略。
何を買うか迷った場合は、マイニング方式、つまり

  • BTC(PoW)
  • ETH(PoS)
  • XEM(PoI)
  • XRP(PoE)

で分散するといいかも。

戦略2:C20投資

アルゴリズムで勝手にトレードしてくれるC20トークンに積み立て投資を行う。
草コインもカバーしてくれるので楽。(→詳細記事
Biboxで購入可能。

戦略3:NiceHash Minierでのマイニング(PoWマイニング)

NHM+グラボで至極素直にマイニングさせる。電気代はかさむが結構儲かる。

ただしグラボの枚数はGTX1080Tiで言えば8~10枚が理想…なぜならばある程度の規模ではないとNHMからペイアウトされないという残念な状況に陥ってしまうから。初期コストは100万円近くかかるがリターンも大きい。

ちなみにクラウドマイニングと違うNHMの利点は、クラウドマイニングであれば、ある程度採掘する通貨が固定されてしまうが、NHMの場合は、最終的にビットコインに変換こそすれ、採掘通貨やアルゴリズムはその時々に応じ選択されたり、追加されたりする場合があり、ディフィカルティ上昇の煽りを受けにくい点である。

なお上級者はNHMから離脱して独自の道を歩んでいる。

戦略4:クラウドマイニング(PoWマイニング)

マイニング代行業者にお金を払って勝手に採掘してもらうサービスがある。
報道ステーションでも紹介されたのが、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)

ジェネシスマイニングでで買うべきはビットコインのハッシュパワー一択!
しかし現在はスウェーデンに基地拡大中で、今はパワーを売っていない。

イーサリアムは再販開始!(1/25~)

戦略5:草コイン投資

BinanceやCoinExchangeの草コインで遊ぶ。
5chマネーは結構えげつない。
早く乗って早く降りるのが一番の理想。

戦略6:ICOを見極める

WPなどを読みながらICO投資をじっくりするというのが一つの手。
どちらかというと売り抜けより、プロジェクトを応援するという意味合いが強いかも。
中にはスキャムも存在するので、見極めが大切。

戦略7:草コインのPoSマイニング

草コインの中でPoS方式(プルーフオブステーク)のものについては、ある程度の規模通貨を持つと勝手に増えてくれる。(前述のとおり、通貨量で権力が変わるため)

PoSマイニングはウォレットを常時稼働しておく必要があるが、PoW(プルーフオブワーク)などのGPUなどのマイニングが必要なく消費電力も少ないので、場合によってはVPSなどを用いたマイニングをすることも可能という長所もある。(禁止されている場合もあるので注意)

ただしPoSには熟成期間というものがあり、期間内に資金を移動してしまうと、マイニングフィーを受け取ることができないなどという注意点もある。

草コインは暴騰暴落が当たり前なので、波に乗っても塩漬け…という場合もしばしば。そのうちに暴落してしまったり。これはなかなかの愛好家でないとやる気が起きないかもだが、ネット上の情報は充実しつつあり、参入障壁自体は決して高くはないので、やってみるのも吉かと。

基本アプリ

  • Google Chrome
    拡張ツール(TabResize・Metamaskなど)のために必要
  • TabResize
    4画面などで取引画面を開けるので、チャンスを逃さない。
  • MetaMask
    ERC20対応ウォレットなのでICOの出し入れに便利。
  • blockFolio/Cliptofolio(スマホアプリ)
    ガチホの場合はバラバラになって何がなんだかわからなくなるので、銘柄管理必須。
    どっちも似ているが日本語や円表記対応ならCliptofolio。
  • Google Authenticator(スマホアプリ)
    二段階認証アプリ。できれば複数の携帯で登録しておきたい。

登録すべき取引所一覧

【参考】これから始められる方へ!

取引所は規制がない限りは際限なく増え続けてゆきます。
CoinCheckなど実生活(日本円)とつながる取引所以外は、専用メアドを作ったほうがいいかもしれません。
https://accounts.google.com/signup
仮想通貨用のメアドを作って、全部開設してしまいましょう。
メールアカウントのパスワードは強力なものにしておきましょう→生成器

新規登録が停止したり、エラーで登録できなかったりすることが頻繁にあるため、取り急ぎ登録しておいたほうが良いです。

★5~

  • CoinCheck:消滅しました
  • QUIONE(重要度/信頼度:★★★★★★)
    CC、Zaif、Bitflyerなどと並んで古くから存在するが知名度がないに等しかった存在。しかしCCGOX後のセキュリティ対策アンケートでコールドウォレット・有識者によるセキュリティテストなど、完璧な対策が行われていることが判明し、にわかに注目を浴びている。通貨預け入れの観点から考えると、重要度・信頼度ともに最高レベルと考えられる。(クリオネの対策状況はZaifの項目下にあるリンクを参照のこと。)
  • Zaif(重要度:★※格下げしました)
    日本の最大手取引所の一つ。CCがなければダントツの悪徳取引所で問題視する声が後を絶たない。
    積み立てするだけの機能に絞るべきか。
    セキュリティ対策室を立ち上げたにも関わらず、マスコミのセキュリティアンケートを無視するなど、GOX懸念もある。
    【仮想通貨】国内大手取引所のセキュリティ対策が杜撰すぎる…GMO・DMMは不明瞭、Zaifに至っては回答すらせず
  • Binance(重要度:★★★★★)
    手数料も安く表示も比較的軽いので操作がしやすい。
    新規登録できなくなったりするので、タイミングは逃したくない。
    100銘柄ほどなので全部買いする人もいる。表示は軽快。
    手数料0.1%

ちなみにマイニングやAirdropなどのコイン調達を除いては、Coincheckでビットコインやイーサリアムを買い、海外の取引所などに送信するのがデフォルトの方法です。
億り人のパターン:10万円分のBTCを購入→CoinExchangeに入れる→Moon!

  • Bittrex(重要度:★★★★★)
    取引高世界最大級。手数料0.25%
    新規登録停止中
  • Poloniex(重要度:★★★★★)
    アルトコイン取引世界最大級。手数料0.25%
    レンディングも出来る。
  • CoinExchange(重要度:★★★★★)
    草コインの宝庫。億るなら必見? 手数料0.15%

BittorexとPoloniexは大手ということもあり、アカウントを作っておいて損はないでしょう。

★4

  • Cryptopia(重要度:★★★★)
    草コインの取引所。CoinExchangeと双璧をなす存在。
    流行りのコインもあったりする。
    手数料0.2%
  • KuCoin(重要度:★★★★)
    選定銘柄が優良とされている。
    KCSで配当を得るのが無難かも。
    手数料0.1%
  • HitBTC(重要度:★★★★)
    有名どころではトロン(TRON)やiXLedger(IXT)などがある。
    実はBCH(ビットコインキャッシュ)の取引高が世界最大。
    意外に上場のハードルが高いので、しっかりした通貨が多いかも。
    手数料0.1%
  • YoBit(重要度:★★★★)
    取引ペア数6500。
    InbestBox(レンディング)も人気がある。
    なかなか危険だがこまめに乗りこなす自身がある場合はオススメ。

    ダイスを転がす丁半博打のク〇ゲーもある。
    しかし0.1BTCから10連勝すれば100BTCで無事MOON!(ちょっと嘘、しかしBOより勝てそう……ゴクリ)
    手数料0.2%

★3

  • CryptoBridge(重要度:★★★)
    BCOステークにおすすめ。ただこれもPoSと似たところがあり、定められた期間程度気絶する必要がある。
    “Launch DEX”を押す。
    手数料0.2%
  • Bibox(重要度:★★★)
    HPいわく、世界初の人工知能トレーディングを行っている(BIX)
    当サイトいちおしのC20も取扱予定。

★2

  • EtherDelta(重要度:★★)
    管理者不在のP2P取引所。取引所破綻リスクがなくICOやAirdropなどが良く上場される。
    一般的な取引所でないので出し入れの度にマイニングフィー(手数料)が発生。MetaMaskを導入しておく必要あり。
  • idex.market(EtherDeltaと近い存在。MEWやMetaMaskなどERC20ウォレットと接続して使用。ICOなどが取引される。)
  • Bitfinex(レンディングなど、新規は1万USD以上必要)
  • Kraken(日本語対応)
  • Bithumb(韓国の大手取引所)

低評価

  • Changelly(両替サイト)
    両替タイミングは遅い、レートは悪いでいいところなし。

通貨から取引所を逆引きする。

取引したい通貨を探して逆に取引所にログインするという方法も。

CoinMarketcap-all

から上がってるコインなどを1日単位、1時間単位で見られる。

草コイン心構え

  • クジラなどの動向をチェックしておく。
  • BinanceKucoinなど、投票で上場が決まる取引所を常にチェックしておく。
  • 5chの仮想通貨版がなんだかんだで参考になる。(無用はポジトークは控えめに!)
  • 爆上げは一瞬で終わる可能性が高いので売り抜けが必要。あえてガチホする必要はない。

参考サイト・SNS

興味深いサイトやSNSを随時追加します。

動画

サイト

  • https://cryptowat.ch/
  • https://walletinvestor.com/
    すべてのコインの将来価格を予想しているサイト。一応の参考になるかも。
    個別ページは自動生成されているものと思われるが、
  • これを翻訳するだけでブロガーの記事になるかも(´・ω・`;)
    例えばProteanという通貨ならこうである。

「Protean CryptoCurrency に投資すべき でしょうか?」「今日はPRNを購入すべきですか?」当社の予測システムによると、 PRNは素晴らしい長期投資(1年)です *。 Proteanの予測は、スマートな技術分析によって最新の価格で3分ごとに更新されます。時価総額が低いため、PRN価格は簡単に操作できることに注意することが重要です。 PRN予測に関する Q&A
Walletinvestor.comでは、Proteanのような幅広いデジタルコインの技術分析により、将来の価値を予測しています。あなたが良いリターンで仮想通貨を探しているなら、PRNは有益な投資オプションになることができます。プロテウスの価格は0.000215 USD(2018-01-23)です。あなたが今日100ドルでProteanを購入すれば、合計465631.723 PRNが得られます。当社の予測に基づき、長期的な増加が予想され、2023-01-19の価格予見は0.00265米ドルである。5年間の投資で、収益は約1133.87%になると予想されています。現在の100ドルの投資額は、2022年に1233.87ドルまでになる可能性があります。ーvia:PRN Predict

  • https://www.worldcoinindex.com
    通貨を検索すればredditやTwitterなど、それに関するSNSの反応がみられるのでざっと動向をつかめる。

なんかややこしいんだけど・・

草コインとかPoSマイニングとかややこしい… わかりますその気持ち。

そんな人は!

一番ラクなのは勝手に稼いでくれるアルゴリズムや取引収益を分配してくれる所に投資するのが良いかもしれません。

案外、最後にはのらりくらりと投資していた人が勝ち組だったりする場合もしばしば。

投資アルゴリズム

取引収益の分配

など。

マイニング心構え

PoWマイニング(おもにGPU)

  • グラボはGTX1070以上がベター。1080Tiがベスト。収益見込みはNHMで確認するといい。
  • グラボマイニングの場合は、ワットパフォーマンスを抑えながら最大効率でマイニングすることが望ましい
  • ただし定格動作でも別に問題はない。エアフローなどには気を付けるべし。火災にも注意🔥(´・ω・`)🔥
  • 転売もでき、価値はそこまで落ちないところが魅力の一つ
  • (私のような)初心者はNHMを起動させるだけで万事OK

PoSマイニングの方法(概要)

  • 基本的にはPoWの通貨を安いうちに買いまくる。
  • ウォレットをダウンロードして、そちらに移し、マイニング(熟成)させる
  • PCはつけたままじっと我慢。(スマホやタブレット対応の場合も)

PoS注目通貨

  • XP
  • PAC
  • Sprouts
  • SHND

など。

PoSマイニング情報の調べ方

など。

ICOの投資方法

基本形

  • 会員ページなどが存在していない場合は以下。
  • CoinCheckMetaMask→ICO→MetaMask
  • 欠点としてはETHのみしか投資できないところ、トークンはすぐにゲットできる

関連記事:【ICO投資】何でも買える!MetaMaskを用いたICOの買い方~2018決定版~【ERC20】

サイト管理ページ系

  • 上画像のように、会員ページで所有コイン数を管理してくれる場合は以下。
  • CoinCheck→ICO→管理ページで入金反映→MetaMask
  • 長所としてはETHだけでなくBTCその他からの入金が可能な点。ただしトークンが実際に発行されてお財布に入るまでは時間がかかるのでSCAM注意。
    ちなみにこのようなページの場合、二段階認証がある場合は必ず入れておく。

ETHがない場合

BTCがある場合、ETH/BTCの交換を行う。

  • Zaif
    が取引手数料-0.01%なので有利。

それ以外の通貨の場合は、手数料が0.1%と低い以下の3取引所でのETH交換がおすすめかと。

ICOの探し方

ICOカレンダーなどで見る。

概要が一行で書かれているのでお目当てのものを見つけやすい。

良さそうなの(未検証)

ICO選定の心得

  • ICObenchなどの評価も見てみる。
  • サイトの動画およびWhitePaperを見る。Google翻訳でも見られるので翻訳しよう。
  • 名前や顔写真、協賛企業がない場合は要注意!
  • プロジェクトメンバーの名前が出ている場合はそれも調べ上げる。
  • 同業他社のライバルと比較してみる。WPで比較していればなおさら心強い。
  • whois情報でサーバーの箇所なども念の為見ておく。
  • (経験上)草コイン売買してるほうが早いので、あれもこれもと買わないほうがいい。

質問など

  • 英語がわからない。
    Google翻訳で大丈夫です。
  • MetaMaskから草コインを送信するにはどうしたら?
    MEWがMetaMask連動ですので、まずはMetaMaskのお目当ての財布を開いておいて、MEW>Send Ether &TokensからMetaMaskを選びます。

あとは直感的に送信処理を行えます。

  • PoSはネズミ講なの?
    とらえ方によります(´・ω・`)

まとめ

仮想通貨の投資方法のあれこれをご紹介しました。初めて仮想通貨について調べられる方にとっては、いろいろな投資方法(儲け方)があるのかと驚きになられたことかと思います。

当サイトはマイニング(PoWマイニング)とICO派ですが、草コインに夢を掛けてもいいですし、コツコツ積み立てて経済的な余裕を作ってもいいかもしれません。

参考になれば幸いです。

黒船来航!世界レベルのガチシグナルはこれだ

常時100通貨をスクリーニング、チームによるテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、インサイダー情報を収集し、シグナルを発信します。日本語のサポートデスクあり。

ロシア/イギリスの最高頭脳集団の仮想通貨シグナルを是非体感してください。

日本語シグナル配信開始!チャート分析の参考になること必至です
テレグラム登録して、購読ください(無料)
こちらから

プレミアムシグナルへ登録は以下からどうぞ
登録フォーム(日本語)

コード:SkyRockJapanLHで全てのサービスが50%オフになります。
60%オフコードは塾生限定配信!
パートナーシップを結んでおり、他ではこれ以上安く購入することは不可能です。

ちなみに当チャンネルでも、SkyRockのシグナルはこっそりと紹介します(公認です)
私のYouTubeチャンネル登録もよろしくお願いします。

仮想通貨FXのおすすめはこれ!

1位:Tradeview Forex

Tradeview ForexはBTCFXに限らず神です!
塾生(プレミアムユーザー)になれば世界最安の特別単価適用を受けることが可能です。
詳細はLINE@にてお問い合わせください。
https://www.tradeviewforex.com/jp/open-live-account.php?ib=2283?

2位:BitMEX

BitMEXは登録もしやすくチャート読みに必須!(手数料10%OFF口座は以下から)
https://www.bitmex.com/register/S3NzP0

TradingViewも欲しい

(BTC)FXで勝つにはやはり必須ツールです(´・ω・`)
Pro+プランで練行足やポイント・アンド・フィギュアといったプロ必達の非時系列チャートが使えます!

https://tradingview.go2cloud.org/aff_c?offer_id=2&aff_id=10668&url_id=25

LINE@で限定情報を!

LINE@にて、最新情報、限定情報を紹介します。


このように、SkyRockのシグナルを共有することもあります。(上の画像は合成ではありません!)
また、LINE@塾生(プレミアムユーザー)プランもご用意しており、最高の環境でトレードが可能となります。
https://line.me/R/ti/p/%40jbv3169b

コイン相場も入れておこう。

コイン相場は絶対入れておくべきです
入れたらわかるそのすごさ!(´・ω・`)
Android/iOS

自己紹介

仮想通貨をメインに、ライフハック的な動画を提供しております。
現在、国内最大手仮想通貨アプリ「コイン相場」アプリ準公式YouTuber、ロシア/イギリスの世界最高投資集団である「SkyRock Signals」公式パートナーとなっております。
また上述の、某国際大手FXブローカーの共同パートナーでもあります。
ホワイトユーチューバー/ブラックユーチューバーのレベルを超えた、嘘偽りのない高精度なトレード技術を提供して参りたいと思っておりますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

チャンネル登録はこちらから↓

仮想通貨情報

【BTC】ビットコインはどうなる?11月16日の分析&短観 逆三尊体制だが5750あたりまでは危険?(´・ω・`)
https://youtu.be/tg6ZUKj92zc                 (´・ω・`)「深夜時間の逆襲があるかどうか」 (^ν^)「順襲という可能性も‥」

続きを読む

【XRP】リップルはどうする?11月16日の分析&短観 ドミナンス10%超えの2位に躍り出る 意外にステーブル(´・ω・`)
【XRP/BTC】リップルとビットコインはどうなる?11月5日の分析&短観 暴落の陰にMEXあり…? あくまでプライスアクション(値動き)で考える
【投資】ビットコインが急落。1年ぶりの安値に
【XRP】リップル/ビットコインはどうする?11月14日の分析&短観 暴落セカンドシナリオ…リップル受難感 巻き返しはあるか?【BTC】

「仮想通貨一般ニュース」記事をもっと見る

仮想通貨一般ニュース 人気記事

【XRP/BTC】リップルとビットコインはどうなる?11月5日の分析&短観 暴落の陰にMEXあり…? あくまでプライスアクション(値動き)で考える
【投資】ビットコインが急落。1年ぶりの安値に
【BTC】ビットコインはどうなる?11月16日の分析&短観 逆三尊体制だが5750あたりまでは危険?(´・ω・`)
【仮想通貨】ビッチをとるか本命をとるかで乱高下中、ハードフォークの行方は如何に!?【BCH】
【XRP】リップルはどうする?11月13日の分析&短観 爆上げからの調整0.236戻しの反発で全体的に好印象か(´・ω・`)【with BCH】
【XRP】リップル/ビットコインはどうする?11月14日の分析&短観 暴落セカンドシナリオ…リップル受難感 巻き返しはあるか?【BTC】
【XRP】リップルはどうする?11月16日の分析&短観 ドミナンス10%超えの2位に躍り出る 意外にステーブル(´・ω・`)
【仮想通貨】Bitmexの”未実現損益”とは? 決済には注意が必要 トレードのこつも。【3/3】
【XRP】リップルはどうする?11月10日の分析&短観 0.50での攻防‥びっくりするほどフィボナッチ!
【BTC】ビットコインはどうなる?11月12日の分析&短観 6450とは言わない6400までは(´・ω・`)