PAMM最高!裏切られてばかりの投資家に、AlpariNZを勧めるただ一つの理由。

アフィリエイターの心は、移ろいやすいものである。

AlpariNZ は比較的優良なブローカーの類で、
2010年前後は、日本でもよく紹介されていました。
当時はAlpariUKが日本人の口座開設をキックしたので、
その避難先としてにわかに注目が上がったものです。

しかし、ForexTradingChoiceというサイトで、AlpariNZのキャッシュバックがなくなってからは、
全く日本で取り上げられなくなりました。
「紹介しても誰も儲からなくなったからやめた」
そしてAlpariNZの国内の知名度が急激に下がってしまったのです。
最近設立されたアルパリジャパンの方が有名になったのではないでしょうか。
現金なものですが、仕方ありません。
人の心の移り変わりの、早さたるや。

スポンサーリンク
[ad#ad00]

AlpariUK & Japanの破綻も対岸の火事

Alpariという名前を、逆に、スイスフランの暴落で破綻した会社として、
初めて耳にした方も多いかもしれません。
Yahoo!ニュースのトップにも掲載されていた大きなニュースです。
ただ、Alpariというのは、一つのブランド名であります。
多くの国ではAlpariブランドを掲げながら、それぞれ別オーナーが、、
その国のルールにのっとって、運営しております。言うなればフランチャイズのようなものです。
ローソン・セブンイレブンといったコンビニがFCとして、全国展開されているのと同じです。
近所のセブンイレブンがつぶれても、他の所に特に影響がないのと同じで、
AlpariUKがつぶれても、AlpariNZなど他のところには影響がありません。

実際、AlpariNZでは、このようなアナウンスメントを出しています。(一部抜粋)

Please note that Alpari UK is a separate legal entity operating under the Alpari brand and its financial situation does not affect other Alpari companies.
these companies do not face any financial difficulties and provide their services in full.
Source: alpari-forex.com, “Alpari UK Insolvency Does Not Affect Other Alpari Companies

なお、アルパリジャパンはAlpariUKと親会社・子会社の関係であるので、
同時に破綻してしまいました。
AlpariNZは、ロシアに本社機能を置き、口座をタックスヘブン国においております。
スイスと距離が近いながら、今回のショックをものともしなかったことは、
AlpariNZ の健全さ・安定性を伺えます。

AlpariNZ はPAMMに尽きる!

ブローカー選定の基準

約定速度の遅延・レートずらしがないか、など、
ブローカーの判断基準はさまざまですが、
この判断基準はあくまでデイトレーダーのものです。
宣伝文句に押されて、つい忘れがちになってしまいますね。
スイング派など、長期的運用をされる方には、
はっきりいって、こういった小細工の有無は関係ありません
レバレッジについては、たとえば、
AlpariNZのレバレッジ比率は25倍から1,000倍まであります。
高ければ高いほどよしとするのであれば、
おそらく最高峰の比率といえるでしょう。
何よりも、私が一番おすすめしたいのが、
PAMMアカウントが充実している、ということです。

PAMMアカウント、それこそがAlpariNZの真価なり

「PAMM、なんのこっちゃ?」と、初耳の方も多いかもしれません。
この言葉は、日本ではほぼ浸透していません。

PAMMとは、
Percent Allocation Management Module

の略です。投資信託と形態が似ていますが、
なかなか良くできたシステムではあります。

 

PAMMの仕組み

PAMMの仕組みをわかりやすくお伝えします。
まず、言葉の定義をいたします。

マネージャー:投資家から資金を集め、投資運用する方

投資家:信頼できるマネージャーに投資する方

一般的には、投資家はマネージャーとほとんど同じ意味ですが、
今回説明するに当たって、使い分けをさせていただきたいと思います。

資金を運用するマネージャーは沢山存在します。

いくつかのマネージャーはFXの相場において、オーダーを出し、利益を上げます。
今Aさんは、「私に投資しませんか?」と、投資を募りました。
すると、10人の投資家が投資をすると志願しました。
1人あたり、1,000ドル投資したとすると、10,000ドルが運用資金となります。
この資金をもとにして、マネージャーは投資を行います。
ここでマネージャーは4,000ドルの利益を上げました
マネージャーはここで、もうけた分の手数料をもらいます。
手数料を20%とすると、
マネージャーは4,000×20%=800ドルの利益となります。
残りの純利益3,200ドルを、10人で分配するとすれば、
320ドルの利益を得ることになります。
マネージャーも投資家も、どちらもwin-winとなる。めでたしめでたし。
と、これがPAMMの大まかな仕組みです。

ちょっと待って、投資信託と何が違うの?

ここまで聞くと、投資信託との違いは全くありません。
しかし、見かけの運用と、実際の運用が異なるのがPAMMのミソです。
マネージャーは見かけ上、10,000ドルのお金をもち、それを運用することになりますが、
投資家の手元には実際、1,000ドルを保有したままとなります。
つまりどういうことかというと、
マネージャーは仮想資金をトレードし増減が割合に応じて、投資家に還元されます
そのため投資家は手元に投資資金を残したまま、
マネージャーと同じ投資をするということになります。
仮想資金ですから、マネージャーは、持ち逃げをすることはできません。

コピートレードとの違いは?

すると次は、「じゃあコピートレードとは何が違うの」という疑問が生じます。
PAMMは仮想資金でトレードしますが、マネージャーの1回のオーダーで、
仮想資金が一括でトレードを行います。
コピートレードは、1人のマネージャーが投資した動きに追随し、投資家がトレードを行うので、
のべオーダー数は、投資家の人数分増えていきます。

そのため、コピートレードは回線や市場に若干付加もかかりますので、
必ずタイムラグが存在し、個々の結果に差が生じる恐れがあります。
もちろんマネージャーより増額することもありますが、スキャルピングなど、
細かい値動きでトレードする場合は、マネージャーは勝っているが、
投資家は、取り返しのつかない大損をしてしまうということもあります。

ところが、PAMMは、投資家から集めた(ように見える)お金を1回でトレードしますから、
レートのずれなどは一切存在せず、結果は平等です。1セットのトレードで済み、
その結果増減した金額を、投資比率に応じて配分します。
(つまりこれこそがPercent Allocationです)
そして、PAMMはみかけ上は大きなファンドになるので、規模が巨大になればなるほど、
個々のコピートレードとは違い、オーダーを市場に流さない
というブローカーの悪質な仕打ちがなくなってきます。
1,000ドルならブローカーもわざと、見せ板を操作し、
ロスカット直行ルートを辿らせることも多いですが、
100万ドルのPAMMアカウントは、ブローカーも破産リスクや信用リスクがあるので、
適切な価格で取引を行うであろう、ということは、
イメージに難くないと思います。

まとめ

スイスフランの暴落にも破たんしなかった、Alpariブランドのブローカーである、
AlpariNZのPAMM投資は、弱小投資家がマーケットにしがみつく、
唯一の方法にして、最大の方法であると、私は思う、ということです。

次回予告

次回は、AlpariNZにおけるのPAMMアカウントの実際のルールや収益を、もう少し掘り下げて
ご紹介していきたいと思います。

WallStreet ForexRobot 過去の結果

WSFR(FX自動売買ツール)の今までの結果をご紹介します。

pipsとは…利益の単位を表します。100万円で1ロット(10万通貨)固定で取引した場合、1pip=1,000円と大まかに計算することができます
トレードはデモでなく、TradeViewFXのリアルトレードの結果ですが、円換算は分かりやすくするための表記で、当方の実際のトレード利益ではありません。結果は測定タイミングが重複することなどがあり、実際の値とは多少異なる場合があります。

2017年5月~12月

  • +950.3pips(約95万円)

2018年 現時点トータル:421.5pips(421,500円)

  • 1月1週:+4.5pips(+4,500円)
  • 1月2週:+173.1pips(73,000円)
  • 1月3週:-108.1pips(-108,100円)
  • 1月4週:-215.1pips(-215,000円)
  • 1月5週:+126.4pips(+126,000円)
  • 2月2週:+185.1pips(+185,000円)
  • 2月3週:+98.9pips(+98,900円)
  • 2月4週:+134.6pips(+134,600円)
  • 3月1週:-16.0pips(-16,000円)
  • 3月2週:-57.3pips(-57,300円)
  • 3月3週:+88.9pips(+88,900円)
  • 3月4週:-99.8pips(-99,800円)
  • 3月5週:+66.7pips(+66,700円)
  • 4月:+187.2pips(+187,200円)

ざっくり…7月4日まで半年で約600pips…多い?少ない?

設定ファイルは非公開記事にしました。WSFRを当サイトから購入された方にお伝えいたします。

TradeView(おすすめFXブローカー)

TradeViewは一流トレーダーの間でも評判が高いものです。(様々な事情通ブロガーが賞賛しています)

実際に、大手海外FX取引業者のXMと比較しても圧倒的な安さになります。下表をチェックしてください。

(1USD=110) TradeView XM
平均スプレッド 0.2 0.2
往復手数料/1lot 約400円 約1,200円

圧倒的に安いです。スプレッドの低さも魅力的です。是非登録をオススメします。

口座開設の選択は、”メタトレーダーILC口座”を選択しましょう。

自動売買を行う流れ

またご参考として、WSFRを用い、FXの自動売買を行うためのおもな流れを簡単に解説していきたいと思います。

①口座開設

口座開設は上述の例に習います。TradeViewがおすすめとなります。

②VPS開設

自動売買を行うためには、24時間PCを起動させておく必要があります。

そのPCをVPSと呼ぶのですが、自分のPCを24時間起動させていても問題アリません。ただしサーバーの位置関係から約定速度に問題が生じるなど細かい部分での差が出てくることは確実ですので、普通は海外のPCを借りてトレードを行います。

とりわけWin-VPSは非常に安価なので、こちらがおすすめです。(プランは検証の末、シルバープラン以上が必須といっていいかと思います。)→解説記事

※エラーが出る場合は、こちらからお進みください。

③自動売買ソフトの購入

最もおすすめはWSFRですが、その他にはDIAMONDが筆頭格です。

VPSを設置し終わるとWindows環境になるので、あとは直感的に操作をすることが可能です。

まずはTradeViewのMT4/EAソフトをインストールして実行します。(XMのMT4はこちらからDLします)
そしてWSFRなどのEAソフトはインストーラーファイルになっていますので、そのままインストールすればOK。

EA設定を行う

MT4を開き、トレード対象通貨を開きます。そこで使用したいソフト右側のツールバーからドラッグアンドドロップすれば、設定完了となります。動かない場合は各種チェックが入っていない場合がありますが、それほど難しい設定は必要ありません。

トレード時間の設定(Friday-Exit)や指標発表時のトレードストップなどについての設定は、当サイト経由でWallStreet Forex Robotをご購入された方にお送り致します。

購入された方は、フォームよりご連絡ください。購入が確認できましたら、設定方法をお知らせ申し上げます。それでは、良きシストレ生活を!

【注意事項】
FXのEA(システムトレード)運用に関する結果は、XMおよびTradeview口座を用いた結果であり、それ以外のブローカーについて同等の性能を保証するものではございません。また、投資には相応のリスクが存在していますので、最終的なご判断は、あくまで自己責任で行って下さい。
pips獲得高は、Myfxbookのデータに基づく正確なものでありますが、利益計算は、手数料やレート換算等を除いたおおまかな数値です。

株・マネー

【Project OPA カウントダウン開始!】様々なプロたちがカウントダウンを開始しててワロタ ぼくたちもがんばるで。【現役アナリストの徹底解説】
https://www.youtube.com/watch?v=cb0U5HFLsmY

続きを読む

【コリアウォン】USD/KRWさん、GSOMIA破棄と円暴騰の影響でひっそり爆死中【1217】
【速報】ドル円暴騰、パウエルFRB議長の講演が契機か
【2019年3月4週戦略】金・ユロドル・ポンドル・ドル円・ユロポンの戦略を考察する【動画】
【mql5.com】超絶セール!マクミクフルセットが1500ドルくらいで入手でき、永年サポートが受けられる件【Max Mixed Hedging DC/Twin Max-Mixed/Twin Hedge】

「FX~常勝トレーダーへの道~」記事をもっと見る

FX~常勝トレーダーへの道~ 人気記事