3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~

裏ワザというほど大層なものでもありませんが、3万円台で快適なPCを購入する技があります。

それについてご紹介してまいりたいと思います。

2017年4月6日追記:圧倒的な中華ノートがデビューしています。こちらは必ずチェックしてください。

ヤフオクでベーシックモデルを買うべし!

単刀直入に言いますと、ヤフオクでベーシックモデルを買ってメモリ増強とSSDの換装を行うのがベストだと思います。

すでに換装済みの商品をヤフオクで販売されているケースもありますが、どうしても割高になってしまいます

ヤフオクのオススメは?

色々ありますがコンパクトモデルでは「東芝のdynabook R731」です。

2011年の東芝モデルは企業リースなどでかなり出回ったためか、比較的安価にヤフオク市場に流れています。

(以下、本記事はR731をベースとした増設のご紹介となります。)

R731の基本スペック

  • CPU:Corei5-2520M、
  • メモリ:2GB
  • HDD:250GB
  • 光学ドライブ:なし

最近ではi5十分論もあるくらいですから、価格とパフォーマンスを両取りするモデルとしては、悪い選択ではないと思います。

2016-07-04_21h29_06画像出典:http://btoパソコン.com/blog/2015/cpu2.html

念のためスペック比較表をご覧頂きましょう。赤で囲んでいる箇所より少しだけハイスペックなのがCorei5-2520Mです。

それほど悪くないことがおわかりいただけるかと思います。

えっ?当サイトにCPU記事があるのになぜ別の記事から引っ張ってきたかって?

これを出したかというと…現行は第六世代なんで、それと比較してしまうと流石に厳しいんですよね・・・(´・ω・`)

とはいえ!時代が時代ならハイエンドマシンであったということは想像に堅くはないでしょう!

ということでこれをベーシックモデルとして改造してみたいと思います。

改造内容

改造…と書きましたが大したことはないです。メモリとHDDをすげ替えるだけです。

250GBのHDDを、240GBのSSDに、

2GBのメモリを16GBのメモリに

すると、たったこれだけです。

予算は?

R731の落札相場は概ね16,000円~25,000円です。

オークションなので安いとき、高い時はありますが、僕の場合はWindows10アップグレード済モデルが1万9,000円(送料込)台で手に入りました。

みなさんも送料込みで2万円以下を目指すといいと思います。

※OS無しなどのジャンクは本記事では非推奨とします

メモリ・HDDは爆安

増設メモリは DDR3L 1600 PC3L-12800対応のものを選びましょう。私は

シリコンパワー ノートPC用メモリ 1.35V (低電圧) - 1.5V 両対応 204Pin DDR3L 1600 PC3L-12800 8GB×2枚 永久保証 SP016GLSTU160N22

SSDはこだわりもあると思いますが、コストを求めて、Crucial製のものを

6,800円くらいで購入。

しめて13,300円。

PCと合算すると32,300円。決して悪くはないですよね。

その他必要なもの

ただしノートPCの増設を初めて行う方は、工具やHDDコピーなども必要になってきます。

初心者の方やHDDクローン経験がない方は、

精密ドライバ

HDDクローンマシーン

サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4

購入して換装してみた

DSC09698

一番下のものがヤフオクで届いたPCです。ここからは換装の手順を追いたいと思います。

まずは起動確認

精密ドライバを使って開けましょう。

DSC09702

ダーツバレルを髣髴とさせるこの精密ドライバの佇まい、ダーツファンにとってはそそられるものであります。 

というのは余談として……

HDD・メモリカード蓋周りだけはかなり小さなネジになっています。開けるのは下の写真の場所と

DSC09703

メモリの蓋を開けた時に見える一箇所(いわゆる”隠しネジ”)計4箇所。

DSC09704

DSC09705

丸見えになりました。あとはメモリとHDDを外すだけです。

メモリ外しは超簡単

DSC09713

メモリを外すには→の部分を外に押します。力は特に不要です。


DSC09718

つまんで引っ張ると、

DSC09719

浮き上がります。これを外すだけ。(写真では清掃のためにカバーを外していますが、そこまでする必要はありません)

逆に差し込みは、斜めに差し込んで下に押し込むだけで、自動的に嵌ります。

DSC09722

切り欠きには注意して、慎重に差し込みましょう。

HDDの取り外し

DSC09707

HDDのケーブルはフレキケーブル(ふにゃふにゃなやつ)なので、できるだけやさしく外します。(本機の場合はネジ止めはされていませんでした)

HDDのコピー・・・できなかった

ここでHDDを USB-CVIDE4でやりましたよ~と書こうと思ったのですが、

DSC09709

繋いで10時間後…

全くゲージランプが増えていきません(´・ω・`) 同じ容量のHDDだとコピーできないのでしょうか…

(正しい状態だと、0~100までの4つ分のメモリが一つづつ点灯していきます。)

……ということで諦めて、PCにつないでソフトウェアでコピーを行う方法に切り替えました。

PCでコピーの方が早い!?

HDDクローンに使ったのは、みなさんおすすめの「EaseUS Todo Backup

Free版で充分使えます。2016-07-04_11h46_54

このあとメアドを入れて入手。無料体験版でOK!

インストールは以下の点(Freeを使う)のみ注意すれば大丈夫です

2016-07-04_12h03_35

HDD接続

さっきボツになった USB-CVIDE4ですが、USB接続するとPC上に両ドライブが認識されるので、ソフトでコピーする場合にも持っておいて損はありません

DSC0972a4

接続すると元のHDD(写真でいうと上のHDDの)だけが認識された状態です。

ドライブの認識

新品のSSDはドライブ未割当てで、EaseUS Todo Backup上にも表示されないため、表示させるために、管理ツールを開きましょう。

コントロールパネルから開けますし、Windows10の場合は、左下の窓をクリックし、そのまま「フォーマット」と打ち込んでエンターを押せば

2016-07-04_11h58_29

出てきます。この中で、未割当になっているディスクを探します。

 

2016-07-04_12h00_57

これを「右クリック→フォーマット」でOK。ダイアログは何も手を付けず、そのまま進めれば問題ないです。(MBRかGPTかについて聞かれた場合、MBRで大丈夫です。)

ちなみに画面をご覧頂きたいのですが、「ディスク2」「ディスク3」と表示されていますよね。今回ディスク2がコピー元ドライブで、ディスク3がコピー先ドライブになります。

このディスク番号は、Todo Backup Freeを使うときにも必要になるので、間違いのないように、覚えておきましょう。

ソフト起動

初回起動時にはシリアル入力を求められますが、「後で」でどうぞ。

後は簡単です。

2016-07-04_12h08_13

クローンというところをクリック

2016-07-04_16h08_08

ターゲット元(コピー元)は当方の環境の場合、ハードディスク2

2016-07-04_12h13_46

ターゲット先(コピー先)はハードディスク3

消去されますが~はOK問題なし

コピー元のディスク→コピー先のディスクの順に選択していきます。左下の「SSDに最適化」のチェックは忘れずにしておきましょう。

 

重要!

 

コピーするときは、ターゲット元のハードディスクアイコンのすべてを選択しないと失敗します。(上の場合は4つ全て選択)

これをミスると、回復コンソールを何回やり直そうが、コマンドに何を打ち込もうが、正常には起動しません!


DSC09728

“PXE-E61: Media test failure, check cable”などのメッセージが出てくる

「EaseUSでクローンしたのに起動できない!」といった方は、こういったケアレスミスがないかも再確認してください。

体験者は語る……(遠い目)

コピー時間わずか28分!

2016-07-04_12h18_25

初期化時間が長いものの…

2016-07-04_17h21_53

なんと約27分59秒で終了。驚きの速さです。

clone

見た感じ、しっかりとコピーされていますね。

SSD設置

コピーが終わったら、あとはSSDを突っ込んで蓋をすれば終了。

DSC09725

ここまで最短で40分くらいの工程です。

(私の場合は様々なミスも含め数十時間ですが・・・w)

起動

いざ、起動!

DSC09741

拍子抜けなくらいすんなり起動します。

起動時間は12.5秒と上出来。

注意の囲みで書いたような、起動できない的な現象が起こるかなと思ったのですが、なんのお咎めもなしです。

性能は?

性能評価はおいおい。今はCrystalDiskMarkの値だけを載せておきたいとおもいます

before.jpg

Berofe

after.jpg

After

まあこんなにも変わるものかと驚きです(´・ω・`)b

まとめ

ヤフオクでR731→アマゾンでパーツ調達で、

  • Core i5
  • メモリ16GB
  • SSD 240GB

のなかなかのPCが3万円台で入手できます。

上記のように最短手順をたどれば所要時間は40分程度ですから、趣味としてやってみるのもいいかもしれません。

ご参考にどうぞ!!

リンク先はメモリです

※当サイトを参考にされた場合の事故についての責任は負いかねます。予めご了承ください。

追記:メモリの認識について

本記事についていただいた、 ijs01140様のコメントによると、

dynabook R731はメモリは(公式発表によると)8GBまでしか認識しないと記載されています

とのことでしたが、

toshiba

Windows上で16.0GBと認識されている状況になっています。

ご参考くださいませ。

追記

冒頭にも紹介しましたが、ペンタブにもフォトフレームにも、そしてWInマシンとしてもキータッチに妥協しない現行最コスパの銘器が爆誕していますので、そちらもご参照下さい。

自作PCを23台組み上げた管理人イチオシはFrontier!

(お知らせ)2017年より、毎月ドスパラやマウスコンピューターなど、有名BTOサプライヤーとの徹底比較を行ってまいりましたが、Frontierに構成や価格で勝所は存在しないということを悟りました。そのため、これからはFrontierのマシンのみをご紹介することにいたします。

自作歴18年、自作PC数23台の管理人のおすすめ構成ですので、ご安心してお求めください。

フロンティアおすすめ構成例

※常に在庫が変動している関係から、商品構成が変わっている可能性があります。
逐一チェックはしておりますが、不備がございましたらご容赦ください。

Ryzen

  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
  • SSD:1TB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:850W

Intelを性能・コストで完全に抜き去ったといわれる第3世代Ryzenを早速採用し、SSD1TB、HDD2TBの大容量、そして電源が850Wという衝撃仕様。(今までこの容量は激安BTOで見たことがありませんでした)

ダメだこれは今すぐ買いだわ…

Intel

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【CPU速報】パソコンのCPUなんだが最新のi5と一世代前のi7どっちが性能がいいの?
1: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 12:58:54.03 0 i7の方がいいなら形落ちで安くなってるからお得かもな 以下、反応 196: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 22:11:13.72 0 >>1 i3でもi5でもi7でもコア数が同じなら性能はクロック数次第で大差ない   233: 名無し募集中。。。 2019/07/16(火) 15:27:48.75 0 最新のi5は 前世代よりクロック周波数を少し上げただけだから さすがに6コア12スレッドのi7には及ばない 8コア8スレッドの今世代のi7との比較を知りたかったのかな?>>1は それとも4コア8スレッド時代のi7とか 最近のintelのCPUはややこしいね   4: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 13:01:43.26 0 同じぐらい   8: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 13:03:51.91 0 ライゼン5 1400 使ってるけどゲームしな

続きを読む

【鬼安】最新CPUのZen2搭載、VRとレイトレーシング対応のRTX2060搭載、爆速NVMe SSD搭載のPCが税込み12万円!
【PC】BTOで稼動8年「50000時間」PC、壊れたパーツはたったこれだけだった
【朗報】インテルが表明「ムーアの法則は終わらない」AMD逆襲に賭ける想い
【´・ω・`】なぜ情弱はローエンドのノートパソコンを買ってしまうのか

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!【Ryzen9・3700X、完全にIntelを圧倒】
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
グラボ2枚挿しによって得られる性能と発熱・消費電力対策について。とにかくハイエンドを目指す方にはおすすめ。
【PC】誰かパソコン壊す方法教えてください!
【悲報】NVIDIAの最新グラボRTX2080ti、死ぬ
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
【Frontier】ワイのPC、ついに届く!!!!!!!!!!!!!!!!!! (反応まとめ)
【5ch民のPC】お前らのPCってもちろんデスクトップPCでCOREI5以上で無線マウスだよな?(まとめ)