今回は第155回直木賞受賞作『海の見える理髪店』についてレビューをしたいと思います。 作家は荻原浩さん。本書には『オロロ畑でつかまえて』『二千七百の夏と冬』『冷蔵庫を抱きしめて』『金魚姫』『ギブ・ミー・ア・チャンス』などが挙げられています。 が、僕はどれも読んだことがなく、読んだことがあるのは、『明日の記憶』『神様からひと言』『僕達の戦争』『四度目の氷河期』のみです。 個人的に印象的なのは『四度目の氷河期』。これは主人公の生まれのルーツを探るものですが、なかなか読み応えのある長編。とても好きなので、私は毎日見る本棚に常置しているくらいです。 またこの作者は、作風としてはほんの少しだけ諧謔をちりばめた、笑える小説といったものが多い印象です。 荻原先生も、この道で長いのですがようやく直木賞受賞に至ったということで、やはり読んだことのある身としては嬉しい限りです。 直木賞というほどでは…‥? 上で散々持ち上げといいてそれかい! ってな話ですが、うーん、直木賞というほどではないかな…というのが、残念ながら率直な感想です。 本作は短編集で、各話のつ...