虚偽の供述調書を作成して、裁判所に捜査令状を請求したとして麻薬取締官の男が逮捕されました。男は取り調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているとのことです。 概要 虚偽有印公文書作成・行使の容疑で逮捕されたのは、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部の奥村憲博容疑者(46)。 2016年2月から4月の間、覚せい剤の取引について無職の男(50)の取り調べを行っていないにも関わらず、うその供述調書2通を作成。それをもとに横浜簡易裁判所から捜索差し押さえ令状を取り、別の人物の携帯電話の通話履歴を差し押さえた疑い。 無職の男は9月、覚せい剤を所持したとして警視庁に逮捕された。その捜査の中で男が奥村容疑者の情報提供者と分かり、警視庁が関係先として麻薬取締部本部などを家宅捜査した結果、うその供述調書が見つかったという。 取り調べに対し奥村容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。 ソース:TBSニュースバード 容疑者について 画像出典:TBSニュースバード 名前:奥村憲博 年齢:46歳 住所:神奈川県横浜市青葉...