岡山県倉敷市で、姉の頭部を切り付け殺害しようとしたとして、19歳の無職の少年が逮捕されました。少年は取り調べに対し「就職のことで追い詰められた」と供述し、容疑を認めています。 概要 殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、倉敷市の無職の少年(19)。 12月6日午後10時50分ごろ、自宅1階のリビングで、会社から帰宅した姉の頭部などを複数回切り付け、殺害しようとした疑い。 7日午前0時20分ごろに少年が倉敷市内の交番を訪れ、「2階で寝ていたら何者かが侵入し左腕を切られた」と虚偽報告。現場に向かった警察官が隣家に逃げ込んだ姉を見つけたという。姉は倉敷市内の病院で治療中で、重傷の模様。 取り調べに対し少年は、「就職のことで追い詰められ、殺すしかないと思った」と容疑を認めているという。 ソース:産経ニュース 事件発生場所 岡山県倉敷市 容疑者について 少年 年齢:19歳 住所:岡山県倉敷市 職業:無職 少年は姉と60代の父親と3人暮らしで、事件当時、父親は不在だったということです。 ネット上の反応 引...