全国初!下水エネルギーで植物栽培 県と長岡技科大が共同実験

time 2016/06/30 公開

time 2016/06/30 更新

338 PV

gesui3画像出典:TBSニュースバード

新潟日報などによると、下水処理場で発生する熱やガスを活用し、ビニールハウスでイチゴやワサビなど植物を栽培する共同実験を県と長岡技術科学大学が今月から新潟市西区の西川浄化センターで始め、27日、報道陣などに公開しました。全国初の試みであるということです。

概要

gesui1

画像出典:TBSニュースバード

  • 下水処理を行った水を、熱交換器やヒートホンプにより、冷水と温水に分け、冷水は水草に、温水は熱帯植物の栽培に利用するというものです。
  • 消化ガスから二酸化炭素を分離して供給し、植物の光合成に使う。電力も消化ガス発電を充てることにしており、ハウスで使う全エネルギーを下水発のエネルギーで賄う
  • 3年かけて最適な栽培環境を探り、将来的には新潟県の特産物であるいちご「越後姫」の栽培を目指す。
  • 下水を循環型社会の一翼に位置付ける狙いがある。県によると、下水から取り出したエネルギー全般を植物栽培に使う取り組みは全国でも初めてという。

gesui2画像出典:TBSニュースバード

長岡技科大の姫野修司准教授は「下水道には大きなポテンシャルがある。その活用技術が全国に広がる契機としたい」と抱負を述べた。」「一年を通して下水道からどれだけのエネルギーが回収できたり、植物の栽培に利用できるのかをきちんと評価する」と話しています。

 

(以上出典:TBSニュースバード、新潟日報)

down

コメントする




カテゴリー (総合)

1: 2016/12/10(土) 01:16:19.84 ID:CAP_USER9 女子小学生を強姦したとしてその罪に問われた 元福野町議会議員の男に、富山地方裁判所高岡支部は9日、懲役7年の実刑判決を言い渡しました。 判決を受けたのは、南砺市やかたに住む、元福野町議会議員で会社役員の円城邦弘被告(44)です。 起訴状などによりますと、円城被告は去年9月に同じ女子小学生に対し、名古屋市内のホテルと南砺市内で強姦したとされています。 9日の裁判で内堀宏達裁判長は、被害者の供述は具体的で信用性が高く、被害者が受けた肉体的、精神的苦痛は大きい一方で、 円城被告は「まったく反省していない」として、求刑の懲役8年に対し、懲役7年を言い渡しました。 弁護人は、「控訴するかどうかは、この後本人と話し合って決める」としています。 【全文は以下よりお読み下さい】 http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=13323 参考:女子小学生を強姦した元町議・円城邦弘容疑者逮捕 探偵ナイトスクープにも出てい...
続きを読む
2: 2016/12/07(水) 16:38:30.14 ID:pl258AfV0 和菓子屋は潰れるよね どうしてでしょ 以下、反応など 出典:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481096251/ 8: 2016/12/07(水) 16:41:13.76 ID:81yzfz9WO >>2 和菓子屋さんが潰れた街に共通すること。 朝鮮耳が増えて、大和民族が激減している。 創価学会率いる公明党が市議会与党の市。   35: 2016/12/07(水) 16:59:21.02 ID:U65ca0B/0 >>8 病院池   53: 2016/12/07(水) 17:37:48.47 ID:81yzfz9WO >>35 お前は済州島に帰りなさい   143: 2016/12/07(水) 23:02:29.57 ID:S0cAwYjG0 >>8 たしかに。 普通は和菓子屋が残っててケーキ屋はよく潰れる。ア...
続きを読む

人気記事BEST20

続きを表示 down

カテゴリー

カレンダー

2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別投稿