1: 2016/12/06(火) 18:01:08.53 ID:3ugihfL+0 湯気3本「温泉マーク」一転存続へ…案内図記号 新温泉マーク(右) 案内用図記号の改正を検討する日本工業規格(JIS)の委員会が6日、経済産業省で開かれ、 見直しの対象となっていた3本の湯気を記号化した「温泉マーク」について、存続を求める声が相次いだ。 当初方針から一転して、おなじみのマークは今後も使い続けられる見通しが強まった。 経産省は7月、温泉マークが国際標準化機構(ISO)の記号と異なり外国人観光客に分かりにくいとして、見直す検討を始めた。温泉マークは料理店と勘違いされる場合があった。 これに対し、別府(大分県)や由布院(同)といった温泉地の観光業界から「現行マークは幅広く定着している」などとして、反対の声が上がっていた。 経産省は今回の議論をふまえて登録マークの改正案を取りまとめ、来年7月にJIS登録を改正する。 http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161206-OYT1T50111.html ...