1: 2016/11/18(金) 21:24:34.58 ID:CAP_USER9 2016年内の出場停止処分が下されている将棋棋士の三浦弘行九段が11月17日、名人戦・ A級順位戦で不戦敗となった。同処分による不戦敗が確定するのは初めて。 三浦九段には対局中にスマートフォンを使って将棋ソフトを不正利用した疑いが持たれており、 その影響(>>0�で10月12日に出場停止処分が下された。しかし、本人が全面的に否定している こともあり、将棋連盟は10月27日に処分の妥当性や三浦九段の対局中の行動について調査する 第三者調査委員会(第三者委)を設置。11月4日に初会合を開催したとアナウンスしている。 今回、ねとらぼでは将棋連盟に電話取材を実施。主なやりとりは以下の通り。 ――第三者委の結論はいつごろ発表されるか 連盟は依頼している立場でありコメントできない。 ――11月4日以降、第三者委は行動しているのか 何回も会合をしている。 ――そうした情報を連盟のサイトに載せない理由は 逆にその都度掲載する理由はあるの...