1: 2016/12/09(金) 13:52:40.64 ID:CAP_USER9 ISSに物資を運ぶ日本の無人補給機 種子島宇宙センター 国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給機「こうのとり」6号機が9日午後10時26分、鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Bロケット6号機で打ち上げられる。同日午前には、こうのとりを載せたH2Bロケットが発射台に設置され、打ち上げ準備が整った。 物資の目玉は、京都市の「GSユアサ」が作ったリチウムイオン電池搭載のバッテリー。現在の米国製ニッケル水素バッテリーの3倍の出力がある。今回から4回で計24個を運び、2024年までISSの主電源になる。 6号機は来年1月下旬~2月上旬ごろ、不要設備などを積んでISSを離脱。人工衛星の残骸など、地球の軌道を回る宇宙ごみ除去の実験を初めて行う。ごみを模した装置(重さ20キロ)を付けたワイヤ(長さ700メートル)に電気を流し、地球の磁場で発生する「ローレンツ力」で飛ぶスピードを下げて、落下を試みる。大気圏に入れば、こうのとりと同じく燃え尽きる。20年にも専用の人工衛...