近年、妊婦向けの栄養素として注目されている葉酸ですが、どんな働きがあるのかはご存知ですか? テレビで摂らなければいけないと聞いたから、雑誌に載っていたから、葉酸を摂らないとだめだとはわかっているけど、葉酸って実際は何なの!?という方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方のために、本記事では葉酸の働きや、欠乏症・過剰症、葉酸を多く含む食品の解説を行っていきます。 葉酸とは? 葉酸は、ビタミンMやビタミンB9、プテロイグルタミン酸とも呼ばれる水溶性ビタミンの一種です。 1941年にホウレンソウの葉から発見されたことから、葉酸と名づけられました。 体内に存在する葉酸のうち約50%が肝臓に蓄積され、残りは細胞分裂の盛んな組織へ送られます。 葉酸には、光や熱によって分解されるといった化学的な性質があります。 葉酸の働き 葉酸は大きく分けて、造血、細胞分裂、粘膜保護、ホモシステイン減少という4つの重要な役割を担っています。 葉酸は細胞の生成に深く関わりがあり、細胞分裂を助け、十分な成長をさせる働きがあります。子どもや妊婦に葉酸が必要...