高速増殖炉もんじゅの存続がピンチに!?原子力規制委員会が運営主体の変更を求める。

2015年11月4日、原子力規制委員会は、馳浩文部科学相に対し、高速増殖炉もんじゅを運営する日本原子力研究開発機構に代わる新しい運営主体を見つけるよう求める初の勧告を出すことを決めました。

本記事は通常の原子力発電所と高速増殖炉の違い、もんじゅに関する事故や問題、もんじゅを廃炉にできない点について記載しております。

本記事では、朝日放送の『おはよう朝日です』内の「岩本計介の朝トレ!キーワード」のコーナーで放送された内容をもとに編集しています。

一般の原発と高速増殖炉の違い

もんじゅは高速増殖炉で、一般の原子力発電とは核燃料サイクルが大きく異なっています。
それぞれの核燃料サイクルの特徴について説明します。

20151105monjyu2
日本経済新聞より

一般の原子力発電

原子力発電から出される使用済み核燃料には未反応のウランや、ウランから生成されたプルトニウムが多数残っています。再処理工場ではその未反応のウランやプルトニウムを取り出し、新たな燃料(MOX燃料)を作ります。
このMOX燃料を再び原子力発電で利用するのがプルサーマル計画です。
こうして未反応のウランやプルトニウムを減らしていくため核燃料サイクルは有限です。

もんじゅ(高速増殖炉)

一方、高速増殖炉もんじゅでもMOX燃料を利用する点は同じです。
しかし高速増殖炉はプルトニウムを消費しつつも、消費したプルトニウムの1.2倍のプルトニウムを新たに生み出します

新たに燃料を生み出すことができるため、ほぼ無限の核燃料サイクルを構築することができ、夢の原子炉と呼ばれています。

ほとんど運転されていないもんじゅ

そんな夢の原子炉もんじゅですが、運転に関して問題が相次いでいます。

年・月 問題内容
1995年12月 ナトリウム漏れ事故
運転停止
2010年5月 運転再開
2010年8月 燃料交換用機器の落下事故
運転停止
2012年11月 9679点の機器点検漏れ判明
2013年5月 無期限の運転禁止命令
2015年11月 原子力規制委員会が運営交代の勧告へ

1995年8月に発電を開始したもんじゅですが、12月にナトリウム漏れ事故が発生して運転が停止されました。
15年近くかかってようやく試験運転にこぎ着けますが、すぐに事故が起こり運転が再び運転が停止されてしまいました。
2015年の時点で運転再開のめどはたっていません。

巨額のコスト

もんじゅは停止中のままですが、維持と安全対策に1日約5000万円かかります。
そして現在までに開発も含めて約1兆円がつぎ込まれておりますが、実際に稼働していた期間はわずかしかありません。

廃炉は容易ではない

新たな運営主体が見つからない場合は廃炉にするという手段しかありません。
しかし、プルトニウムは核兵器に転用が可能なため、核燃料サイクルの計画がなくなってしまうと、プルトニウムの保有に関して国際的な批判を浴びることも予想されます。
日本は2012年時点で約44トン(原爆およそ7000発分)のプルトニウムを保有しています。

ひとこと

日本のエネルギー政策の未来を大きく担っているもんじゅですが、人為的なミスによって運転が停止され、実用化に向けた研究が進まないというのは非常に残念です。廃炉にならず、高速増殖炉の実用化に向けた研究が続くよう、新たな運営主体が決まることを願っています。

参考になりましたら
いいね!お願いします


ニュース

【南北連絡チャンネル】23ヶ月ぶり、韓国と北朝鮮との間に再開された連絡チャンネルとは?
約2年ぶりに、北朝鮮と韓国との間の連絡チャンネルが再開されました。 これは電話がとFAXが使えることを確認し、南北の担当者が互いに名前を呼び合うものです。 このやり取りがあったのが南北境界線のある板門店です。 【速報】北朝鮮軍兵士1人 韓国に亡命、銃撃なし 連絡チャンネルとは? 「連絡チャンネル」とは、韓国と北朝鮮が軍事的緊張が高まった時に、双方が落とし所を探る手段です。 これは合計42回行われており、板門店には33回線が接続されているということです。 しかしこの回線は2016年2月に通信遮断されました。そのきっかけは、北朝鮮のミサイル実験にあります。 北朝鮮の度重なるミサイル開発の結果、南北経済協力事業である、開城(ケソン)工業団地の稼働停止に至ったのです。 この経済協力事業は、韓国にとっては労働力の取得、北朝鮮にとっても雇用の確保など、両国にとってメリットが大きい事業であったため、経済的損失はどちらにも大きく、この事業が断念されたことは両国にとって大きなわだかまりとなりました。 元はといえば、北朝鮮の独断専行により中止にな

続きを読む

【景気拡大】53ケ月連続の記録更新でバブル超え ― 内閣府「景気動向指数研究会」その概要と真偽・反応は?
【司法妨害】「コミー・メモ」に揺らぐトランプ政権、その経緯と概要、政権交代の可能性もあり?
【被爆事故】茨城の原子力施設の内部被曝事故、概要とJCOとの違い等について
【獣医師不足?】日本には獣医師が足りている?足りていない? その現状について。

「ニュースに関する知識」記事をもっと見る

ニュースに関する知識 人気記事

鬼怒川氾濫に耐えたヘーベルハウス、津波に耐えた一条工務店の家。災害に強い家の特徴とは。
【裁判員制度】裁判員6割超が辞退、辞退者が増えている理由と課題について。辞退はほぼ任意で可能? 
桜や桃を食い尽くすクビアカツヤカミキリとは?生態、発見場所や対策方法についてまとめてみました。
【アウトバウンド】若者の海外旅行者数が減少?「高い」「めんどくさい」「恐い」一方留学者数は増加?
なぜ今?酒類業界が定めるアルコール飲料CMの自主規制について。
「成年」の意味、成人年齢引き下げにおける様々な問題点とは?【2016/1/11】
【完全網羅】47都道府県(41県)の全県の県民手帳の特徴・購入先について。キャラ付の手帳や、発行していない県なども全部分かる一覧表付き!
【ゴスロリ包丁・ロリータ包丁】本鍛造で、プロも認める切れ味バツグンな包丁!
アメリカが発表した高血圧治療の研究結果と日本の治療基準。血圧を下げると死亡リスクは減っても副作用を招く恐れあり!
2015ユーキャン新語・流行語大賞~ノミネート語50の概要と大賞予想!~