野球漫画のおすすめはやっぱりこれ!独断と偏見のベスト25!

私J.が独断と偏見でお勧めコミックを書き並べるシリーズです。

第二弾は「野球編」です。

第一弾は「スポーツ編」でした。

野球マンガは個人的に思い入れのある作品があまりに多かったので、別枠でランキングを作成しました。

私の選定は独特であると一部では評判(!?)も頂いている所なので、他とは一味違うマンガ選びになっているかと思います。是非お楽しみにご観覧くださいませ。

Contents

ルール

  • 続刊・完結の区別はありません。
  • 作者一人あたり一作品とします。
  • 巻数の後の「☆」がある作品は、私が把握している限りですが、その作者には別の野球漫画があることを示しています。
  • 巻数に関しては2015年7月中旬時点のカウントです。

第25位~第21位

第25位:「白球少女」(全5巻)/(高校野球?)

白球少女 1 (Flex Comix)

白球少女 1 (Flex Comix)

posted with amazlet at 15.07.17
山崎 毅宜
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 199,280

第24位:「球場の令嬢」(全2巻)/(高校野球)

球場の令嬢 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
まりりん
芳文社 (2013-07-12)
売り上げランキング: 158,807

主人公以外が、全員女子の野球部で甲子園を目指す野球漫画です。
野球に関する知識すらも覚束ない女の子たちと、悪戦苦闘しながら野球をしていきます。

表紙のメッセージ性のなさから、ぶっちゃけ「誰が読むねん!」という作品です。
女の子を重視するのか、野球を重視するのか、と言った根本的な所で中途半端な印象を受けましたが!
私は読みましたとも!
まあ捉えようによれば、「逆もしドラ」という感じです。時代が遅すぎたか早すぎたかもしれません。

第23位:「長谷部さんのいる野球部」(全3巻)/(高校野球)

長谷部さんのいる野球部 1 (ジャンプコミックス)
上野 祥吾
集英社 (2011-10-04)
売り上げランキング: 198,905

内容そのものは基本的には王道的な高校野球です。「普通に面白い」という表現が似合いそうです。

絵柄に関しては巧拙の落差が激しく、またギャグとシリアスの配分もあまりよくないため、テンポよく読める作品かは微妙です。
主人公が超人的で、現実的ではない描写もありますが、部員同士の葛藤などは結構克明に描かれ、真に迫るものがあり、その点は評価しうる作品であります。

第22位:「はじめての甲子園」(全7巻)/(高校野球)

はじめての甲子園 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2013-09-13)
売り上げランキング: 31,743

一人ぼっちの野球部なので、完全に部員集めから始まるという作品です。

ギャグ路線軸が基本で、奇抜過ぎる過ぎるキャラクターが参入し、抱腹絶倒でアマレビューもなかなか高いです。
途中のシリアスへのシフトや中途半端な簡潔は評価の分かれるところではあるが、良作であることは間違いなしです。
火村正紀/新木場ユキ先生へ

第21位:「Mr.FULLSWING」(全24巻)/(高校野球)

Mr.FULLSWING 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2013-04-19)
売り上げランキング: 45,789

最初は野球風ギャグ漫画と言われていたけど、後半になるにつれて段々と真面目に野球をするようになってゆくところがなかなかいいです。

ただし物理や法則を無視したりする大技などもある為、現実的な野球漫画ではないので、そこら辺は諦めましょう。
作者の迷走が微妙に見え隠れするのがちょっと残念ではあり、そのため第21位と相成りました。

第20位~第16位

第20位:「D×H」(全2巻)/(草野球?)

D×H 1 (CR COMICS)

D×H 1 (CR COMICS)

posted with amazlet at 15.07.17
竹林 月
ジャイブ
売り上げランキング: 263,303

甲子園で活躍したが、その後ケガで投球ができなくなった為に野球部を退部した主人公の話。
そんな野球に対してやる気がなくなった主人公と、主人公の活躍を見て野球好きになったヒロイン。
あらすじからは悲観的な感じがしますが、そんなことは全くなく非常にほのぼのとした野球漫画で、好感が持てます。

第19位:「ドラベース ドラえもん超野球外伝」(全23巻☆)/(草野球)

ネコ型ロボットが人間やその他のロボットと対戦する野球漫画です。
ドラえもんとは、ドラえもん自身が1話に出てくる以外殆ど関係性はないです。
ひみつ道具を使って野球をするので、全く現実的な野球漫画ではないです。

が、弱小チームが誇りを取り戻し強くなってゆく姿には確かな情熱があり、こみ上げるものを覚えます。
「ドラえもん」という国民的人気作のプレッシャーを物ともせず描き上げた作者のメンタリティの強さにも敬服せざるを得ません。

実は名作、ということで第19位に位置づけました。

第18位:「アストロ球団」(復刻版5巻、原作20巻)/(プロ野球?)

アストロ球団 (第1巻)

アストロ球団 (第1巻)

posted with amazlet at 15.07.17
遠崎 史朗 中島 徳博
太田出版
売り上げランキング: 42,364

打倒巨人軍及び大リーグを目標に結成されたチームで野球をする、野球知らない人に読ませたら100%野球を誤解する漫画です。
勢いが凄く、読み応えがあります。反面、野球漫画として見ると疑問符が付くのはご愛嬌ですね。段々世界がおかしくなっていきます。
読み終わってから、作中の試合数が少なくないか?って思ったら復刻版で5巻分(原作だと20巻分らしい)でたった3試合しかしてなかった模様です。笑

第17位:「野球しようぜ!」(全10巻☆)/(高校野球)

野球しようぜ! 1 (少年チャンピオン・コミックス)
いわさわ 正泰
秋田書店
売り上げランキング: 242,067

野球嫌いの継母の影響で野球を全く知らない主人公が野球部に入り、甲子園を目指すという作品。
野球を知らない人間が野球の楽しさや、その辛さを知っていく、という結構面白い展開です。
脇役のキャラ立ちがないという印象でしたが、主人公が非常に魅力的です。

親に隠れてこっそり野球、という、のは、昔の日本の「あるある」で、今の時代にとってはノスタルジー感もありますね。

第16位:「緑山高校」(全20巻)/(高校野球)

緑山高校 1 グループ・ゼロ
グループ・ゼロ (2013-05-31)

創立されたばかりの、福島県は緑山高校の野球部の軌跡を描く作品。
原作よりもアニメ版(OVA)の方が有名かも知れません。

kindle版はあるんですが復刻版とか愛蔵版とか出ないんでしょうかね。
絵は汚いですが、勢いは物凄いです。

主題歌「遅れてきた勇者たち」が名曲過ぎて、これだけでランキングが上がったというものです。(!?)
是非一度お聴き下さい。

第15位~第11位

第15位:「四番サード」(全1巻)/(高校野球)

「名探偵コナン」の作者である青山剛昌の短編集の一つ。
巨人の永世名誉監督である、あの長嶋茂雄と同姓同名であるというだけで、4番サードになった長島茂雄(島の字が違う)が主人公の物語です。
ポケットに入れたお金に応じて性能が変わるというバットを手に入れた主人公が巻き起こすドラマとは・・・?

話としてはありえないですが、ゲーム展開が面白いです。推理漫画の大御所の片鱗を楽しむことが出来ます。
同先生の作品「名探偵コナン」や「まじっく快斗」とリンクしているところもあり、こういったところも興味深いです。

第14位:「ドカベン」(文庫本全31巻☆)/(高校野球)

ドカベン (1) (秋田文庫)

ドカベン (1) (秋田文庫)

posted with amazlet at 15.07.17
水島 新司
秋田書店
売り上げランキング: 294,911

野球漫画だと思って、読んでみたら柔道をやり始めてビックリした野球漫画です。

物理や法則などを若干無視したプレーもありますが、ルールなどはしっかり守る、ある意味不思議な漫画。
だがその世界に、否が応でも魅せられてしまいます。名作はやはり名作ですね。

主役連中は常に打ってる印象がある反面、主役連中以外は全く打たない印象があるのも不思議です。私はプロ野球編以降は未読です。

第13位:「ショー☆バン」(全33巻☆)/(中学野球)

ショー☆バン(1) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2013-06-07)
売り上げランキング: 180,975

物凄く真面目な野球漫画。高校野球の前段階である中学野球を描いており、ラブコメなどが殆ど存在しないのが特徴。
少年らしい葛藤や思い上がりなどが描写されていて、とてもリアルな感じです。

ただそのリアルさがかえって重苦しく感じることもあり、読んでいて結構しんどくなるところは、評価の分かれる所でしょうか。

第12位:「雷神―RISING」(全4巻)/(独立リーグ)

雷神RISING 全4巻完結 (少年マガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

ドクターK」と同じ作者ですから、一見してわかる通り、大変濃い絵柄であり、この時点で好き嫌いがはっきりしそうです。
内容はザ・王道であり、絵柄さえ問題なければおススメできる名作です。

第11位:「マックミラン高校女子硬式野球部」(全2巻☆)/(女子学生野球)

マックミラン高校女子硬式野球部(1) (講談社コミックス)
須賀 達郎
講談社 (2012-08-09)
売り上げランキング: 97,734

4コマベースのマンガです。
野球のことを良く知らない主人公が女子硬式野球部のマネージャーをする野球漫画です。
意外と真面目な野球漫画なのと、しっかりとキャラ立ちしているため、自信をもってススメできる作品です。
掲載誌を移籍したこともあり、設定はそのままでタイトルに若干変更のある続編があります。

マックミランの女子野球部(1) (講談社コミックス)
須賀 達郎
講談社 (2013-07-17)
売り上げランキング: 69,601

第10位~第6位

第10位:「アパッチ野球軍」(オンデマンド版で全6巻☆)/(高校野球)

アパッチ野球軍(1) オンデマンド版 [コミック] (HIT COMICS)
花登 筐
少年画報社
売り上げランキング: 1,732,157

過疎の村で不良少年たちに野球を教えていく作品です。
野球漫画というよりも、野球部の創部を通じて成長を描いた漫画と言った感じです。
差別的な描写もあり、社会派漫画としても面白い作品。しかしオンデマンド版が物凄い値段をしていますね………。

第9位:「おおきく振りかぶって」(24巻)/(高校野球)

おおきく振りかぶって (1)
ひぐち アサ
講談社
売り上げランキング: 43,504

言わずと知れた高校野球の準筆頭格マンガ。

腐女子向けマンガのカテゴリに位置されていますが、プレーそのものはかなり現実的な漫画で、緻密な頭脳戦が繰り広げられる本格野球漫画作品です。

ただ、あえて言うならば、打席ごとの状況描写を克明に描いているので、いかんせんテンポが尋常じゃないぐらい遅いところでしょうか。

出版されるのがメチャクチャ遅そうな印象でしたが、実は年2冊は出しています。

第8位:「勝利の女神だって野球したい!」(全1巻で2巻は同人形式で発売)/(高校野球)

勝利の女神だって野球したい!(1) (アース・スターコミックス)
松本ミトヒ。
泰文堂
売り上げランキング: 53,169

表紙絵の抜群の安定感および太ももの素晴らしさは漫画内でも活きています。タイトル買いをしても、表紙買いをしても全く外れのない作品といえるでしょう。

第7位:「大正野球娘」(全5巻)/(高校野球?)

 

大正野球娘。 (1) (リュウコミックス)
神楽坂 淳 伊藤 伸平
徳間書店
売り上げランキング: 148,312

同名のラノベを原作とする、コミカライズ作品で、2009年にはアニメ化もされ、「たいやき」という愛称でよく知られた名作の一つです。

ラノベは未読ですが、アニメ版はスポ根要素が強い反面、この漫画版で掛け合いの妙味が(ギャグ要素)が効いている作品です。

最初は独特の絵柄に違和感を覚えますが、作品世界に触れてゆくうちに、アニメ版のような狙った可愛さではなく、「大正娘」が本来有している(ような)、気取らない、自然な魅力に触れることができます。

調べてて初めて知りましたが、伊藤伸平先生以外の漫画もあるようです。あと原作のラノベは今でも続いているのでしょうか?

第6位:「がんばれ!!タブチくん!!」(文庫本版で全3巻)/(プロ野球)

がんばれ!!タブチくん!! (阪神死闘篇) (双葉文庫―ひさいち文庫)
いしい ひさいち
双葉社
売り上げランキング: 206,796

実名(っぽい)選手が大量に出る四コマの野球漫画です。基本的に登場人物はカタカナで表記されています。
当然ですが昔の選手ばかりなので、今読むと非常に懐かしい感じがします。

往年の名選手を見たい人にはおススメですが、信奉してる選手がネタにされても怒らない、広い心が必要です。

第5位~第1位

第5位:「アマチュアスラッガー」(全1巻)/(草野球)

アマチュア スラッガー (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2014-07-18)
売り上げランキング: 164,944

気楽さで実力を発揮すると言いながらも、実は本番に強い主人公の野球漫画です。
基本はおっちゃん達が時にのんびり、時に真剣に野球をする、まさに草野球と言った感じです。
1巻とナンバリングされていますが1巻で完結です。

非常に綺麗に纏まっているのでおススメです。

第4位:「最後は?ストレート!!」(18巻)/(中学野球)

最後は?ストレート!!(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2014-02-03)
売り上げランキング: 88,025

平凡な少年が天才投手と間違えられるところから始まる野球漫画です。

成長物語はまさしく王道。絵柄もすっきりしているので読みやすいです。
試合のテンポも悪くなく、無理のない試合展開でサクサク読み進められます。

ちなみにこの作者の前の作品はサッカー漫画でした。スポーツマンガの巧手の誕生でしょうか。

なお、途中で掲載誌の変更があった為、現在は若干ですか発刊速度が遅くなっています。

第3位:「高校球児ザワさん」(全12巻)/(高校野球)

高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
三島 衛里子
小学館
売り上げランキング: 15,231

第2位:「湯神くんは友達がいない」(6巻)/(高校野球)

湯神くんには友達がいない 1 (少年サンデーコミックス)
小学館 (2012-11-16)
売り上げランキング: 8,649

「ぼっち」のあるあるを突いてくるので共感待ったなしの作品です。

「おいおい、これ、野球漫画じゃないだろ」という批判もありそうですが、野球というのは幼い少年を大人たらしめる「人間ドラマ」であるはずです。
これが野球漫画じゃないというのであれば、「MAJOR」はもはや野球漫画ではないです。あれは野球というより、「茂野くんの人生」です。

……はい、すんません。

んまあひとつ言えることは、湯沢くんの良き理解者である、(実質主人公の)綿貫ちひろが私は大好きということです。

第1位:「タッチ」(全26巻で完全版は全12巻☆)/(高校野球)

タッチ 1 完全復刻版 (少年サンデーコミックス)
あだち 充
小学館 (2012-10-12)
売り上げランキング: 93,157

補足

続編だったり、全く別だったりはしますが、同じ作者が野球漫画を二作品以上描くことが多い、というのもある意味で野球漫画の特徴かも知れません。水島新司やあだち充先生がその筆頭格ですね。

ランキングに入っている作者の別の野球漫画

いわさき正泰先生:2作品(野球しようぜ!・もっと野球しようぜ!
須賀達郎先生:2作品(マックミラン高校女子硬式野球部・マックミランの女子野球部)
むぎわらしんたろう先生:2作品(ドラベース ドラえもん超野球外伝・新ドラベース)
あだち充先生:10作品?(タッチ・H2・クロスゲーム・ナインいつも美空MIX、他)
コージィ城倉先生:11作品?(ショー☆バン・ストライプブルー・グラゼニ・おれはキャプテン砂漠の野球部、他)
水島新司先生:26作品?(ドカベン・大甲子園・あぶさん・野球狂の詩・プロ野球編スーパースターズ編ドリームトーナメント編一球さん野球どアホウ伝、他)
あと、(プレミア化している)アパッチ野球軍の原作担当である花登筐先生は「エースの条件」という漫画で原作(漫画は水島新司先生)を、もう一人の漫画担当である梅本さちお先生は「リトルの団ちゃん」や「影武者ジャイアンツ」という漫画を描かれています。

「エースの条件」は「アパッチ野球軍」の物語の前段階にある作品なようで、機会があったら読んでみたいです。

(※赤字は当該ランキング入り作品で、青字は途中まで読んだ(読んでいる)作品で、太字は未読作品です)

まとめと感想

ランキング付けはしていますが、やはり野球漫画は相当多いので、別格的に有名な作品は結構削っていたりします(巨人の星、キャプテン、ダイヤのA、MAJOR、最強!都立あおい坂高校野球部など)。

そんな有名作を差し控えても、やはりタッチを1位にしたい・すべき作品でありました。

ランキングをざっと眺めますと、我ながらやはり独特ですね。
内容で言えば題材にしやすいのか高校野球がぶっちぎりで多いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。これを読んでくださっている皆様が、良い作品に出会えたと感じられたのであれば、幸いです。

おすすめ野球漫画ランキング!

当サイトのライターJ.が厳選した野球漫画ランキングです。

往年の名作からマイナー作まで取り揃えたコアファンも満足な内容になっていると思います。

こちらからどうぞ!

メディア

【2018年漫画ランキング】総合ランキングトップ100 ~最高の漫画はこれだ!!~
2017-2018年漫画ランキング企画【第6弾】は「総合ランキングトップ100」です。 かなりな長丁場になりますが、最後までご覧いただけたらと思います。 2018年の漫画ランキング一覧~ <第1弾>生き物の雑学5選 ~水族館や博物館に行くのがもっと楽しくなる漫画~ <第2弾>擬人化・ケモナー漫画 5選 ~ふれんず達に捧ぐ~ <第3弾>モブ漫画 3選 ~モブだって主役になりたい!~ <第4弾>育児漫画 3選 ~育児の楽しさや大変さがわかるお~ <第5弾>百合漫画 厳選30選! ~要素別でみる百合漫画たち~ 総合ランキングトップ100 ~最高の漫画はこれだ!!~ 本記事です ルール 2017年中(1月1日~12月27日)に発売・発刊されて私が読んだ作品が対象です。 対象となるのは一作者あたり一作品です。 アンソロや短編集などは対象外です(単一作者によるオムニバス形式の作品は含みます)。 巻数に関しては2017年12月31日現在です。 第100位~第96位 第100位:にじいろフォトグラフ(第1巻)

続きを読む

【2018年漫画ランキング】<第5弾>百合漫画 厳選30選! ~要素別でみる百合漫画たち~
【2018年漫画ランキング】<第4弾>育児漫画 3選 ~育児の楽しさや大変さがわかるお~
【2018年漫画ランキング】<第3弾>モブ漫画 3選 ~モブだって主役になりたい!~
【2018年漫画ランキング】<第2弾>擬人化・ケモナー漫画 5選 ~ふれんず達に捧ぐ~

「ランキング」記事をもっと見る

ランキング 人気記事