外国人観光客を乗せて、千葉から大阪に来ていた観光バスの運転手が、宿泊先のホテルで覚せい剤を使用したとして逮捕されました。これまでにも50回以上、覚せい剤を使用して運転していたと供述していることから、府警は入手ルートについても詳しく調べる方針です。 概要 覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたのは、千葉県いすみ市にある「三和交通」の運転手・藤間弘記容疑者(40)。 4月12日、大阪府泉佐野市のホテルで覚せい剤を使用した疑い。 藤間容疑者は13日、観光バスの出発時間になっても現れず、不審に思ったホテルの従業員が部屋に行くと、呂律の回らない状態で発見。警察の鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たという。 調べに対し、「覚せい剤の効き目で集中でき、安全に運転できている自信があった」などと容疑を認めているという。また、「これまで50回以上覚醒剤を使用して運転した」とも供述していることから、警察は入手ルートについても調べている。 ニュースソース:TBSニュースバード 事件発生場所 大阪府泉佐野市内のホテル 画像出典:TBSニュースバード 藤間容疑者は逮捕...